2014年05月31日

XBOXONE Kinect + Microsoft = ???

Kinect + Microsoft = N.U.D.E.@の進化
にちょっと期待したい。

N.U.D.E.@は技術デモの域を出ないゲームだったが、Kinectとの相性は良さそう。
と考えると、ルーマニア203とかシーマンを作っていたころのセガだったら大喜びで食いつくデバイスだと思うのに、全然飛びつかなかったね。

今考えると、N.U.D.E.@って何で女性型ロボットで出そうと思ったんだろう・・・
日本向けだったのかな?
ちょうどN.U.D.E.@が発売される前のTGSに行ったことがあったのだが、MSブース内では結構押してた。

発売日に買ったけどさ、実家だとつい小声になっちゃって、誤認識されてイライラした思い出がある。
しかし、新しい技術に振れることが出来た体験自体は面白かったな。

育てた人工知能をCPUとして他ゲームに応用させるとか、本体機能としても色々出来そうなんだけど。
posted by ナスターシャ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

XBOXONE 5pb.発表会

カオスチャイルドサイコパスミステリートF
がXBOXONEで出るらしい。

5pb.に関しては、あまり興味が無い。
カオヘ → シュタゲ までがピークかな。
LCCとダーリンは買ったけど、ダーリンクリアしてLCC未着手。
ロボノは既に興味が無かったな。
今回もどうせ他機種で完全版やるんでしょ?

ミステリートってことはアーベル作品の版権買ったのかな?
故・菅野氏が何とかなったなら、elfと交渉してYU-NOを何とか・・・いや、しなくていいや。
5pb.のアドベンチャーとYU-NOはゲームとしては対極にあるし、そもそもYU-NO自体が今の時代にも合ってないからね。
大幅な簡略化をしなければユーザーが付いて来ないけど、簡略化したらゲームが破綻する。もう、SS版が最終版でいいです。
ミステリート自体は 不確定世界の探偵紳士 の序盤ちょっとやって投げちゃった。



ついでに、
XBOXONE 49,980円(税抜)
キネクト無 39,980円(税抜)
ってのも発表
同日に公式でサラっと発表したついでにこっちでも発表って感じか。

まず、値段にやる気が感じられない。
49,980円(税抜)ってのはSCEのやり方だ。49,800円(税込)くらいの意気込みを見せて欲しかった。
これで生じる値段差は、49980 x 1.08 - 49800 ≒ 4,178円。随分あるな。
ちなみにXBOX360の時は、税込39,795円(税抜37,900円)(消費税5%)だった。

次に、ソフトラインナップ。遅れた割にはそのまま出してきた。
本体同時発売のMS製ソフト4本(デッドラ3・Forza5・Ryse・キネスポ)は全部2800円くらいで出ないかな。
今更感が強すぎて、フルプライスで欲しいとは思わない。
正直、内2本くらいキネクト有の方に付けても良いくらいだと思う。

キネクト有本体 + ソフト2本 = 6万円
このくらいがウチが発売日に購入するボーダーラインかな。

今のところは発売日購入は無さそう。
そもそも、DCはサクラ大戦、XBOXはDOA3、XBOX360はDOA4、WiiUはベヨネッタ2のために発売日付近に購入しただけで、今回は目当てのソフトが無いから発売日に買う必要が無い。
Games with Gold次第かも。
posted by ナスターシャ at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

720pと1080pの違いは良く分からん

DC = VGAボックス
PS2・Wii・XBOX = D端子
XBOX360初期 = D-sub
XBOX360後期・PS3・WiiU = HDMI

と画質をそれなりに求めてきた。
しかし、HDMIになり720pが再現できたところで、パッと見では分からない画質に到達したと思う。

VGAボックスとコンポジットケーブルでは雲泥の差があった。
D端子もD-subも、HDMIやDVIとの違いは分かった。
結局は、コンポジットからD端子までのアナログケーブルがデジタルデータの変換の足枷になっていただけで、デジタル転送のDVIやHDMIになってしまえば滲みや発色の問題は解決される。
クッキリハッキリ見えるようになった今、解像度の違いは大差ないと言う結論に至っている。

PCゲームの設定は、基本的にテクスチャなどの画質関連は最低限に止め、できるだけ多くのオブジェクトを表示できる設定にする。
これはウチのPCには大したグラフィックボードを積んでいないことが原因だ。
次に解像度を大きくするが、これはあくまでウインドウ表示でそれなりに大きくしたいためだけだ。最高画質を求めるならフルスクリーンが好ましいが、利便性を考えるとウインドウ表示には適わない。

ゲームに必要なグラフィックは1080pではなく、表示できるオブジェクトの多さとフレームレートの安定。
次にアンチエイリアス処理で、その次にようやく解像度かな。

PS4はフレームレートの安定は素晴らしい。しかし、1080pに拘る姿勢は滑稽に思える。
ゲームにおいて、グラフィックの綺麗さなどは正直どうでもいい。
より快適に動けること、より快適に表示されること、これを達成した上で初めてグラフィックの向上を受け入れることが出来る。
この辺りは、やはり家電屋と言うべきか。4K対応と言っちゃった手前、1080pも実現できなきゃ4Kなんて夢のまた夢だしな。

そう言う意味では、WiiUが最もウチの理想に近い。
XBOXONEは中途半端だ。PS4版から極端な劣化と取られないレベルの画質に抑えようと必死すぎる。

いつになったら高性能を「ゲーム部分」に使ってくれるのだろうか。
ウチには今世代の性能では1080pは使いこなせないと思うのだが。
posted by ナスターシャ at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

ドラゴンボール改 天下一武道会

天下一武道会って、ドラゴンボールの一番盛り上がる部分だと思うんだ。
第25回天下一武道会(高校生の悟飯が出場する大会)は、それを途中で中断されただけでなく、ほとんど序盤で終わってしまうってのはやっぱり勿体無いと思う。
1回戦くらいは終わらせて欲しかったな。

とドラゴンボール改をみて改めて思った。
posted by ナスターシャ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

ウェブマネーって使い道がないね

FF8 for PCのために2000円のウェブマネーカードを買ってきたのだが、FF8は1000円だったので残高1000円が余っている。

これ、どうしようか・・・
オンラインゲームへの課金で使う気はないし、電子書籍や音楽なども今は必要ない。
ニコニコのプレミアムも1500円くらいだ。
買い切りのダウンロードゲームに使いたいところだが、スクエニのe-Storeには1000円のDLゲームが無い。
思ったより使い道がないのが現状。

困った。

※2014/05/21追記
根本的な解決ではないのだが、ファミマだと900円から好きな金額分を指定して購入できたようだ。
今度買うときはそれを覚えておこう。

※2017/02/11追記
当時はSteamで使えなかったからなぁ。
今は結構使ってますよ。
posted by ナスターシャ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

Win FF8 アチーブメント一覧

ファイナルファンタジー8 for PC のアチーブメントの日本語の一覧が載ってなかったので、自ら調べた。
以下、シークレットアチーブメントも公開しているので、FF8のネタバレ有り。注意。

・ケツァクウァトル - G.F.ケツァクウァトルを入手
・シヴァ - G.F.シヴァを入手
・イフリート - G.F.イフリートを入手
・セイレーン - G.F.セイレーンを入手
・ブラザーズ - G.F.ブラザーズを入手
・ディアボロス - G.F.ディアボロスを入手
・カーバンクル - G.F.カーバンクルを入手
・リヴァイアサン - G.F.リヴァイアサンを入手
・パンデモニウム - G.F.パンデモニウムを入手
・ケルベロス - G.F.ケルベロスを入手
・アレクサンダー - G.F.アレクサンダーを入手
・グラシャラボラス - G.F.グラシャラボラスを入手
・バハムート - G.F.バハムートを入手
・サボテンダー - G.F.サボテンダーを入手
・トンベリ - G.F.トンベリを入手
・エデン - G.F.エデンを入手
・初心者卒業 - 魔法を敵から100回ドロー(ストック)する
・トップランカー - SeeDランクAに到達する
・カードプレーヤー - カードゲームをプレイする
・コレクター - 全カードを集める
・武器改造 - 武器を改造する
・最大HP - 最大HPに到達する
・大金持ち - 最大ギルに到達する
・最高レベル - レベル100に到達する
・ゲームクリア - ゲームをクリアする
・計画的プレイ - スコールが初期レベルの状態でクリアする
・チョコボ捕獲 - チョコボを捕まえる
・ラグナロク発見 - ラグナロクを見つける
・初任給 - SeeDから初めての給料を受け取る
・チョコボのおつかい - おでかけチョコボRPGからアイテムを取得
・オメガ撃破 - オメガウェポンを倒す
・オーベール湖の秘密 - オーベール湖のサイドクエストを完了する
・宇宙人は存在した! - コヨコヨのサイドクエストを完了する
・カードクラブマスター - CC団全員を倒す
・負けて得るもの - カードゲームでレアカードを失う
・プロプレイヤー - カードゲームで100回勝利する
・マニアックス愛読者 - 雑誌ティンバーマニアックスを全て集める
・雑誌中毒者 - 雑誌の月刊武器/格闘王/ペット通信/オカルトファンを全て集める
・ドローマスター - ドローポイントから100回魔法をドローする
・ボコ最高レベル - ボコのレベルを100にする
・青魔法マスター - キスティスの特殊技を全て修得する
・ドッグトレーナー - リノアの特殊技を全て修得する
・モンスター討伐100 - 敵100体を倒す
・モンスター討伐1000 - 敵1000体を倒す
・モンスター討伐10000 - 敵10000体を倒す

モンスター討伐10000 はSteam版を参考にしたため、名称や説明は違うかも。
参考
http://www.exophase.com/game/final-fantasy-viii-steam/achievements/

それ以外は自分で解除。
アシストやブーストを使っても解除可能。

オカルトファンIIIを取り忘れたので、2周やったよ。
一通り遊びつくしたので、1000円なら非常に満足できたかな。
posted by ナスターシャ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

XBOXONE キネクト外して399$

http://japanese.engadget.com/2014/05/13/xbox-one-kinect-400/
確定っぽい。

399$じゃ意味ないわ。
キネクト外した時点で単なる劣化PS4なのに、同額なら売れないでしょう。
それならまだ、キネクト同梱したままで50$値下げの方がいいように思えるけど、どうだろうか。

確かに、キネクトをゲームに有効的に使えていたとは思えないし、今後の有効活用されるビジョンも全く見えない状況だったけど、対PS4のために外すのに、対PS4の武器を捨てると言うのが理解が出来ない。

PS4ではなくXBOXONEの方がいい部分って、ハード面では消えちゃったと思う。
サスペンド実装済みくらいしか思いつかない。

いっそ日本だけ、キネクト同梱・中古ゲーム規制・DLゲーム売買・オンライン認証と言ったXBOXONEでやろうとして頓挫したことを徹底的にやってみて欲しい。
どうせマニアしか買わない国なんだから、実験的にやってみて利便性を見せ付けてもいいと思う。
posted by ナスターシャ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

Win ファイナルファンタジーVIII for PC

http://store.jp.square-enix.com/detail/SEDL-1021

ff8pc.jpg

ff8pc-2.jpg

FF8のPC版の再リメイク。DL版のみ。
5/8配信で5/12まで1000円。それ以降は1543円になるらしい。

基本的には昔のPC版そのまま。
リメイクと言ってもグラフィックは当時のままで、ゲームシステムも変更されていない。

変ったことは、
・最近のWindowsに対応 - 旧版はVista以降では動かない
・アチーブメント搭載 - いわゆる実績
・公式チート搭載 - 高速化、HP減らない、魔法100個などF1〜5で即座に切り替え可能
・高解像度対応 - 旧版は640x480。今作は1920x1080まで対応。ただし、ワイドにはならず左右黒帯追加。
・おでかけちょこぼRPG追加 - ポケステで連動していたFF8のミニゲーム

となっている。

正直、買うかどうか悩んだ。
やりたければPS版をPS3でやればいいし、そもそも持っていながら再プレイ全然してないし、1000円でもちょっと高いし、WebMoneyカードは2000円からだし・・・。
それでも購入した理由は、「高速化」。これに尽きる。
これがなければ買っていなかった。

そして、10日に購入して既に5時間もプレイしているハマりっぷり。
FF8を再プレイしなかった理由は、長いムービーをもう見たくないから。
それが高速化で緩和されることによって、プレイしやすくなっている。
通常の移動や戦闘も必要な部分だけ速く出来るので非常に助かっている。

また、元のPC版は2000年ごろに発売された作品。
今のPC環境だとオーバースペックなのでロードも短いし、オンボード(IntelHD Graphics 4000)でも余裕で動く。
欲を言えば、グラフィック面のリメイクが欲しかったが、そんなことしてロードは長いままってのは嫌だし、これで良かったのかも。
PSで手に入らなかった快適さが今ようやく手に入ったのは非常に嬉しい。
こういうリメイクはどんどんやって欲しいね。
posted by ナスターシャ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

XBLA Child of Light

パズル要素のあるアクションゲームにエンカウント式のコマンドRPGを追加した本作。

アクション部分は「Insanely Twisted Shadow Planet」に似ている。
RPG部分は「グランディア」だろうか。

コマンドRPGがアクション要素のテンポを悪くしているように思える。
これならアクションRPGの方が良かったかも。

それでいて、直訳された日本語テキストがストーリーの意味を分かりにくくさせ、次に行く場所の指定がないことで総当りで調べる必要性も一部出てくる。

戦闘は面白い。
一度に戦闘に出ることが出来る仲間が2体、敵が最大3体なので、爽快感はあまりないものの、グランディアでは不満があった部分が解消されているように思う。
自分で指定しにくかった場所取りが本作にはなく、調整しにくかった攻撃のキャンセルは敵の行動を任意で遅くすることで調整できるようになっているので戦略が立てやすい。

続編ありきならこれでもいいけど、一作だけ見ると1500円なりのゲームシステムってところかな。
元は取れると思うが、凄く印象に残るかというとそうでもない。
posted by ナスターシャ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする