2014年12月30日

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO インタビューに突っ込む

http://www.famitsu.com/news/201412/29068836.html

シュタインズゲートがYU-NOと同格に扱われているけど、YU-NOのシナリオ部分のみ切り取って対抗できるかもしれない期待が持てたくらいでしょ。期待したまま終われただけシュタゲも凄かったけど、シナリオだけ見ても個人的にはまだYU-NO>シュタゲ。シュタゲ後にYU-NOを再プレイしたけど、やっぱYU-NOの方が凄いと思った。
それに、ゲーム性まで入れるとシュタゲは他のアドベンチャーゲームと比べてもかなり下位に入る。それこそアニメや小説にしてもそれほど変わらない。その点、YU-NOは読み物としての価値を崩さずに遊ぶには最大限のゲーム性を持っているので、ゲームでしか表現できない面白さを持っていると思う。
ちなみにYU-NOはアニメ・漫画・小説が存在するがどれも残念な出来になってしまっている。アニメ・漫画は製作者の力量不足も感じたが、小説版に関しては媒体の限界を感じざるをえなかった。
今回そのゲーム性にメスを加えようとしている。ここがこのインタビュー最大の注目すべき部分だろう。

ADMSというシステムは昔は分かりづらかったけど、今となっては分かりやすいと思う。
Auto Diverge Mapping Systemだと直訳すると自動分岐地図化制度。名称だけを見ると分岐の座標を目視で確認できることの方が重視されてた感じだよね。ただ、今現在ADMSとして理解されているシステムは、要するにクイックセーブでしょ。ただし、ゲーム内の主人公の記憶も所持したままという設定のね。
そもそもYU-NOのシステムをアドベンチャーゲーム全体に落とし込んだのがクイックセーブというシステムだと思っている。96年当時はそんなシステムは存在せず、2000年を越えた辺りでアドベンチャーゲームに急速に普及し始めたと記憶している。
当時YU-NOに関する予備知識なしでSS版をフラゲしてプレイし始めた中二の私でも理解できるくらいの説明がゲーム内あったし、難しいということは無いと思うんだ。ただ、性に合うかという点は避けられない問題。そもそも、今のアドベンチャーゲームユーザーはゲーム性を放棄した現代のアドベンチャーゲームを肯定的に見ているのか?という部分から徹底的に見つめなおして欲しい。

現在のエロゲはコストカットのために簡略化してるだけでしょ?フラグ管理を楽にして、ゲーム性を考えないゲームを作っているのは開発の怠慢だと思っている。エロの内容も、ピンクか黒かという色分けも正直ユーザーのためなのか不明。突然グロが入るゲームが嫌とか、何のために読み物をわざわざやっているのか理解に苦しむレベル。陵辱を切り離しに掛かっていることに関しては女性ユーザーを考慮しているのだろうか?あれもエロゲを駄目にした。
全部入ってこそのエロゲだったはずなんだ。それこそが故・菅野氏が描いた18禁でしか表現できない読み物でしょ。一般ゲーでは絶対に有り得ないと排除してしまう可能性を頭に入れてプレイできることが18禁の醍醐味だったはずなのに今のエロゲは・・・。
っと、少し外れたな。
YU-NOはそんな時代のゲームなんだ。時代に合わせてキャラクターをロリ化させて、きわどい描写を全てマイルドにしたEVE burst errorのような最悪なリメイクはやめてくれよ。

また、YU-NOというゲームは時代背景が20年近く前なんだよね(20年近く前のゲームなので当然ではあるのだが)。自宅の電話に出られなければ直接会うくらいしか連絡手段が存在しない時代。インターネットや携帯・スマホが普及していないことが前提で作られた作品が、今の価値観で突っ込みを入れずに楽しめるかどうかは分からない。
その時代を生きた30代・40代ならイメージが沸くかもしれないが、10代・20代にまで理解させられるだろうか。シナリオをあまり変えないということなので、時代背景も1996年頃のままで行くのかな?

個人的にYU-NOをリメイクする上で一番やってほしい事は、シナリオの整合性だった。システム上限界があるとはいえ、最初に戻ると記憶を失っているかのような表現が存在する部分が気になったので、新たなフラグ管理で表現を変えて欲しい。
しかし、インタビューを見る限りでは95%はそのままのシナリオにするようだ。私の願っている部分は5%には入りそうに無いな。

うーむ。YU-NOの話になると熱く語ってしまう。発売までにさらなる記事はあげるかもしれないね。



※2015/12/27 追記
なにやら延期したようですね。YU-NOの為にPS4を買った身としては、PS4を腐らしておくのがもったいないのだが・・・。
ちなみに、私にとっての3大アドベンチャーゲームは、YU-NO・EVE burst error・サクラ大戦です。
最後を428と悩んだが、サクラ大戦の衝撃は忘れられない。初ギャルゲーってのもあるけど。
posted by ナスターシャ at 00:23| Comment(4) | TrackBack(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

YU-NOついに移植か

https://twitter.com/chiyomaru5pb/status/549119955229085697/photo/1

5pb.の志倉千代丸氏がTwitterにて「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」の移植をほのめかす言い回しをしている。ユーノがちょっとイメージ違うけど、下にリフレクターデバイスがあるし、宝玉8個(PC版の最大数)があるからまず間違いない。
それならカオチャ前に発表しておいてくれれば、勢い余ってお布施しただろうに。

どこまで再現できるか。どこまでリメイクできるか。
声優は総とっかえだろう。ここは仕方が無い20年近く経ってるしな。青野武はもう居ないし・・・。こやまきみこくらいは残るか?
システムはどうするのかな?今風のあっさりしたアドベンチャーにしたらYU-NOという作品自体が壊れるし、かといってADMS残すと面倒だと言われそう。異世界編のADMSをどうするのかも気になる。
画面クリックのテキストアドベンチャーをどうするかという問題もある。場所総当りの面倒なフラグ管理は流石になくなるだろうが、かといって場所を3択で選択するようにあっさりしすぎていたら面白味が減る。
ハードはどうなるかな?リアルタイム世代狙うと35歳以上。中二の時にSS版をやってた私のようなのを入れても30歳くらい。ターゲットはほぼ男性。と考えるとXBOXONEもありかと思ったが、現状だとオッサンでさえPS4の方が多そう。まぁ、PS4やVitaだったとしても私は本体ごと買うと思うけどね。

可能性は限りなくゼロに近いと思っていただけに、YU-NO移植は嬉しい。以前、移植しなくていいなんて言った気もするが、やはり現実味を帯びてくるとワクワクするものがある。
出来れば、ついでに慟哭もお願いします。
posted by ナスターシャ at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

PS3 ガンダムブレイカー

この時期にガンダムブレイカー1です。2じゃないです。

思った以上にMSが少なく、足と腰パーツが繋がっている点もネック。ガンプラ作りの視点でこのゲームを見るとかなりお粗末な出来。ジ・Oの腰パーツに細めの足パーツを付けてみてどんな感じになるかを試したかったのだが、プラモを買って実際に試すしかないみたいね。
しかし、単純なアクションゲームとしてみると思ったほど悪くない。いろんなパーツやスキルを付けかえて徐々に強くしていく感じは無双シリーズより好きかな。

改造ガンプラを主体にしたのであれば、何故パーツごとに能力が違い、ランクが分かれているのか。
結局強いMSのパーツを使わなければストーリーを進むことが出来ず、お気に入りのパーツを集めても無駄になる。2ではパーツを育てられるようになったようだが、最初からそうして欲しかった。

キャパシティの概念より、ガンダムVSシリーズで採用されているコスト制の方が良くないかな。
ジムのパーツなら能力低めでコストが安い。νやウイングゼロ辺りは強いけどコストが高い。コストで再出撃回数が決まる。上記のパーツのレベル上げと合わせれば、自分の好きなパーツで遊ぶことが出来るゲームが出来ると思うんだけどな。

凄く面白いわけではないが、クソゲーというほどでもない。ただ、改造ガンプラ目的で買うと痛い目を見る。そんなゲーム。
posted by ナスターシャ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) |  → レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

ゲームランキング2014年版

少し早いが2014年の総まとめをするよ。

3ds ピクロスe4
3ds ピクロスe5
3ds ぷよぷよテトリス
PS3 デモンズソウル
PS3 ドラゴンズクラウン
PS3 ガンダムブレイカー(予定)
XBOX360 Titan Fall
XBOX360 ファイナルファンタジー13-2
XBOX360 アンダーディフィートHD
XBOX360 Defense Technca
XBOX360 CHILD OF LIGHT
XBOX360 Trials Fusion
XBOXONE Titan Fall
XBOXONE Dead Riging 3
XBOXONE Peggle 2
XBOXONE Defense Grid 2
XBOXONE Ryse:Son of Rome
XBOXONE カラオケDAM
WiiU ベヨネッタ2
iOS/Android Gジェネレーションフロンティア
Win ファイナルファンタジー8

あれ?今年は少ないな。実際買ってるのはもう少しあるけど、主にプレイしたのはこの辺り。
増税があったからか、無料ゲー・過去ゲーを漁った年になった。XBOXONE本体での出費もあったからね。
ここからベスト5を選ぶよ。

・第5位 Ryse:Son of Rome (XBOXONE)
アクション要素はあまり無いものの、それゆえにアクション映画と同じ感じで楽しめる。ムービーゲームではなく、映画に介入できるゲーム。

・第4位 Gジェネレーションフロンティア (iOS/Android)
本当は良い評価をしたくなかったが、そこそこ遊んだだけに評価せざるを得ないかな。結局は無料ゲームの課金煽りや無駄なゲーム性の縛りについていけなくなったものの、目標が次々変わる目まぐるしさ自体は楽しめたと思う。

・第3位 ベヨネッタ2 (WiiU)
下手に新要素入れて前作の良さを壊すゲームが多い中、1の正統進化を貫いた本作は評価できる。
付属の1もプレイ済みではあったものの十分に楽しめた。

・第2位 Defense Grid 2 (XBOXONE)
前作の方が好きかもしれないという気持ちは払拭できないが、楽しさが違うのでこれはこれで面白い。
タワーディフェンスとしては間違いなく良作。バランスも絶妙でなので申し分なし。
3位のベヨ2の評価とは矛盾しているようにも見えるが、変化させていても上手く纏まっているのでOK。

・第1位 Titan Fall (XBOX360/XBOXONE)
今年はこれを押さざるを得ない。ゲームとしての荒はあるものの、それに勝る操作の快適さや爽快感、また、AIを置くことで初心者も貢献できて楽しめるなど、FPSと言うジャンルを新境地へと導いたゲームだと思う。BFやCODなどをプレイしてFPSはもういいかなと思い始めていた気持ちが再燃するほどに楽しめた。

3DSが不作だったかな。
ピクロスeシリーズは確かに面白いよ。でも、今回の最大のマイナス要素は、クラニンプラチナで「クラブニンテンドーピクロス+」を配ったことかな。サボってプラチナに出来なかったので、手に入らなかったので気持ちが萎えた。「任天童子」がポイントで配信されているので後日ポイント交換できると信じたいが・・・。

XBOXONEは現時点では買って良かったと思える要素が十分にある。ハードの基本機能も結構面白いし、ソフトもそこそこ揃っている。とはいえ、XBOXONEだけで満足できるかと言うと微妙かな。
posted by ナスターシャ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

AC/PS3/PS4 GUILTY GEAR Xrd

PS3/4版出たんだっけ?
買おうかどうか迷ってたんだけどスルー。

理由はいろいろあったけど、結局はGGXXACのときにゲーセンで3タテパーフェクトで負けたトラウマが一番かな。初心者ならまだしも、そこそこやりこんだ作品だっただけに才能の無さを見せ付けられた。
細かい理由は、アケステがもう無い(XBOX360でさえDOAスティック・RAP-EXともに壊れた)、PS3をもう収めたなどなど。
そして今日初めて知ったことだが、ジャムもジョニーもバイケンも居ないのね・・・。持ちキャラがファウストしかいないじゃねーか。久々にジョニー触ってみたいと思って買いそうになったけど、スルーして良かったと心底思った。

どの層狙ってるのかが分からないよ。ギルティやりたかったけど仕方なくブレイブルーに移行したユーザー向け?
格ゲー衰退の理由が一番色濃く出ていたギルティギアシリーズというだけでもネガティブなイメージを持たれかねないのに、マイルド調整加減が中途半端に思える。まだ、ギルティ2路線の続編で2から少しマイルドな調整が施されていたほうが買ったかもしれない。

イスカ路線は・・・無いな。
格闘超人が回収騒ぎにならなかったら4人格闘ゲームが流行ってたかなぁ。1対1よりは希望があったかもしれない。
posted by ナスターシャ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末の散在



上記をエディオンで買ってきた。割引券があったので。
本当はベアッガイIII・キュベレイあたりが欲しかったんだけど、売ってなかったのでベアッガイFと安かったビルドバーニングに急遽変更。
ユニコーンは前から欲しかった。
これらは年末作る予定。

HDDはXBOXONE用に。
内蔵500GBだけでは少ないけど3TBも要らないと思った。コスパだけみると3TBだけどね。
カスタムサントラが残っていたら3TBにしたかも。

しかし、割引券使って3000円分割り引かれてるはずなのに、Amazon価格と比較すると差額が1000円程度なのが嘆かわしい。
持って帰る手間も省けるので、やっぱり通販の方が安くて便利となってしまうのだろうか。
店頭での販売にも頑張ってもらいたい気持ちはあるのだが・・・。

後は今年の散在も恒例のXBOXLIVEカウントダウンセールくらいかな。
例年通りなら18日くらいからだったはずだよね。
ブラックフライデーからあまり時間が空いていないのだが、やるよね?


posted by ナスターシャ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

XBOXONE Defense Grid 2 レビュー

さて、イージーながらストーリーはクリアし、適当に難易度や条件を変えてプレイしている現状で「Defense Grid 2(DG2)」のレビューしてみる。

DG2は最初こそ前作と同じだが、ゲームとしての楽しみ方は全く異なると感じた。
一つはタワーアイテムの存在。ステージクリア後にランダムでタワーを強化する装備のようなものがが手に入るのだが、これがレベルアップに相当するシステムになっているのでRPGのように育成する楽しみが増えた。
※タワーアイテムを使わずにプレイすることも出来る

前作は割合で資源(タワーを建築・パワーアップさせるために必要な所謂「通貨」)が増加するので、ケチればケチるほど後半の資源の増加が加速度を増していた。借金が雪だるま式に増えるパターンをイメージしてもらえば判り易い。ということで、パターンの少ない序盤に最小限で構築してしまえば、後半は余裕が出来た。
しかし今回のDG2では増加が一定(?)になったため後半でも得られる資源はそう変わらず、難易度は少し上がった。

ただ、この二つは、タワーディフェンスの詰め将棋的な要素を台無しにしたとも言える。
タワーアイテムはやりこめば強いものが手に入るので皆が同じ条件で開始するわけではなくなるし、割合で資源が増えるわけではないのでパターンを構築して桁違いのスコアを叩きだせる魅力も減った。

個人的には重要な要素だっただけに最初はガッカリしたのだが、絶妙な難易度設定もあって意外と楽しめている。
DMMのアイギスに近くなった印象を受けた。
posted by ナスターシャ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) |  → レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする