2017年09月17日

[PS4] ドラゴンボールファイターズ βテスト

まず練習させてくれ。
いきなりオンラインに投げ込まれても、どうすりゃいいのかさえ分からん。
β版はオンライン対戦のみしかできないよね?
どこかに練習できる要素があるのなら教えてほしい。

やられてるのを見る感じでは、ギルティやBBにマヴカプを追加したような内容。
要するにしっちゃかめっちゃかです。
ギルティ好きなら買いかな。

私は、やはりアークの格ゲーに対して拒絶反応を起こすようで、無理でした。

1000円くらいになったら1人で遊ぶために買うかもね。
見た目はアニメっぽくて良い。
posted by ナスターシャ at 03:29| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

[Steam] やっぱりデッドライジングといえば1だなぁ

今デッドライジング1をプレイしている。Steam版。

20170916_DR1.png

XBOX360で結構やり込んだのだが、それでも面白いんだよなぁ。
1(360)・2(360)・3(ONE)とプレイしたが、2・3が面白いと思わなかったので4は買わなかった。
しかし、1を改めてプレイすると、1の出来の良さに感心する。
こぢんまりとした閉鎖空間だからこその雰囲気ってあると思うんだよね。

Steam版は、SSD使用ならロードがほぼ皆無なので非常にプレイしやすい。
おそらくHDDでプレイしても360版のようにエリア移動で数十秒待たされることはないだろう。

ちなみに、現在Humbleでバンドルが販売中だが、日本からは購入できない。
VPNを使って日本以外から(を偽装して)購入することはできるが、Steam規約違反らしいのでオススメはしない。とはいえ、私はこの方法でアメリカから購入したが・・・。
このバンドルの余波でG2Aでも400円程度で購入できるね。他のバンドルに興味がなければこちらでもいいかも。
どちらもリスクはあるので自己責任でお試しください。
きちんとUIも日本語化され、字幕も日本語になったよ。音声は元々英語のみ。
posted by ナスターシャ at 11:41| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

虎徹MarkIIを導入してみた

まず、今回購入したのはScytheの虎徹MarkIIだが、TSUKUMOでデュアルファンKITなるものを追加してKAZE FLEXを2つにしてみた。
ちなみに、デュアルファンKITのファンはKAZE FLEX PWMで、12cm、PWM 300~1200rpm、4.0〜24.9dBA、16.6〜51.17CFM、リブなしと、虎徹MarkII付属ファンと同性能。これに虎徹MarkII・無限Rev.B・忍者四Rev.B・IZUNAに対応するファングリップが付く。
Kotetsu.jpg



では、導入前の環境を晒しておこう。
retail.jpg

thermal - retail.png

クーラー リテール
ケース P182
ケースファン KAZE JYUNI 500rpm x4(前面1、背面1、天面1、グラボ斜め下1)

起動後、10分程度放置した状態。最大70℃程度まで上がっている。
ちなみに、DOA5LRを動かすと80℃後半まで上がることもある。


では導入後どうなったか。
Kotetsu in.jpg

thermal - Kotetsu.png

アイドル時で十数℃、最大では20℃近く下がっている。
さらに、トップフローでマザー周辺に熱をまき散らしていたのか、虎徹MarkII導入後はマザー周辺の温度も軒並み下がっている。

また、騒音に関してもお伝えしておこう。
エアコンの冷房を「弱」でかけてみたが、虎徹MarkII<エアコン弱<リテールという状態。
全然違うよ。

ただ、今回、グリスも変更している。
以前は、
grease.jpg
を使っていたのだが、
今回は、
MX4.jpg
を使った。

というのも、上記のグリスはもう既に10年近く使っている。
5gという容量だがまだ結構残っているし、粘度もあまり変わってない気がするのだが、流石に大丈夫なの?と思い始めて買い替えた。
どちらも1000円くらいの物のはずだ。



今回、虎徹MarkIIの効果という部分では、非常に満足している。
しかしながら、この虎徹MarkIIは次期PCに持っていくつもりで買ったのだが、取り付けに非常に苦労したので、このまま使い続けるかもしれない。

虎徹MarkIIはバックプレートの取り付けがが必要で、マザーを取り外す必要があった。
ケースによっては反対側から開ければマザー裏へアクセスできるものもあるかもしれないが、P182の場合は不可能。
それによってグラボや電源ケーブル周りを一旦外すハメになって一気に作業量が増え、当初は気軽に考えていたクーラーの取り換えに、かなりの時間を費やす必要があった。

また、ファンの取り付けがそこそこ厄介だったのだが、ファングリップをフィンの溝に引っかけているものだから、取り外しともなるとさらに厄介。
さらには、ファンを付けるとネジが締められないので、ファンの取り付け自体がマザーへの取り付け後になる。
これを外す苦労を考えると、もう一つ買えばいいかも・・・なんて思ってしまう。


ということで、虎徹MarkIIのレビューでした。
全体的に写真が残念な出来なのは私の実力不足です。
posted by ナスターシャ at 17:05| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

[3DS] ドラゴンクエスト11 その3

失踪してないよ。
LV40でようやく100枚のスロットとポーカーが解禁して、ジャックポットが当たるまでスロットやってたよ。

地味に30分〜1時間くらいずつプレイし続けてる。
クリアはまだ先だろうなぁ。
posted by ナスターシャ at 07:55| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

i7 3770用CPUクーラー

今回はCPUクーラーのお話。

以前は非常に凝っていたのに、今のCore i7 3770にしてからというもの、リテールを使っている。
爆音な上に冷えないんだよね。なんでこの付属のクーラーを使っているのか、私自身もいまだに良く分からない。

作った当時、金欠だったかなぁ?当時のブログを読み直してみても、あまり触れてない。
多分、クーラーに数千円投資するのをケチって、無理にi5予定からi7にしたんだと思う。
結局、その理由さえも忘れて5年経ってしまったのだろう。

ということで、今さらだが、次期PCでも使えるCPUクーラーを買おうと思っているよ。
今年中には買い替えると思うのでRyzen7 1700かi7 8700辺りを予定。
ということは、AM4・LGA1151対応の物が良いね。
当然、現行PCでも使うのでLGA1155対応も必須。

CPUクーラーに関してはScythe信者で、サイドフロー好き。
この条件で残ったのが、虎徹MarkII・忍者四Rev.B・無限五Rev.B・風魔Rev.Bの4種。(安い←→高い)
ただ、忍者四は終息なので、残り3つ。
個別に考えてみよう。

サイズ オリジナルCPUクーラー 虎徹 Mark II -
虎徹 ¥4,300程度
12cmファンx1(KAZE FLEX PWM) / ファングリップ1個分 / 6mmヒートパイプ4本 / 130x154x83mm / 645g

サイズオリジナルCPUクーラー 無限五 Rev.B -
無限 ¥6,000程度
12cmファンx1(KAZE FLEX PWM) / ファングリップ2個分 / 6mmヒートパイプ6本 / 130x154.5x110mm / 890g

サイズ オリジナル設計 ツインタワー型 サイドフロー クーラー 風魔 -
風魔 ¥6,700程度
12cmファンx2(PWM) / ファングリップ3個分 / 6mmヒートパイプ6本 / 137x149x130mm / 920g

となっている。

無限と風魔はヒートパイプと重量が虎徹とは一味違う。価格重視なら虎徹といったところか。
個人的には、ファングリップが2個ついていれば虎徹一択だったが、後にデュアルファンにできる無限にも少し興味がある。
まぁどうせLubicで作るならファンはどうにでも付けられるし、Define mini c辺りで作ってもCPUクーラーのすぐ後ろにファンが来るので、虎徹で十分かなぁ。
posted by ナスターシャ at 22:49| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

[PS4] Final Fantasy XV

3日くらい前、中古屋で1980円(税込)だったのでFF15を買ってきた。

据え置きでプレイし始めるのに、物凄く「パワー」を必要とするようになってしまった。
電源を投入するや否やを当分悩み、ようやくプレイしようかなと思って重い腰を上げてディスクを投入したのに、アプデで20GBダウンロードし始め、1時間待たされているのが現状。
しかも1秒で5MBくらいしか落ちてないし・・・遅いよPSN。

プレイ内容に関する感想はまたのちほど。もしかしたら後日になるかも。
posted by ナスターシャ at 12:02| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

ママレードボーイ実写化

「ママレード・ボーイ」実写映画化!桜井日奈子×吉沢亮W主演で18年公開

マジかよ。
光希と遊は役柄として正直大して難しくないと思うが、茗子とか両親とかどうすんだよ。
特に茗子は、大人びた、それでいて上から目線ではなく、ずる賢い部分もありつつ、脆い。
誰がどう演じるのか?そこが一番注目であり、最重要だと思う。
アニメをリアルタイムで一度見ただけなのに、これだけ印象づいてる茗子。難しい役になると思う。

映画館まで行って見る気はないんだけど・・・
だけど気になる
よね。

ちなみに、挿入歌は「最後の約束」が好きです。
posted by ナスターシャ at 07:24| Comment(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

G105が気に入らない

私のキーボードの歴史は、
CMI-6D4Y6(RT6652TWJP) > ACK-230U > FKBE109/JW > G105
となっている。
5年に1度変えるような感じかな。
間にサブPC用としてLogicool K270とか、Buffaloの安い無線キーボードとかも挟んだけど、メインPCのキーボードは上記の4種。

打鍵感としては、順調にダウングレードしている気がするね。
価格帯は3000〜5000円程度とさほど変わらないはずだが、結局一番打ちやすかったのはCMI-6D4Y6だった。
しかし、もう手に入らないんだよね・・・。
汚くなって変えたんだけど、奇麗にして使えば良かったよ。

ACK-230Uもそろそろ消えそうなので、一つ買っておくかなぁ。
ただ、前者3つの中でキーが打ちづらくなって変えたのはACK-230Uだけだ。
耐久性に難有かもしれない。

FKBE109/JWは特に大きな不満はなかったが、白ピンクはもう手に入らないようなので、保管目的もあり次のキーボードへ。

そしてG105へ移ったのが8月の初頭。
CMI-6D4Y6を100点とすると、ACK-230Uが90点、FKBE109/JWが85点、G105が60点くらい。
G105以外は及第点と言えたが、G105は苦手なタイプ。
騙し騙し使えるかどうか・・・。まぁ、酷すぎるほどでもないんだけどね。
posted by ナスターシャ at 22:18| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

[3DS] ドラゴンクエスト11 その2

LV25程度、プレイ時間15時間弱といったところだろうか。
王道を貫きつつ、改良も加えつつ、結構いい出来になっていると思う。

やはり戦闘のテンポの悪さは感じるものの、MP回復手段が増えてザコ戦でも魔法が使えるし、回復魔法を使ってもMPが切れない状態に持っていくことも可能になった点は非常に良い。
初見だとどこでボスになるか分からないし、かといって魔導士を切るとボスはキツイ場合もあるし、と、結局はお荷物になっていた魔導士系が活きるのはデカイ。

BGM使いまわし自体は結構好き。ただ、オリジナルそのままを使って欲しかった。
聞いたことあるけど微妙に違うってのは結構違和感が残るもので、あまり好きじゃない。

あと、初めて街に入った時の紹介は要らないんだよなぁ。他のRPGでも、あの時間はイライラする。
なんでドローン空撮しているかのような見せ方をするのか。自分で見て回るのに、その情報は必要か?

意外と好きなのが、「ほぼまんたん」コマンド。
まんたんコマンドで1回ずつ「ベホイミ」「ベホイミ」「ホイミ」とかける様子を見ていた世代にとっては分かるだろうが、あれってMPの無駄が結構多い。
ベホイミ2回でいいのに、あと数ポイント回復していないからホイミを使う状況。これがなくなったのは、私にとっては革命です。
まぁベホマを覚えた後はどうでもいいことなんだけど。

その1で少し触れた2Dモード時のイベントに関してだが、訳が分からないという状況はなくなったね。一応、成り立つ。当然3Dモードの方が状況を細かく理解できるであろうが、「あそび」の部分がある方が想像力を働かせやすいので問題ない。
下手に状況説明されるより妄想の方が理解しやすかったりするからね。(勝手な解釈で別の意味にとらえている場合もあるが)

ドラクエ7〜9の頃は単に消化していた存在だったが、それ以前のドラクエのようなじっくり遊ぶ楽しみ方ができているので、そこそこ高評価。
posted by ナスターシャ at 22:14| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

自身の据置撤退の予感

わたくし、ナスターシャ自身が据置ゲーム機から撤退するという可能性を本日考えてしまった。
完全撤退はないにしても、PS4・WiiU・XBOXONE・XBOX360を常設している状態から、全撤廃してプレイするたびに繋ぎなおすスタイルにするかもしれない。

というのも、PS4・ONE・360は数か月放置。WiiUもKindleを購入して以来は放置気味。
常時コンセントを指しておく必要性を感じなくなったのと、机回りのケーブルが多すぎてケーブル・コンセントの削減を考えていることから、そのような案が浮上している。

今後は常設を残すとしても1機種。一番有力なハードは、PS4かなぁ。
そのPS4も、フリプで気になるタイトルが来た時にもしかしたらやるかも?ぐらいの感覚だ。

Switchは買う予定なんだけどね。

ここ数年は特にゲームの快適さを訴えてきたが、ローディングは一時期に比べ改善されてきたものの、我々30代が子供のころに遊んだゲーム機ほどの快適さを得られず、結果的に据置ゲーム機から遠のいてしまうという事態になってしまった。

3DSでの隠居生活がメインになってしまうのだろうか。
正直趣味といえるものがゲームしかないので、ゲームから遠のいている現状は非常に不安。

とはいえ、ドラクエ11はちびちびと進めているよ。
posted by ナスターシャ at 23:53| Comment(2) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする