2015年12月29日

ゲームランキング2015年版

今年も恒例の、私がプレイしたゲームをランキング付けしていこうと思う。

今年の候補はこちら。
WiiU Splatoon
WiiU スーパーマリオメーカー
WiiU ゼノブレイドクロス
PS4 Dead or Alive 5 Last Round
XBOXONE 無双OROCHI 2 Ultimate
XBOXONE Geometry Wars 3
3DS レジェンドオブレガシー
3DS カタチ発見!立体ピクロス2
3DS ファイアーエムブレムif(白夜/暗夜/透魔)
3DS ポケモンピクロス
Vita 勇者のくせにこなまいきだ
Android リトルノア
Android ファイナルファンタジーレコードキーパー
Android ファイナルファンタジーブレイブエクスヴァリス


今年はこんなところかな


1位 Splatoon(WiiU)
これほど新規の多いゲームも少ないと思う。発売から半年たっているにも拘らず、クリスマス時期でまた増えた。
デフォルメされたキャラ、アップテンポなBGM、分かりやすいシステムと操作性、アップデート頻度、どれをとっても上質で、それでいて新しいものになっているという凄まじい完成度。E3時から注目していたものの、これほどとは思わなかった。
武器によって塗れる濃淡が変わったり、4組に分かれたりと、操作性は変えずとも続編は作りやすいかもしれない。

2位 ファイアーエムブレムif(3DS)
ストーリーを無視すると透魔だけで事足りるのは如何せん納得がいかない部分もあるものの、覚醒よりは楽しめたかな。

3位 カタチ発見!立体ピクロス2(3DS)
そこそこ出来は良いのだが、やはり実質2色にしてしまったところが難点。
これがなければ2位だった。

4位 ゼノブレイドクロス(WiiU)
程よい中二病が心地よい。
でも、ドールは不要だったと思います。

5位 Geometry Wars3(XBOXONE)
1も2もほぼ含まれる内容で更に進化したのは凄い。
平面シューティング系では一番好きなタイトルです。


ということで、順当(?)にSplatoonが1位でした。プレイ時間もダントツ。
マリオメーカーは個人的にはガッカリな出来だったので、圏外。
posted by ナスターシャ at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

WiiU Splatoon その11

フェス2回分くらい休んでたけど、今回のフェスから再開したよ。

フェス中はヒッセン・ヒューばかり使っていたけど、L3リールガンを使い始めたら新たな境地にたどり着けそうな気がしてきた。
一度も使ったことのない武器を使ってみようと思って、適当に選んでみたら当たりだったようだ。

L3リールガン
メインウエポン → 3点バースト
サブウエポン → ポイズンボム
スペシャル → メガホンレーザー

メインウエポンは、飛距離と威力が結構あるのでタイマンもできて、連射力もあるので塗り性能もそこそこ。
タイマン性能で悩んでいた私にとって、この武器は救世主かもしれない。
欠点は、道を作るにあたって多少足元が塗りにくいことかな。

サブウエポンとスペシャルは微妙。
ポイズンボムは塗りに弱いのが難点。まぁ戦闘時には普通に使える。
メガホンレーザーはリロードと考えて、溜ったらすぐに打つ。狙う場所がなければ本拠地に打つ。リスボーンしてからの足止めに少し使えるからね。

そんな感じでナワバリとガチを7:3くらいでやっています。
posted by ナスターシャ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

XBOXONE 下位互換 その2

第2弾が発表されました。

Braid
Dungeon Siege III
Fable III
Halo Wars
Halo: Reach
Hydro Thunder
Iron Brigade
Motocross Madness
Peggle
Portal: Still Alive
Spelunky
Splosion Man
Ticket to Ride™
ズーマ・リベンジ!
デウスエクス

うーん。思ってたより少ない。
米公式的には「初回100本、以後毎月追加」という意味だったらしいが、日本MSが誤訳したのか「毎月100本」とか言い始めたからおかしくなったんじゃないかな。まぁ途中で消してたけど。

Braid・Iron Brigade(Trench)・Peggle・Portal・HaloWars辺りは嬉しい。

しかし、パッケージ版のHaloWarsを入れてもインストールできないよ?DL版のみ対応?
日本語版ディスクからのDLは紐付けしてませんでしたー。というオチのような気がするけど。
2015-12-19 (1).png



追記 2015/12/22
HaloWarsの互換は間違いだったそうです。
http://blogs.technet.com/b/xboxjapanblog/archive/2015/12/21/halo-wars.aspx
posted by ナスターシャ at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

3DS ポケモンピクロス その2 レビュー

セール分の480円だけピクロイトを購入したよ。
でも、3枠開けたし、エネルギーも増やしちゃったし、ステージ6と7は両方行ったから、まだステージ20。
でも、クリア後にレビューなんて考えていると年を越すだろうからレビューするよ。

システム部分はピクロスeシリーズの劣化版。
一部キー操作中でもでタッチが必要になる場面があるが非常に面倒。

ピクロス部分はeシリーズと大差ないが、ポケモンごとの能力によってボムなどでヒントが得られるので、ピクロスとしての難易度は非常に低く、初心者向けと言える。
ダークライなんて使った時点でランダムで120マス開けちゃうんだよ。10x10の問題の場合は100マスしかないから、使った時点で全部開けちゃうんじゃないかな。
ポケモンの能力を使わなければ、いつものeシリーズくらいの難易度。仮置きなしで遊べる出来です。

ちなみにステージ21を開放するのに必要なピクロイトが230で、一日で貰えるピクロイトが現在12個(ミスなしでデイリー問題をクリアした場合)。ステージ20の道中で30個くらいピクロイトを貰えるとはいえ、15日以上は足止めを食らう。
もうやることがないので、フリーズタイムを使用して0:00クリアを増やしていってるよ。

ポケモンのゲームとして見ている人にとっては、そこそこ良い出来だと思う。
ピクロスがやりたい人にとっては、ピクロスeシリーズか立体ピクロス2の方がいいだろう。
私の場合、他をもうやりつくしたから仕方なくポケモンピクロスをやっているわけだが。

もう何度も言っているが、WiiUで出してくれないかね。
それなら80x45くらいの問題はいけるんじゃない?拡大部をゲムパに表示させてさ。
是非お願いします。

ファミ通的得点
6・4・7・4
posted by ナスターシャ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) |  → レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

Vita/iOS/Android ロマンシングサガ2

ロマサガ2がリメイクされるらしいが何が変わったのだろうか?
アプリ版の追加も入れ込むらしいが、どれほどのものやら。

特にロマサガ2なんて周回重視だし、いまだにプレイする人も多い作品。
「20年前の作品を20年ぶりにもう一度プレイする」ではなく、「ずっとプレイし続けてきたロマサガ2がどう変わるのか」という部分が重要。
アニメーションを入れました。街が奇麗になりました。そんなことはどうでもいいんだよ。ずっとプレイしてきたユーザーは既に脳内で補完している。
新イベントによってフラグ管理がどう変わるか。キャットイベントの宝箱無限がなくなることによってどこで稼ぐか。そういったものに期待をしている。

あと、歴代皇帝が死んだ場所にお墓を立てて欲しい。ルドン高原がどうなるか。
「第2代皇帝 ベア 1011年 ここに眠る」ってセリフが入ってたりね。
でも墓参りイベントなんてものは不要だ。ポツンと墓が立つ。それだけで十分。
墓参りはユーザーが勝手に脳内補完して楽しむくらいが丁度良い。

ロックブーケ エイルネップ → 沈んだ塔
スービエ 沈没船 →ワイリンガ湖
というように2度出現するようになっていたりといった、クリア後や直前の隠しダンジョン以外での追加が欲しいなぁ。

とはいえ、グラフィックを追加しただけのベタ移植になりそうな予感もしている。
果たして、この不安を取り除いてくれるのだろうか。
posted by ナスターシャ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

Win ラストレムナント 改善案

正直、ラストレムナント(以下ラスレム)はPC版でも不十分だと思うんだ。
そこでラスレム改善案を提示してみる。
ちなみに、普通にプレイしただけの人は何を言っているのかわからないかもしれないが、攻略本(ラストレムナント公式コンプリートガイド)を熟読したユーザーにならある程度理解してもらえるものだと思う。

低BR法などの色々な方法が確立されたのは、そもそもの問題が「仲間になるのが遅すぎる」「仲間になった時点のステータスが固定」という問題からきている。(能力カンスト目的もあるみたいだけど)
ルセチウスを使おうと思ったらウンデルバルト到着後だから、サブクエスト含めたクリアまでのストーリーを考えると8割は消化済み。残り2割で楽しめと言われても・・・。PC版の追加要素である7人衆に至ってはサブクエストをすべて攻略した後という遅さ。
かといって後半に至るまでに結構な差がついた状態で仲間になる。序盤にレベル上げをしすぎた人ほどラスレムは楽しめる部分が減ってしまう。

個人的に丁度良いと感じるのは、エリュシオン到着時点で8割の仲間を集めきれること。そして、残り2割をナーガプール時点までに補完すること。
7人衆は1周目は全クエストクリア後、2周目特典で序盤から雇用可能にすれば良かった。



また、5ユニオン18人制限はマシンスペック上での制限を感じる。
TLR_EEでの7ユニオン35人編成の方が面白いことを考えると、これを基準にゲームバランスを再考して欲しい。
しかし、そもそも7ユニオンの方が面白い理由として、モラルによってコマンドが制限されることを緩和させるために、ほぼ確定で技を選択できるリーダーを増やし、AP回復を増やすために人数を増やすという方向性に向かっているという点が挙げられる。
ということは、ユニオンごとのモラルによるコマンド選択をもう少し緩和することが最重要に思える。また、分かりづらいユニオンごとのモラルを廃止し、全体モラルのみでの運用で良いのではないだろうか。

これに関しては、全体モラルの多い方をパーセンテージ換算し、青70・赤30の時は7割はアーツを利用するコマンドが出現するように調整してくれると、もっといろんな技を駆使した戦闘になると思う。
青30・赤70でも7割アーツ。そうでないと不利なときますます不利になっちゃう。
また、FA・MA・IAを混ぜたコマンドが一般的な方がいい。これらを混ぜるコマンドの少なさがラスレムの評価を下げていると思う。

例:モラル青70%・瀕死時・FA主体PTの場合
FA0・回復0・通常5
FA2・回復1・通常2
FA2・回復0・通常3
FA1・回復3・通常1
FA4・回復0・通常1

のような5項目が欲しいわけだ。

逆に通常攻撃を多めに見せたいという意思が明確なのであれば、やはりXBOX360版のようなリーダー制限を設けた上で更に、アスラム兵は通常攻撃しかできないユニットとして存在させる方が理に適っている。
それなら実質5人パーティの体裁を保ったまま大人数を指揮する感覚を味わえる。

XBOX360版は使いにくいアスラム兵を使ってこそ!という小隊としての面白さがあった。
PC版は小隊感覚を軽減して技のオンパレードでの爽快感に重点を置いたように思えたが、些か中途半端さが目立ってしまった。

ラスレムの完成形は、上記のアスラム兵は通常攻撃のみのユニットという設定で、
1小隊=5人(リーダー1人+アスラム兵4人)
1中隊=5小隊
1パーティ=5中隊 ←ここを指示するコマンドで戦う
という125人パーティ設定かなぁと思うわけだ。

収拾がつかない考察になってきたが、現状の人数で爽快感を上げるには、やはりモラルによるアーツ制限を緩和する必要があると感じている。
「ミスティックアーツで攻めろ」の詳細を見て、「アサルトアシッド・攻撃・攻撃・攻撃・攻撃」って何か寂しいじゃない。それなら「アサルトアシッド・シャインミサイル・払い切り・ブルーポーション・ブラフ」とかいうコマンドの方が面白そうに感じるのでは?ということなのさ。
PC版では使わせたくないアーツは封印できるのだから、尚更そう思うわけだ。


あと、細かい部分を再考してみる。

武器自動成長は良いとして、アクセサリはユーザーに委ねた方が良いと思う。
移動速度は現行の1.3倍程度が理想。さらに速度2倍のダッシュ機能があれば尚良し。
エイムタイムも成長してほしい。自分の能力にあったリンク数を考えると現状のエイムタイムは短すぎる。
ドリルの回数制限は廃止してもいいと思う。ダンジョンを出たり入ったりは面倒。
扉の開閉・崖を降りる・階段の昇降・宝箱取得・ドリルの演出が長い。
陣形の説明が少なすぎる。初見では無駄機能に過ぎない。
ユニークリーダーのクラスチェンジくらいは選択式にしてくれても良いのではないだろうか。
ギルドアドベンチャー指定のレアモンは、マップに入った時点で居るかどうか分かるようにして欲しい。
仲間トークは面倒。町の出入りによるフラグではなく、進行度合いやリアルタイム縛りの方が良いと思う。


逆に言えば、これ以外は非常に面白いRPGであることに変わりはない。大元がダメならこれだけ細かい改善点を要求することもないわけだ。
それに、本来なら発売から6年も経って言うべきことではないのだが、今再プレイして尚こういう感想が出てくるのがラスレムの凄いところ。
ラスレムは敢えてラスレム2にしなくてもリメイクで十分に再プレイ可能なだけのゲーム性を持っている。実際、XBOX360版を実績コンプしたにも関わらず、PC版を3周くらいしているわけだし。

PS3版を凍結させているはずなので、それをPS4移行して出してくれないかなぁ。
posted by ナスターシャ at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

PSV/Win EVE burst error R

真の完全版が来たのかな?
http://www.famitsu.com/news/201512/03094399.html

結局Plusとか1stとかは何だったんだろう。
Plusは原作をそこそこ残しつつプレイしやすくなっていたので許せたが、1stなんてプレイしやすくても色々と酷い出来だったからなぁ。
「オタマジャクシ」は戻るのか?それが重要だ。

Vita版は要らないけど、Win版が18禁なら買うかなぁ。一般でも買うかも・・・。
posted by ナスターシャ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3DS ポケモンピクロス

ポケモンでピクロスというこのゲーム。12月2日配信。
基本無料のゲームで、ピクロイトというアイテムを使うことでステージなどを開放できる。
このピクロイトが有料なのだが、さすが任天堂というべきか、ちょっとした、いや壮大な配慮がなされている。

x200 80円(セール)
x800 400円(セール)
x200 150円
x1000 700円
x2000 1300円
x4000 2500円

となっているが、購入できる個数の上限が5000個と設定されている
この上限を超えるとどうなるか?

なんとピクロイトが無限に!!

要するに、買い切りですね。任天堂らしい、実に潔い売り方だと思うね。

一番効率の悪い200個(150円)x25個買ったとしても3750円で5000個になる。
なお最大効率は、4000個(2500円)+800個(400円)+200個(80円) = 2980円。
セールが終わると、4000個(2500円) + 1000個(700円) = 3200円。
セール品は1回のみのようだ。
とりあえず200個だけ買ってみた。

Vitaの「勇者のくせにこなまいきだ」も買い切り版があったが、こういったソフトをもっと増やすべきだね。
※「勇者のくせにこなまいきだ」は上限設定がないので、買い切り版以外は何度も購入できてしまうはず。

私が頑なにスタミナ購入を拒んできた甲斐があったのかな。私はガチャ含めて買い切りのDLC以外は一度も買ったことがない。スタミナ購入が存在するゲームは今後も買うことはないだろう。

で、ゲーム内容を見てみよう。
まだ序盤なので5x5・10x10がメイン。1つだけ15x15があった。
公式を見る限りでは20x15までありそうなので、ピクロスeシリーズと同等。メガピクロスもあるらしい。
ピクロス自体はそんなに難しくない上に、ミッションのクリア条件として各ポケモンの補助機能を使うことが条件となっているので、非常に簡単。まだ序盤だからね。

もっと大きなピクロスもやりたいのだが、解像度の問題なのだろうか?
もしそうならWiiU版を出して欲しいところ。3DS版を基本に100問くらい大型ピクロスが追加されていたら嬉しいのだが・・・。

ちなみに、ステージクリア以外でのピクロイトの獲得方法は、1日1問解くことにって4個程度のピクロイトが貰えた(徐々に増える?)。
次(ステージ5)に進むのに必要なピクロイトが80個となっていたので、相当気長に待てる人以外は「購入」か「辞める」かの2択を迫られるだろう。

買っちゃおうかなぁ。
posted by ナスターシャ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする