2012年09月19日

PS3 CECH-4000を発表

http://www.famitsu.com/news/201209/19021338.html

うーむ。
これ、随分前にリークされてたけど、流石にないだろうと思ってスルーしてたやつだ・・・。
マジネタだったとは思わなかった。

20・60GBのときは熱感知のスイッチ使ってたのに、薄型からは単なるボタン型になった。
そして今回はディスクのスロットインさえも削った。
コストダウンに必死な割りには今回は値下げなし。HDD増量のみ。
CECH-3000の時点では逆ザヤだったんだっけ?逆ザヤになったり解消したりでもう訳が分かりません。

個人的には、4000まで待つくらいなら3000買っとけと思うね。
あまり小型化された気がしないし、SACDやPS2互換が復活したわけでもない。
待つほどでもないだろう。
まぁ4000が出てからは、3000の方がデザインが好きなどの理由が無い限り、4000で良いと思う。
単純にHDD容量が多いからね。

ちなみにウチはCECH-3000の160GBを持っているが特に不満は感じない。
強いて言えばUSBがもう少し多いと嬉しいけど、500円程度で購入できるUSBハブで問題ない。

また、フラッシュメモリ版が出るという情報もあったが、結局欧州のみのようだ。
posted by ナスターシャ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする