2017年04月22日

リリーナ

今、ガンダムWを最初から流してみている。
私の中でリリーナは高飛車なイメージがあったのだが、それはほぼエンディングの歌詞の所為な気がしてきた。
実際、本編では高飛車というほどの言動はほとんどない。

リアルタイムで見て以来ずっと、私は勝手にリリーナのことを誤解していた。
posted by ナスターシャ at 10:52| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

[3DS] ファイアーエムブレムEchoes

FE Echoesを買ってきたよ。

20170420_FEE_01.jpg

外伝は25年くらい前に友人宅で数回見たことがある程度だけど、私がプレイし始めたのはSFC版紋章からなので、外伝が実質初めて触れたFEとも言える。
ということで、私の中でのFEのイメージを形成する上では外伝も印象深く、他のFEといろいろ違っているところが多々あるが違和感はない。

他のFEとの違いは、大まかに言えばRPG要素が強いってところだね。
ダンジョン探索やレベル上げという要素は他のFEではあまりない部分。
まだ序盤だけど、今のところ楽しめそう。

村人からのクラスチェンジはもっとレベルを上げるか少し悩んだ挙句、LV7くらいで諦めたよ。
posted by ナスターシャ at 21:54| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

エディオン蔦屋家電(広島)に行ってみた

エディオン蔦屋家電が本日オープンということなので寄ってみた。
(投稿のタイミングが悪く日付が変更されてしまったが、正確なオープンは4月14日)

悪く言えばまとまりがなく、よく言えば奇抜な配置。ブラっと立ち寄るには面白いのではないだろうか。
初見では迷路に迷い込んだような感じで、エンターテインメントとしては面白い発想。
ただ、従来の家電屋のような分かりやすさに欠けているので、コレと決めて買いに行く私のようなユーザーには支持されないように思われる。

また、ロゴの入ったジャケットを着た店員もエディオン特有のオレンジと青ではなく黒だったし、それよりもスーツ姿の店員が多かったように思えた。店内の照明も暗めで高級感にあふれていた。

しかし、高級品ばかりと事前にイメージしていたのだが、安めの従来品(3〜4万クラスのテレビやノートPCなど)も相当数見受けられたので、単純に高級志向という訳でもなく良かった。

広島は今回オープンしたエディオン蔦屋家電の他にエディオン広島本店もある。
広島本店の方は現在改装中ではあるものの、従来型の広島本店と差別化した蔦屋家電、好きな方に行けばいいのではないだろうか。

また、従来型量販店が価格の安い通販に押されているという状況があるため、打開策としても面白い一手だと思う。
個人的に興味は薄いが、商業的には十分に成功する可能性は秘めていると思うよ。
posted by ナスターシャ at 00:49| Comment(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

[Steam] Bayonetta販売開始

2じゃなくて1がSteamで販売開始。
値段は2190円とそこそこお手頃。
(GamesPlanetなら4/12現在 £13.49 = 1934円
bundlesterなら4/13現在 $16.99 - イースター割引5% = $16.14 = 1839円)

360版もWiiU版も持ってるけど、どうしようかなぁ。
買っちゃおうかなぁ。

4月26日までならDegital Deluxe Editionになり、サントラやデジタルアートブックが付くらしい。
アートブックはそんなに欲しくないんだけど、サントラが欲しい。

ギリギリまで悩んでみるかなぁ。
posted by ナスターシャ at 19:34| Comment(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

[PS4/3DS] ドラクエ11発売日発表

「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」は,2017年7月29日に発売決定(4gamer)

価格が3000円差ってのが今回の記事の見所かな。
これでいいと思うよ。開発費が高い方が販売価格も高くて当然。ユーザーが選べばいい。
でも海外版はどっちも60ドルで売りそうなんだけど・・・。そこは納得がいかない部分だろうなぁ。

私はどうするかな。
買わないか、3DS版を買うかのどちらかだろう。
ぶっちゃけ、もし3DS版の2D表現のみのバージョンが2980円であったら、そっちを買う人間だからね。
空間認識能力が低いので、2Dの方が良い。
posted by ナスターシャ at 22:14| Comment(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

HP 15-ba000 気になったところ

4月3日にきて3日ほど使ってみた。まぁ、私はほぼ設定をしただけなのだが。

ディスプレイが意外とショボい。比較対象がRDT232WX・RDT233WX・RDT234WXだから仕方ない部分もあるのだが、快適とは言いづらいかなぁ。
白っぽくて、視野角も狭い。

あと、自分のPCが如何に快適かが良く分かった。
起動時間など細かい動作が結構違う。SSDの効果が大きいような気がする。
とはいえ、私なら+1万円出してでもSSDにするが、おそらく親はしないだろう。私が設定をすべてやったとしてもね。

全体的に動きが重いことは否めない。が、最低限以上の性能はあるように思える。
10万のPCには敵わないが、4万のPCと考えると納得のいく性能かなぁ。
自分で買うなら中古のi5の4桁ナンバーPCをチョイスするけどね。
posted by ナスターシャ at 23:20| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

ゲームソフトを40本買いました

先月PSPlusが3か月で500円ということで加入してフリプを貰った。
案の定というべきか、3か月500円で釣っておいて、今月のフリプは結構ショボいみたい。

そしてこの土日で、
GamesplanetのSaleでTetris Ultimateと海賊無双3を買い、
G2A Deal(Table Top Racing: World Tour、Unbox、Dirt: Showdown、Epistory - Typing、Chronicles、Hue)に$3払い、
G2Aで10 Random Keyが100円だったので何となく3つ買い、
HumbleでHooked on Multiplayer Bundle(Tricky Towers、Eon Altar Epsode1、Primal、amage Extinction)に$1払い、
本家SteamのWeekend Saleで100% Orange Juice、GGXX#R、GGXXAC、ARKを買った。

ほぼサントラ目的で買ったギルティギア2作だが、いざやってみると結構面白い。対戦さえしなければそこそこ楽しめそうだ。

海賊無双も最近無双をやっていなかったのでいい感じ。50巻くらいまでしか読んでいない私でも知っているキャラが多いようだし。
おま国でも一応プレイできるね。英語だけど。

テトリスは失敗かなぁ。360でTGM、3DSでぷよテト、PSでテトリスWithCCさくら 等をやった方が楽しめる気がする。流石にGB版よりはいいと思うが・・・。というのも、↑キーで即落下ってのが見当たらないんだよね。

G2A DealとかHumble bundleは、取り合えず安いから買っておこうって感じで積みゲーを順調に増やしている。
Tricky TowersはPS4のフリプで貰った気がするなぁ。多分全部やらないんだろうなぁ・・・。

G2AのRandomキーは、100円で10個のキーなんて良いものが当たるわけがないと思いながらも、値段の安さにつられてつい買ってしまう。ペットボトル1本分くらいと考えるとね。
案の定、定価でも98円のソフトの詰め合わせ。しかもダブりが増えてきたのでそろそろ限界を感じてきた。

海賊無双3とARKが各1000円、テトリスとPS+が各500円、残り全部で1000円。合計4000円くらい。
ソフトが40本近く増えたけど、半数以上は積みゲーだな。
IdleMasterでカードだけ溜めていく作業が待っている。それはそれでインベントリが増えて楽しいのだが。
posted by ナスターシャ at 23:33| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

KEYBTRAY

サンコー クランプ式キーボードトレイ KEYBTRAY -

ある程度使い込んだのでレビューを。
この商品を買ったのは2013年1月。既に4年使っている。
そろそろ別の選択肢を考察し始めたのだが、意外と選択肢が狭い。
と色々考えているうちに、結構良い物だよなぁと思ってレビューに至った。

キーボード部分からレビューしていくよ。
私が使用しているキーボードは、FKBE109/JWの白(文字色はピンク)の物。
FILCO パンタグラフ式スリムタイプキーボード ExcellioLiteDream USB 109キー日本語カナあり ブラック/バイオレット FKBE109/J-01 -
机との接地部分はガッチリしている。4年間で特に緩んだこともない。
レール部分は2〜3回ほどネジが緩んで落ちたので締めなおした。可動部なのである程度は仕方がない。締めなおせば最初と遜色ない動きを保てていると思う。
パームレスト部分は取り外しが可能なのだが、接合部がポッキリと折れてしまった。しかし、パカパカと取れるほどでもなく、使い勝手にはそれほど影響がない。
トレイにFKBE109/JWを置くとリモコン一つ分の幅だけ空くので、アンプのリモコンを置いている。置き場としては割と重宝している。
トレイを完全にしまうとテーブルの骨に手が当たってタイピングは不可能だがこれはテーブルの所為。全部出し切ると少し邪魔だが、目線からFキーが隠れるくらい出した状態が一番使いやすい。
ペンが入る部分には、一時期タッチペンを置いていた。現在はボールペンかサインペン。そこそこ便利。
四角い小物入れの使い勝手は微妙。ゴミが溜まることを考えると、無い方が良かった。

次にマウス部分。
マウスはLogicool M100rのホワイトを使っている。
Logicool ロジクール 有線光学式3ボタン マウス M100r ブラック -
マウスパッドは結構すぐに汚れる。シールなので剥がすこともできず、結局別のマウスパッドを置いている。タブレットPC用に購入したMUP-522GY。
ロアス 薄型マウスパッド グレー MUP-522GY -
しかし少し小さめなので、ちょうどいいサイズがなかなか見つからず困っている。
プラの部分自体は左右どちらにもつけられる。私はずっと右側に付けている。
プラがたわみはするものの、無理な力をかけない限りは折れたりはしないだろう。ネジが緩んだことは無いし、回転するときは今でもスムーズだ。
ただ、机と固定するための金属が邪魔で、トレイを収めるとその金属でマウスがクリックされてしまうことがある。

ということで、マウス部分は少し癖が強いが、キーボード部分は特に不満がない良品。
トレイの汚れが少し目立ってきたので、もう一度同じものを購入するかも。
こまめに掃除をする人ならもっと長期的に使えると思う。
posted by ナスターシャ at 22:58| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

ノートPCを新調

ディスプレイ RDT-232WX

WindowsVista(64bit)
CPU Core2Quad Q8200
メモリ2GB x2
Geforce 8600GT(DVI x1・D-sub x1)
HDD 320G(SATA3Gb)
Blu-ray読み
DVD読み書き

という構成の私のお下がり自作PCを親が使っていたのだが、DVIケーブルが無くてD-subでつないでいるが故にワイドモニタの意味がなかったり、PCが別室にあったり、Vistaのサポート期間が切れることもあり、ノートPCを新調することになった。
選んだのはこちらのモデル。

HP 15-ba000
HP 15-ba000 W6S90PA#ABJ 15.6インチフルHD非光沢&クアッドコア搭載モデル -


Windows10(64bit)
CPU AMD E2-7110
メモリ 4GB
HDD 500GB
ディスプレイ 15.6インチ(1920x1080)
DVD読み書き
有線/無線LAN



正直なところ性能的には大して変わらない。
部分的には劣化している?
とはいえ、このクラスのノートPCが4万以下で買えるのだから、安くなったねぇ。

価格.comのノートPCカテゴリでNo.1となっているが、そんなものを当てにせずに全商品の中から検索で絞っていって結局これに辿り着いた。

一応絞り方も。

サポートを考えるとWindows10は必須。

メモリは4GB以上という条件。もしくは4GBへのメモリ増設が可能な機種。
メモリ2GBの機種(HP Stream 11-r016TU や ASUS R206SA あたり)も調べたが、メモリ増設不可というものが多かった。
今回は4GBでさらに空スロットも1ということで十分。

CPUは、Atomを除外し、Celeron以上という条件で探した。
今回のE2-7110はCeleron以上を満たすようなので十分。

HDDに関しては、出来ればeMMCかSSDの128GBが良かったのだが、eMMC32GBというのは嫌だった。
というのも、Win10で32GBだと残りが10GB程度になる。
キャッシュなどを考えると空きが10GB程度では重くなる可能性もあるので、それならHDDの方がマシかなと。
まぁここは後から変更も聞く部分なのでHDD500GBという性能で少し妥協している。

後はディスプレイ。ここも少し悩んだ。
15インチという大きさは良いものの、フルHDなので1366x768より文字が小さくなる。
私が使うならディスプレイのクローンなどの関係からフルHDは絶対に必要な条件なのだが、親世代は既に老眼がきていて文字が大きいに越したことはないので1366x768という選択肢もあった。
まぁ、ここは拡大表示になるけどこのPCでも1366x768や1280x720で表示しても良いし、Windowsの設定で文字サイズを大にするなど解決策はいくつかあるので、何とかなるだろうと思って妥協。
非光沢なのも良いポイント。

これらの要因からHPのこの機種に決めたよ。
ゲーム要素もOfficeも要らない。ネットを見ることが快適になるように考えると、このPCは良いように思える。
実際届いてから少しレビューするよ。
どうせ使えるようになるまでの設定は私がやらざるを得ないのだから。
posted by ナスターシャ at 15:25| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

Humble使ってみた

G2Aに続き、Humbleにも手を出してみた。
Humbleは正規ショップなので本来なら鍵屋より前に手を出すべきなのだろうが、サイトが英語なので後回しになった。

今回はHumble Monthlyというサービスを利用する。月額$12 = 1400円弱。
買うのは2017年4月分という括りで、「The Witness」+来月に6本かな?
この6本は来月にならないと分からないので、ランダム性の高いサービスともいえるが、$100以上は保証されているという。
今回は、The Witness単体でもSteamのSale時で2000円程度、G2Aでも1200円程度なのでお得と判断して購入。

The WitnessをDLするところで「Steam-key」と「DRM-free Windows Build」が選べるんだけど、どっちがいいのかなぁ。
とあるサイトにはHumbleはSteamキーとDRMフリーの両方貰えるって書いてあったのだが、片方を選ぼうとすると「一度選択すると変更できません」といった趣旨の警告が出る。Monthlyはどちらかしかもらえないのかな。
The WitnessはSteamトレカがないのでDRMフリーにしてみる。

ZipをDL → 解凍 → インストールという手順が必要だから、一時的とはいえSteam版と比べると3倍の容量を食うね。

ただ、過去の判例を見てもそれほど欲しいタイトルは無かった。
すでに単体購入した「Banished」くらいか。戦ヴァルはおま国をスルーできたとしても英語だろうし。
今回の「The Witness」は前からSteamのウィッシュリストにも入れていたので「Humbleを使ってみる」という名目を加味して1400円出す価値があったが、そうでなければ980円くらいまで待つつもりだった。
次回も続けるかどうかは微妙なところ。

あと、単品購入の話になるが、ニーアはHumbleで買った方が安いね。
$1が111〜112円の現状を考えると、Humbleは$53.99で6000円程度、Steamは8400円程度なので、2000円も差がある。
おま値常習犯の日本製を買う時はHumble経由の方がいいかな。



※2017/03/25追記
2月半ばにThe Witnessも含めた30本強を$30というFreedomBandleってのをやってたんだね。
知っていればこっちを買ったのに・・・。
posted by ナスターシャ at 19:00| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする