2014年12月28日

YU-NOついに移植か

https://twitter.com/chiyomaru5pb/status/549119955229085697/photo/1

5pb.の志倉千代丸氏がTwitterにて「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」の移植をほのめかす言い回しをしている。ユーノがちょっとイメージ違うけど、下にリフレクターデバイスがあるし、宝玉8個(PC版の最大数)があるからまず間違いない。
それならカオチャ前に発表しておいてくれれば、勢い余ってお布施しただろうに。

どこまで再現できるか。どこまでリメイクできるか。
声優は総とっかえだろう。ここは仕方が無い20年近く経ってるしな。青野武はもう居ないし・・・。こやまきみこくらいは残るか?
システムはどうするのかな?今風のあっさりしたアドベンチャーにしたらYU-NOという作品自体が壊れるし、かといってADMS残すと面倒だと言われそう。異世界編のADMSをどうするのかも気になる。
画面クリックのテキストアドベンチャーをどうするかという問題もある。場所総当りの面倒なフラグ管理は流石になくなるだろうが、かといって場所を3択で選択するようにあっさりしすぎていたら面白味が減る。
ハードはどうなるかな?リアルタイム世代狙うと35歳以上。中二の時にSS版をやってた私のようなのを入れても30歳くらい。ターゲットはほぼ男性。と考えるとXBOXONEもありかと思ったが、現状だとオッサンでさえPS4の方が多そう。まぁ、PS4やVitaだったとしても私は本体ごと買うと思うけどね。

可能性は限りなくゼロに近いと思っていただけに、YU-NO移植は嬉しい。以前、移植しなくていいなんて言った気もするが、やはり現実味を帯びてくるとワクワクするものがある。
出来れば、ついでに慟哭もお願いします。
posted by ナスターシャ at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする