2013年02月22日

PS4発表

http://bylines.news.yahoo.co.jp/masakazuhonda/20130221-00023573/
Jaguar 1.6GHz 8コア
GDDR5 8GB
タッチパッド搭載コントローラー

等、噂されていたことがそのままそっくり発表された感じだ。
コントローラーの写真も数日前に出回っていた。

で、スペックを見た感想としては、
CPUはこれで大丈夫なん?ちょっと非力な気がする。
価格は心配だがメモリは凄い。
コントローラーにタッチパッドは要らない気がする・・・。

GDDR5 8GBってどのくらいの値段か分からないんだけど、RADEON HD7970でGDDR5を6GB搭載したモデルが7万だな。これが6GBで最安の商品で、8GB搭載品は現段階では無い。
Radeonは単純なメモリだけの値段じゃないし、PS4は大量生産だから当然安くなるだろうが、それでも1万以上はするんじゃないかな。
次の本体発表時、一番注目すべきは価格で、二番目に注目すべきは「メモリの仕様が変更されていないか」だな。
これが変更されてしまうと、今、議論しているPS4の良し悪しがすべて引っくり返るといっても良い。

常時録画で動画シェア可能らしいが、常時録画ってどのくらいCPUとメモリに負荷がかかるものなんだろうね。
実況人気からつけたのかもしれないが、発想次第では面白い使い方が出来るかもしれない。

>ネットワークを介して上手なゲームプレーヤーに変わってプレーしてもらう機能
こんなものが付いているらしいが、N3発売日にボイチャしながら攻略したのを思い出した。
全プレイヤー対象だと効率悪いと暴言言われそうだが、フレンド限定機能なら上手く回りそう。

互換は予想通りというべきか無かったね。
流石にCellを引き継ぐわけにもいかないから仕方ないね。PS3の大惨事はCellのせいとも言えるから・・・。

で、結局売りは何なの?といった感じ。
本体概観の発表もなければ、価格の発表もなかった今回の発表会は、PS4を世間に認知してもらうためにやったことだと思われる。
その割には「売り」となる部分が非常に分かりにくい。
「メモリが凄い」ってことだけを世間にアピールしたかったのかなぁ。

ちなみに、PS4eyeや動画のシェア機能などが昨日の時点でリークされていた記事には$429、$529の2モデルという価格も書いてあった。
42800円と52800円?高すぎると思います。
posted by ナスターシャ at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする