2014年07月31日

EA 定額料金サービスをXBOXONE向けに提供


エレクトロニックアーツは、XBOXONE向けに定額で一定数のソフトをプレイできるサービスを開始するため、βテストを始めたようだ。月額5ドル程度、年間30ドル程度。年払いだとお得。
ソフト面を見るとBFやFIFAに興味がある人向けのような気もするが、この価格帯は非常にお買い得だと思われる。

ちなみにPS4での展開についてはSCEが却下した模様。

しかし、理由を見ると少し苦しい。
>PlayStation Plus会員はPS4発売を機に200%増加しており、

PS3はオンライン対戦にPS+は必要なし、PS4はオンライン対戦にPS+必須。しかもPS+3ヶ月分がPS4本体に附属するので、販売を機に計算するとPS4購入者全員がPS+会員のはず。それで200%程度の会員数という数字が誇れるとは思えない。
また、SCEはPSNOWという独自のクラウドサービスを展開する予定で、こちらも現在βテスト中。技術的には違うが、ユーザーから見れば月額利用で複数のゲームが出できるという要素は同じため、競合するサービスを受け入れなかったとも取れる。

で、話を戻そう。
EA Accessというサービス自体は値段を見るとお買い得に思える。βテストとしては4タイトルだけだが、おそらくタイトルを変更ではなく追加しながら提供されると思われる。時間が経つにつれて徐々に有用なサービスになっていくだろう。EAとしても安定的な収益になるし、中古で全く利益が出ないよりはこのサービスの1作品として残したほうが有用だろう。

マイクロソフトがメーカー単位でこういったサービスを認めたのには驚いたが、もしかするとパッケージや通常の買い切りのDL販売よりも主流に成りうる可能性は秘めていると思う。まぁ、XBOX360の時からEAには渋々ながら独自サーバーを認めていたりしたので、今回もEAだけの特別措置かもしれない。

しかし、日本のサードパーティでは最大手のバンナムやスクエニでも出来ないサービスだろう。月5ドルといえば大体500円だよ。今の日本に、メーカー側の収益が1人当たり月500円程度で賄え、継続して遊べて、全員が500円を払ってもいいと思えるようなコンテンツを持っている企業が果たしてあるだろうか。一番形態が近いMMOなどの月額利用料でもソフトごとにそれ以上の料金を取っているし、基本無料のソーシャルなど一部の重課金者頼み、オフラインゲームで同じことをすれば1ヶ月もすれば飽きられるから500円の利益にしかならない。任天堂かなら可能かもしれないが・・・。

ゲームの本数と価格を見ると、ユーザー側から見てもメリットは十分にあると思う。まぁ、個人的にはPeggle2くらいにしか興味が無いので単品で買ったほうがお得だけど。日本でも是非やって欲しいね。できればクレジットカード以外の支払い方法が欲しいところだ。



同日追記
メンバーシップは小売店でも購入できるみたいね。元記事に載ってた。メジャーになってきたら「XBOX Liveゴールドメンバー+EAアクセス利用権で月8ドルです」みたいなコラボ商品も出るのかな。
posted by ナスターシャ at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

運営=RMT業者 の可能性

ソーシャルゲームのRMT業者って居るじゃない?
RMTどころか普通に課金する気さえも微塵も無いから今まであまり考えなかったんだけど、あれって制作会社がRMT業者だったらボロ儲けだよね。あれ?どこかで聞かなかったっけこんな話・・・。ROとか言うMMOで。

これかな?

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/07/20/12720.html
>ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、同社の元社員が在職中に「ラグナロクオンライン」のサーバーに不正アクセスし、不正に取得したゲーム内通貨をRMT業者に売却していたことを明らかにした。19日、不正アクセス禁止法違反の容疑で逮捕されたことを受け、ガンホーは同日付でこの社員を懲戒解雇した。

>ゲームデータを管理するサーバーへのアクセス権限は持っていなかったが、盗み見た直属上司のアカウントを使ってゲームデータ管理サーバーへ不正アクセスしていたことが判明している。


この事件は権限がないのに他人のアカウントを使った部分が問題視されただけで、逆に言えば、権限を持っている人間なら複製すること自体を不正とは言わないとも言える。

実際に運営が裏でRMTをやってるかどうかは知らないけど、RMTをやらない理由を考えると特に思い当たらなかった。利用規約は制作側が違反者を処罰の対象にするだけで、制作側自身が違反者の場合に処罰することはないので意味は無い。データを複製して売るだけで利益が出るんだ。特に法的規制も存在しない。しかも、対象のカードなどが期間限定イベントや高性能な新キャラなどでインフレ化しやすいというメリットもある。常に最新のアイテムが売れ筋になり、RMTの売る側としては非常に分かりやすい。

陰謀論かもしれないが、デメリットが特に思い当たらないと言う部分は引っかかった。
posted by ナスターシャ at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iOS/Android Gジェネレーションフロンティア

4日ほど前から始めた。


限定クエストも初級しかクリアできないから200回くらい回してひたすらレアカードを集め、Gコロも深夜に30連勝頑張った。なぜなら、最後の最後になけなしのゴールドチケットでURニュー(ビームライフル)が出ちゃったから。そうなるとでも、ダブルフィンファンネル(DFF)が欲しくなる。素材は持っているのだから。でもURニューLV55、SRサザビーLV45、これが限界だよ。DFFに必要なのはURニューLV60、SRサザビーLV55。後LV5が途方もなく遠い。文字通り全てを投げ打ってクエストキーさえゴールドチケットに変えて経験値にしてきた。30連勝ボーナスのクシャトゥリヤもマリーダもミハイルもケンプファーもLVUP素材や資金に変えた。既に200万近くのキャピタルを注ぎ込んでいる。さらに200万なんて無理だ。所詮、開始4日で、更に実質最終日1日だけでDFFを手に入れようなんて不可能だったんだ。下手にURが引けてしまったが故に酷い有様だった。


というのも、URニュー55、SRサザビー45で良いと思い込んでいたんだよね。都合のいいゴールを自分で決めていたんだろうか。いざ出来たと思って設計表みると60と55だったというオチ。イベント慣れしてる人は最大値まで上げるのは常識なんだろうけど、UR自体始めて手に入れたので、そこまで頭が回っていなかった。55と45だとSRとR+の最大値だ。1ランクずれてた。


まぁ、覚醒100以上のキャラクターを所持していない時点でDFFは宝の持ち腐れになりそうだった。当分お荷物になる事を考えるとビームライフルの方が使えると思い込むしかないね。


はぁ、早くも燃え尽きそう。
posted by ナスターシャ at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

XBLA Trials Fution レビュー

この間の安売りで買って、そこそこプレイした。

率直な感想は、Trialsってこんなゲームだったっけ?前作Evolutionまでは難しいで済んでたけど、今作のFusionは難しいを通り越して理不尽に感じてきた。
物理法則を考えてタイミング良く正確に操作すればクリアできるのだろう。実際、ランキングからリトライを見ると軽々と難所を超えていく姿を見ることができる。しかし、ウチの実力では同じ場所で2000回以上もトライアンドエラーを繰り返し、それでもまだ次の難所が残っているという状況。もう、どうしろと?
HDのころは最後の難所(俗に言う「ェィイ」)までが300回程度で、難所自体は1000回程度のトライアンドエラーでクリアできた。そのレベルを完全に超越している。

プレイヤーレベルが上がってきたことによって、上昇しきった彼らのために作ったコースなのだろうが、TrialsHDの最高難易度をマグレでクリアできた程度のレベルでは今作の最後の方は無理。かといって、いったん一通りクリアしないとタイムアタックもする気になれないので、ここで気持ちが途切れる。

HD → Evolution → Fusion と一通りプレイしてきたウチがこの有様。今回からPS4でも発売されているが、今作からプレイしたユーザーは果たして面白いと思えるのだろうか?それとも、シリーズを体験して来たことによる単なるマンネリ化なのだろうか。エディットもあるのだから、無理難題はエディットに任せれば良かったと思う。

ということで、自分はゲームが上手いと思っている人にはオススメできるが、そうでない人にとっては少しオススメしづらい。

トライアルズ フュージョン -
トライアルズ フュージョン -

※PS4のみパッケージ版・DL版あり。XBOX360・XBOXONE版はDLのみ。XBOXONE版は9月4日に発売予定。
posted by ナスターシャ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) |  → レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

XBOXONE Kinectなし本体にも「タイタンフォール」を同梱

http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20140722_658886.html

Kinectなしの安い本体にも数量限定ながら「タイタンフォール」の同梱版が発売されるらしい。また、Kinect同梱版には追加で「ダンスセントラルスポットライト」の同梱も決まった。

XBOXONE + Kinect DayOneEdition 49980円(税別)
「タイタンフォール」
「キネクトライバルズ」
「ダンスセントラルスポットライト」
「DayOne実績」

XBOXONE タイタンフォール同梱 39980円(税別)
「タイタンフォール」

XBOXONE + Kinect 49980円(税別)
「ダンスセントラルスポットライト」
XBOXONE 39980円(税別)
特になし

と4バージョン出るようだ。下の2つは上2つから同梱タイトルを減らしただけなので、限定版が無くなり次第順次入れ替わっていくと思われる。
ちなみに、ダンスセントラルスポットライトは10曲程度しか入っていないタイトルで、単体で買っても1000円程度らしい。DLCで曲を追加できるタイプのゲームのようだ。

うーん。ダンセンはあまり嬉しくないな。Vitaのバリューパックに同梱されるソフトと大差ないように思える。Kinectなしの方を買う予定だった人にとっては、タイタンフォール追加は結構大きいかもね。
posted by ナスターシャ at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

ブレイドストーム続編か?


ブレイドストームがリメイク+αで出るらしい。機種はまだ未定っぽいね。PS4かWiiU独占の可能性が高いかな。マルチでONEもあればいいほうか。旧ハードの可能性もあるけど低いかな。新作なら携帯機の可能性もあるけど、リメイクならHD機だろう。と予想してみる。

360かONEで出たら買うと思う。WiiUは少し微妙。というのも、無双と一緒で実績を解除していくのが面白かったゲームなので、実績が無いWiiUだと興味半減。トロフィーには興味が無いのでPS3/PS4もWiiUと同様。

でも、WiiUでゲームパッドを使って3DSの戦国無双Chronicleっぽいことが出来れば面白そう。それなら一気に興味が湧くね。

前作がそこそこ面白かっただけに、期待できるかも知れない。
posted by ナスターシャ at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

SS 何度目かのカオスシード

「仙窟活龍大戦カオスシード」をプレイしております。最初からプレイするのはトータル10度目くらい。クリアまでも5度くらいやっただろうか。

このゲームは、元々1996年にスーパーファミコン(SFC)で「カオスシード〜風水回廊記〜」として発売されたゲームに追加要素を加えたセガサターン(SS)への移植版で1998年に発売された。発売当時の売り上げは2万本弱だったと記憶している(当時サターンFANと言う雑誌に載っていたと思われる数値。うろ覚えだけど)。二番手ハードのSSとはいえ当時ヒットしたゲームならば初週20万本クラスの売り上げを誇っていたため、売り上げ2万本弱と言う数字は非常に悪かったと言える。
パッと見で内容が分かりづらいことに加え、システムが難解で、さらには説明を序盤に固めすぎていることから理解しづらい環境がこの売り上げに繋がったと思われる。FF13やラストレムナントなどはチュートリアルが長すぎて本編が短いと評価したが、このカオスシードに関しては真逆で、チュートリアル部分が駆け足過ぎて訳が分からないまま放り出される。そのため、システムを理解できていないことによって難しすぎて途中で詰む可能性がある。また、全ジャンルに興味がないと面白い部分が理解できない可能性もあり、雑食ゲーマーに対してのみ推奨となってしまう部分もあった。

しかし個人的には神ゲーと呼べるゲームソフトで、総合的なゲームシステムに関してはNo1だと思っている。RPG・シミュレーション・アクション・アドベンチャー・パズルといった要素がシーンごとに個別に展開されるわけではなく(アドベンチャー要素以外は)同一のゲームシステム上に存在し、それでいてバランスが崩壊していないという絶妙な組み合わせで成り立っている。

前述したようにシステムは難解なため、ここで深くは説明しない。一応誰かのプレイ動画を張っておくので、気になる人は見ていただきたい。

仙窟と呼ばれるダンジョンを作ってエネルギーを作り出し、そのエネルギーで荒れた大地を復活させるというのがこのゲームの目的。しかし、彼の仕事は一般の人間に大地を荒らす行為と思われていて、人間に行く手を阻まれながらの仙窟作りとなる。エネルギー効率を考えたり、対人間対策を考えたりと、作る人によって仙窟が変わってくるゲーム。

開発のネバーランドカンパニーが既に解散しているようなので、今後の移植は絶望的か・・・。「風来のシレン アスカ見参」や「ルーンファクトリー」シリーズなどの製作も手がけていた評価の高い会社だったのだが、売れ行き自体は芳しくなかったからなぁ。
今現在はSFCとSSでのみでプレイ可能だが、未だにどちらも3000円近くすることから人気ぶりがうかがえる。ちなみにSS版はサタコレ(定価2800円)があるので、定価以上となっている。

タワーディフェンス(TD)要素を追加した追加移植版が欲しいなぁ。TDをやってしまった今となっては、1人で全ての部屋を守っていた忙しさが少々無駄に思えてくる。攻撃部屋(と条件を満たした通常の部屋)を作れば自動攻撃も出来たが、全部屋に手軽にその機能が付けばまた違ったカオスシードが出来そう。いろんなジャンルを吸収できる可能性があるのもこのゲームのいいところだね。

比較的最近のゲームだと「勇者のくせになまいきだ」に近いらしい。

と、紹介が長くなったが、相変わらず面白いよ。クリア後にやり続けるより、セーブを消してやり直すのが良い。
レアな風水を複数付けてみたり、掘削でアイテム集めしたり、練丹を大量に集めてLVの高い仙獣を召喚してみたりと楽しめることが多いので、目的を持ってプレイするのが非常に面白い。アクション次第でレベルの未熟さをカバーできるので、低レベルクリアのようなことが普通にできるのも良いね。シナリオ分岐を探すのも面白いし、武器を強化していく作業感も悪くない。

最新のSSF(0.12βR4)だとエラーで落ちて動かなかったけど、0.07βR7なら問題なく動くので、多少値は張るけどSS版おすすめです。

仙窟活龍大戦カオスシード(通常版) -
仙窟活龍大戦カオスシード(通常版) -
posted by ナスターシャ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

XBOX360 FinaiFantasy XIII その9

「すべてを得し者」失敗。
全ての武器とアクセサリを一度は入手後、ヲルバ郷のバクティと会話すると解除される。と言う実績。

まだ何か足りないらしいけど、何が足りないかは教えてくれない。もう無理だよ、色々解体したり売ったりしちゃった。流石にやる気がしない。エクセルのチェック表だけが頼みの綱だったんだが、どこで間違えたのやら。

間違えないように解体や売却は控えれば良かったんだろうけど、そうなるとアダマンタイマイを何匹追加で倒せばいいか考えてしまって、今度はモチベーションが持たなかっただろう。最後に必要になったダークマターも、装備していた武器・アクセさえ売り払って買ったものだったんだ。
ロスオデの宝箱やインアンの収集癖でも最初は失敗したけど、絶望感の度合いが段違いだよ。せっかくあと1つで実績コンプだったのだが、心が折れてしまった。
posted by ナスターシャ at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする