2012年09月09日

2012年9月27日発売のあのゲーム

ガルモを予約した。
DOA5はガルモが終わってから考える。


posted by ナスターシャ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PS3 JOYSOUND DIVE その3

JOYSOUNDの話というか、ユアシェイプの話というか、微妙なところなのだが、T.M.Revolutionの「ignited」という曲がある。
ガンダムSEEDのOPだったっけ?SEED見てないけど、EXVSやってたら結構聞く曲。

この曲、以前カラオケで原曲キーで入れて歌えなくて、諦めてたんだ。
でも曲は結構好きだから、キーを下げて練習してたんだけど、今日試しに原曲で歌ってみた。

すると、なんと原曲キーでも歌えたんだ。
高音で少しかすれるが、全く音が合わなかった以前とはまるで違う。
やはりユアシェイプのおかげなのか?
20歳くらいのころ出ていた高音がどんどん出なくなっていったイメージがあったのだが、筋肉が衰えたことによる物だったのだろうか。

これでまたユアシェイプを頑張れる。
posted by ナスターシャ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

XBOX360 Happy Warsから見る基本無料

Happy Warsって基本プレイ無料だけど、今までの基本無料のゲームとは違う。
大きな違いは資金源があるという部分。

その他の基本無料のゲームはアイテム課金や制限を解除することへの課金によって開発費やサーバー使用料を賄う目的がある。
基本無料のゲームだからといって、タダでゲームは作れないし、サーバーだって借りれない。
採算が取れるかどうか分からないが故に、一部の金払いの良いユーザーに大量に貢がせるゲームシステムになりがち。
無料に釣られてきたユーザーは置いてけぼりを食らい、金払いの良いユーザーになるか、辞めるか、そのまま続けるかとなるが、無料ユーザーがどんどん肩身の狭いシステムに変更されていくゲームも多いのではないだろうか。

Happy Warsはその問題点をうまく解消していると思う。
開発費はゴールドメンバーシップの儲けから出せば良い。
サーバー使用料は発売元がMSなので無料だろう。

後は、コンテンツを追加するごとに開発元であるトイロジックに開発費として計上するだけ。
XBOX Liveの一つのコンテンツとして盛り上がってくれればゴールドメンバーシップも増えてMSは万々歳。
アイテム課金が赤字だったとしても魅力はあるだろう。

こんなことを書いたが、カジノ構想だとエルドラドゲート商法よりこちらの方が良いかも知れない。
MSが全ソフト販売元となればいいだけの話。ゴールドは儲かっているのだろうから、それを徐々にゲーム開発に回せば、一つの大きなテーマパークが成り立つ可能性もある。

とはいえ、あくまでゴールドの儲けの範疇で出来ることに留めておかないと、ゴールド料金値上げなどのユーザーに不利益なことにもなりかねない。
おそらく、ほとんどのユーザーがそこまでは望んでいないので、限度は必要か。

あと、実績も少し反映させて欲しいんだよね。
例えば、実績に応じたゲーム内通貨が貰えるとかね。
実績10,000以上で1000G/日、50,000以上で2000G/日、100,000以上で3000G/日とかね。(Happy Wars内通貨換算)
プレイすれば直ぐ溜まる程度の金額だけど、特典があると嬉しいじゃない。

基本プレイ無料のゲームが増えてきてゲーム内通貨が共通化されたら、自然に増えるというのも魅力になり得る。
要は、3DSのゲームコインと同じ発想なんだけどね。
posted by ナスターシャ at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする