2016年10月27日

ギレンの野望

何度目かの「機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜(PS)」をプレイしている。
系譜はまぁまぁ好きなんだけど、いまいち好きになり切れない部分がある。
それが2部。

1部のようにイベントが盛り沢山なわけでもなく、序盤のやりくりが面白いわけでもない。
ある程度強化しておけば、ただ大量に作って叩くだけ。
蛇足感が半端ない。

それは私がノーマル程度のレベルでやっているからかもしれない。
しかしそれ以上の難易度にすると序盤が攻略できなくなるんだ。
そう考えると、SS版のギレンは丁度良かったと思うわけだ。

しかしSS版をやろうという気になれない。
スタックが面倒だったりとUI周りは酷いものだ。
61式戦車とTINコッドのペアで世界各地を制圧して回ったり、本体とは反対側から1機だけ攻めて囮にして本体で本拠地を落としたりと、今のシステムではできないことが懐かしく、SS版を異様にやりたくなることもあるんだけど、操作にどまどって辞めてしまう。
システム面は大好きなんだけどね。

アクシズVもあるけど、あれも結局蛇足なんだよなぁ。
新ギレンがSS版のシステムでUIだけアクシズVなら良かったのに。
非常に悔やまれる。

あと、デプロックだけ異様なまでに毎回仕様変更されてるよね。
3機から1機編成になったり、射程が1から2マスになったり、生産期間が1ターンになったり2ターンになったり。
単純にフライマンタの上位互換だったSS版が一番好きかなぁ。3機編成・射程1・生産1ターンの時ね。

機体数制限もSSの頃は良かった。
ガンダム1機、キャノン3機、タンク6機までだっけ?もう、うろ覚えもいいところだけど、これら3機種をどこに配置するかで戦局が左右される様はアニメの一騎当千感が出ていた。
これがあったからこそ、量産期最強のジムスナイパー2にスポットが当たっていた。
まぁ、ガンダム量産も夢があるんだけど、ターン数で量産数を変えると面白いかもね。

ただ、レビル・ギレンが落とされたらバッドエンドに移行するのは流石にダメだよなぁ。
あれの所為でSS版のレビルとギレンは使わなかった。

系譜は外交が好きだったね。基本的に余る資源を渡して資金や技術を儲けるってのは良かった。

そんなことを思いながらプレイして、現在、連邦1部でア・バオア・クーまで攻めて止まっている。
もう面白い部分はほとんど終わったので、今度はジオン編をジャブロー制圧前までやろうかと。

登場機体数とUIだけが進化して、システムが退化しているのがギレンの野望なんだよなぁ。
SS版と系譜の2バージョンをアクシズVと同一UIでリメイクしてくれないものかね。

ちなみに、ジオン独立戦争記は見たことすらないです。
posted by ナスターシャ at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

Nintendo Switch

次世代機としてNXと公表されていたゲーム機が、Nintendo Switchとして公開された。

Nintendo Switch

私が個人的に考えていた「スマホ 兼 携帯機 兼 据置機」というものではなかった。
「タブレット 兼 据置機」といったところか。
携帯機路線との合体というよりは、どちらかというとWiiUのパワーアップ版だよね。

WiiUと違う部分は、タブレット部をサブディスプレイとしてではなく、タブレットもTVも両方をメインディスプレイとした点。
サブディスプレイとしても使えるかもしれないが、第一報で両方メインディスプレイとして見せているということは、こちらが主体となるのだろう。
それによってTVとの通信範囲内ならTVとも繋がり、それ以外ではタブレット単体で動作するというWiiUにはできなかった芸当を可能にした。

ただ、個人的にはこの路線は微妙。
VRでスクエアが取っ払われるのに云々・・・といった話ではない。VRに関してはひとつ前の記事を参照していただきたいが否定派だ。
WiiUよりは薄くなっているが、横幅はそれほど違わない印象を受けた。7インチくらいかな。
そもそもタブレットの魅力って何?持ち運ぶなら大きすぎるよ。スマホサイズの5インチ程度が最適だと思われる。
飛行機の中でプレイしている映像があったが、そんなに頻繁に乗らない飛行機よりも、バスや電車の中を考えてほしい。タブレットの大きさだと結構邪魔になる。

また、子供向けとしての路線が見られない。おそらく任天堂自体も子供向けとして売り出そうとしていない。
というのも、日本はアニメ文化が根強いことも影響してか「かわいい」が許されているが、他国では大人になると「かわいい」は同時に「恥ずかしい」にもなり得る。
日本の様にこうでなければいけないという考え方がないので、「かわいい」を求める人たちが弾圧されることはないが、男女ともに大人になれば「かっこいい」を求める人の方が主流だろう。
そこにターゲットを向けたように見えた。あくまで本体は。

そんな中、ゼルダはともかく、マリオやスプラトゥーンは合わないでしょう。
どっち付かずに見えてしまう。

日本をメインにしても割に合わないのはどうしようもない事実なので仕方がないよ。
でも、欧米諸国の人たちが求める「Cool」とは少し違うような気がするんだけどなぁ・・・。
どうなんだろう、その辺り。
任天堂の持っている既存コンテンツ内でのCoolが無かったので、仕方なく採用したのかな?とも思えるが。

あと、この動画からは、既存のゲーム路線しか見えない。
所謂、Call of Duty・Battle Field・The Elder Scrolls・Assassin's Creed・Grand Theft Autoと言ったゲームをプレイするためのハードだ。
Wii・WiiUと新しい物を求めに行った任天堂が、ここにきて既存路線に立ち戻ってしまうのか?という部分も非常に残念に思う。

あとは処理能力の問題。PS4やOne並みの処理能力が出せるのか?
流石にWiiU・PS3・XBOX360よりは上だろうが、PS4Pro・Scorpioが控えている今、据置を見据える以上は最低限PS4・Oneレベルは必要かと思われる。既存路線なら尚更だ。

ということで、任天堂らしさのようなものが見えない。どこか屈してしまったような、そんな印象を受けた。
posted by ナスターシャ at 00:39| Comment(2) | TrackBack(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

VRのデメリットについて考える

VRに関して書いたことはあったっけ?
個人的には何度も書いたつもりなんだけど、記事として上げたことはなかったような。
いつも反対意見ばかり書いて、ネガキャンステマのような文章しか書けなかったので上げる前に消していた。
でも今回は書くよ。アンチだけどな。楽しんでいるのに水を差されたくない人は見ない方が良いと思うよ。

PSVRの販売台数が出た。

「PlayStation VR」の初週販売数は5万1000台。「ライズ オブ ザ トゥームレイダー」などの新作もランクインした「週間販売ランキング+」(4Gamer.net)

5万台という数字。流行っているかどうかの指標でいけば流行っていないと言い切れる売れ行きだろう。
しかし、5万円もする周辺機器の売り上げ台数と考えればそこそこ売れていると感じる。
ジワ売れもあり得るかもしれないと思わせる微妙な台数ではないだろうか。

しかし私は、VRに魅力を感じることができない。
では、私が何故アンチに走るのかというと、過去、ギミック目的でWii・Kinect(新旧両方)を買い、そして大画面目的でプロジェクターも買ったが、どれもイマイチしっくりこなかった。
この3つの延長線上にあるものがVRのような気がする。

まず、Wiiとの類似点。
WiiもVRもゲームに対して新しいものである。そんな中で、既存のゲームから少し離れて別のアイディアでゲームを作れと言われた時、どのメーカーも回答が出せなかった。
絶大な普及台数を誇っていたにも関わらず、Wiiリモコンの特性を生かしたゲームを作れず、結局それ以前のゲーム形態で食いつなぐ状態が続いている。
他国ならそれでも売れているからいざ知れず、明らかに縮小傾向にある日本でもこんな状態で据置縮小を招いている。

そして、Kinectも同様だ。
Wiiの失敗があったにも関わらず、Kinectを使いこなしたゲームは出てこなかった。
こちらは日本では仕方のない部分もあるが、海外ではそれなりに普及してたはずだ。

そして今回のVR。果たして2度失敗したメーカーたちが3度目で何とかなると思うか?
「(ハードメーカーであり今までこれらに参加してこなかった)ソニーなら。ソニーなら何とかしてくれる」そう思いたい人たちもいるだろう。
しかし、ソニーのゲームが革新的だったことがあっただろうか。
面白さならあったかもしれない。だが、革新的だったか?と言われると疑問を投げかけざるを得ない。

しかも、PSVRのゲームにはカメラやMoveを使うものも多い。結局そっち(体感)系ということではないの?

次に、プロジェクターだ。
私がプロジェクターを購入するに至った経緯は大画面への憧れである。しかし、暗くしなくてはいけなかったり、常用するにはランプの寿命が短かったりといまいち使いこなせなかった。
その次に考えたのがヘッドマウントディスプレイ(HMD)であり、PSVRの話が出てくる以前からHMDの購入検討はしていた(HMZ-T1の頃)。
ここでプロジェクターとHMDの両方に共通する最大の弱点を見つけた。毎回の利用するまでのハードルが高いこと。
テレビが電源スイッチを入れるだけに対して、プロジェクターは起動が遅いし、調整も必要だ。HMDは着脱が面倒。そして双方ともの問題点が、テレビを見る以上に制限される体勢。これらを考えてHMDは断念した。
そんな中VRが現れたわけだが、当然HMDが抱えた問題をそのまま引き継いでいる。これらの懸念材料を覆すだけの回答は今のところ出ていない。

そして、今回PSVRが出るにあたって考えた末の問題点が「視覚の遮断」。
現実世界の周りの環境が見えない恐怖。前方にカメラが付いて、切り替えたり透過したりと疑似MRのようなことができるのであればVRも少し考えられたが、現状では恐ろしくて集中できない。
自室に親がいつ入ってくるか分からないような私の環境ではなおさらだ。

次の要因はMSのHoloLens。
これはVRではなくMRと呼ばれるVRとARの中間のような存在だ。私はこちらの方に期待を傾けている。
装着の煩わしさはあるものの、視覚の遮断がないことは大きい。
また、テレビやスマホとの併用など、拡張性も分かり易い。
GoogleGlassが発表された時も凄く欲しかった。

これらの要因を考えたとき、VRのメリットである「没入感」に対するデメリットが大きすぎると判断し、マイナスな考え方を拭えない。
そもそもストーリーを重視しない私が既存のゲームに「没入」することも少ないので、「没入感」自体への欲求が少ない。
先行投資と考えてもいずれはVRからMRに進化し、VR寄りのMRか、AR寄りのMRかという区別になりそうなので、MRの方が先行投資先としても有力。

MRの物理的なレイヤー構想とか面白そうじゃない?
透過ディスプレイを何枚か重ね合わせて物理的に3D空間を表現するの。
そんな技術があるのかも、技術的に可能なのかも知らないけど。

ということで、VR単体への興味は今のところほぼ無い。
VR専用ソフトで惹かれる物があれば、そこでまた何らかのアクションを起こすかも?といった程度だ。
posted by ナスターシャ at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

[PS4] YU-NOまた延期か・・・

http://yu-no.jp/news/

真の発売日は3月16日だそうで。
まぁ、ここまで来たら納得できるまで作り込んでくれればいいさ。
20年待ったんだ。数か月くらい。
ただし、決算直前という発売日が不安を掻き立てるが・・・。

こっちが納得できないものなら容赦なく扱き下ろすけどね。
問題は私が満足できるかどうかだ。中途半端なものを出してくれるなよ。

こちとらソフト単体の1万円分だけじゃなく、PS4代金を含めた5万円分。何ならVita代金も含めた8万円分期待してるんだからね。
posted by ナスターシャ at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[XBOX360] 互換でロスオデ

XBOXONEの互換機能を使ってロストオデッセイを始めてみた。

「白い花」で違和感を覚えた。この話は200年前に地震で廃墟となった町が復活祭というお祭りを行っているというお話。
序盤に「ビルや道路があっけなく崩れ落ちて」という言い回しがあるが、この世界に不釣り合いな言葉に思えた。
「ビル」はそのものに関して。大きな建物でも「ビル」とは呼ばない文化のような気がした。
「道路」はその後の「あっけなく崩れ落ちて」にかかるのに違和感。道路が崩れ落ちるという表現は空中に道路が出来てからの表現ではないか?所謂、高速道路のような物。
橋の上の道路が崩れ落ちるのであれば理解できるが、それなら「橋」と言うだろう。道路なら、「崩れる」だけの表現が正しい気がする。
どうにも阪神大震災をイメージしすぎている感があるように見える。(ロスオデ発売時にはまだ東日本大震災は起こっていない)

もしくは、プロデューサーの坂口氏は重松氏にあまり注文を付けなかったということなので、私が抱いている世界観と重松氏が描いた世界観が別物なのかもしれないが・・・。

以下、感想。

「ハンナの旅立ち」
普通にいい話。涙腺を容赦なく刺激してくる。

「嘘つき少女」
イソップの「オオカミ少年」かと思いきや、少し趣向を変えた亜種とも言える内容か。
しかし、嘘があるから信じることができる、と終わり方を美談っぽくしている部分に少し疑問。
それを言ってしまえば、そもそも嘘が無ければ敢えて信じるという選択をする必要さえないのだから。
その過程が美しいとでも?

「白い花」
十数人の嫁とその子供がいた内の一人の話だが、あれ?1000年前からサラ(嫁)とは知り合いじゃなかったの?という疑問が残る。
前述通りメインストーリーとの関係はあまり気にしないようにしようとしているが、その印象が強すぎて物語が入ってこないという本末転倒な事態。
あぁあの話ねくらいにしか覚えていない。

「さかのぼる民」
やっていること自体は馬鹿馬鹿しいこと。
しかしそれを馬鹿だと決めつけることの無意味さ、愚かさ、乏しさなどが詰まったこの小説は、ハンナのような泣かせる要素は少なめに見えるが、何故か泣ける。

あとは、プレイに関して。
ロードは確かに短い。気になる部分が激減してプレイは格段にしやすくなっている。
ONEを所持していてロスオデ未プレイという人は少ない気もするが、気の短い人でも大丈夫だと思うよ。

あと、音はこんなに良かったっけ?
当時も大差ない環境でプレイしていたはずなんだけど、環境音が心地よい。
ONEになって変わったかどうかまでは分からないけど。

しかし、最初のボス戦はやっぱりキツイなぁ。
1ターン目しかダウンバーストをしてこなかったから良かったものの、2回やられたらやっぱり壊滅じゃないか。
それともヤンセンが魔法攻撃をした次のターンはヤンセンに単体攻撃してくるのが確定するのかな?

今のところ、本編はそこそこ、千年の夢はそれ以上には楽しめている。
互換でここまでじっくり遊んだのはこれが初かな。

ロスト オデッセイ(特典無し) - ロストオデッセイ Xbox 360 プラチナコレクション - 永遠を旅する者 ロストオデッセイ 千年の夢 (講談社文庫) -
posted by ナスターシャ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

ドラマ IQ246

なんだこの古畑。

まぁ、タイミング的にはベストかなぁ。
古畑が恋しくなってくる時期ではある。

結構面白いよ。
posted by ナスターシャ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ 逃げ恥

これ、ガッキー最高のハマり役だろう。

録画していたのをようやく見たんだけど、この違和感、嫌いじゃない。むしろ好きです。
今回はこのドラマが一番面白そうかなぁ。
posted by ナスターシャ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

格ゲーはジャンケン

格ゲーってジャンケンするだけじゃんとよく揶揄されるが、ジャンケンやりたくて格ゲーしてるんじゃないのかな?
少なくとも私は連続したジャンケン合戦が楽しくてプレイしているのだが・・・。

ジャンケンを極力なくしたら、どこに面白みを求めるのだろうか。
posted by ナスターシャ at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

XBOX360 むちポはいつの間にプレミアが付いたんだ?

XBOX360 むちむちポーク&ピンクスイーツ 8300円
XBOX360 天外魔境ZIRIA 4500円
PS4 DOA5LR 2800円
PS4 DQH・イグジストアーカイブス・SO5 平均600円

で売ってきたよ。

むちポと天外はネットで買い取り価格を見てこんなに高いとは思わなかったので、急遽掘り出して売り払ったよ。元々同じ店舗で各2980円で買った記憶があるのだが・・・。
どちらも少しプレイして辞めたタイトル。コレクションしておきたいのもあったが、どうせやらないと思って売っちゃったね。
ヤフオク見ても少し高い価格で売れてなかったから、相場くらいなのかな?

DOA5LRはまだ少しはやるだろうけど、一番の原因はDiablo3ROS。
共にパッケージ版だったのだが、ディスクの入れ替えが凄く面倒なんだ。
Diablo3ROSの廉価版は12月なので、今売ってそれまで待つなんてことはできない。
DOA5LRはDL版30キャラがセール中で2500円くらい(11日まで)だったので、そちらに買い替えればいいかなという魂胆。
DL版のキャラだけにする問題点はストーリーモードが別オプションなので出来なくなるくらい。トロフィーは全部取り終わり、ストーリーはもうやらないので大した問題ではない。
どうせブラッド・バイマン・バース・レイファン・ヒトミ・ハヤテ・アインくらいしか使わないんだけど、全キャラ(直虎・舞は別売)で2500円なら個別に6キャラ買っても大差ない。(ハヤテは基本無料版に付属)

あとのPS4の3タイトルは元々1000円くらいで買ったので誤差の範疇。
DQHとSO5は値段分の元は取れたと思う。
イグジストは1時間くらいしか持たなかった。

XBOXONE版マイクラも持って行ったのだが、買取価格200円と言われて売るのをキャンセルしたよ(´・ω・`)
360版でさえ1000円買取なのに、扱い酷過ぎ。
まぁ980円で買ったんだけど。

あとはPS3のガンダムブレイカー2を買ってきたよ。1500円。
後でAmazonを見たら、Amazonの方が安かったよ(´・ω・`)
送料無料の2000円にするのに使えばよかった・・・。
posted by ナスターシャ at 16:07| Comment(2) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

ドラマ レンタル救世主

やっぱ志田未来いいなぁ。
ブサイクに泣くという演技をちゃんと出来てる。
普通の女優なら下手な見栄(事務所NG?)が出て微妙なところで落ち着くだろうけど、その後の「泣き顔までブサイク」というセリフからそうしたのだろう。
他のドラマで泣きの演技見たことあるけど、ちょっと違う感じだったもの。
あと、音感は見た感じあまりなさそうなんだけど、泣きながらのラップも良い感じだった。

でもあのジャニーズは注文多そうだなぁ・・・。

あと、嫁、稲森いずみだったの!?
なんか違う・・・。

ドラマとしては微妙。
一応次回も見るけど、志田未来が出るから見るだけ。
まぁ1話に演技の見どころがあったから、今後の展開にも期待。

最近こういうのが多い。
STとかセイラとかまっしろとかゴーストママとか信長のシェフとか、志田未来の出るドラマは何故微妙なドラマばかりなのか。
好きなのは「秘密」と「ブラックボード」くらいかな。次点で「リセット」か。
割と有名な「女王の教室」とか「14歳の母」辺りは見てないんだよねぇ。
もっと演技派で売って良い気がするんだけど、おちゃらけが多くて残念なんだよ。
posted by ナスターシャ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

キングオブコント2016

一通り見てみた。
私はタイムマシーン3号押しなんだけど、1本目は大道芸を見ているようで・・・。
でも、2本目はホントに面白かった。

芸人の審査対象って「コンビ」って部分が大きいような気がする。
ジャンポケは1本目で斉藤重視のジャンポケから脱却した感じで評価されたのに、2本目は斉藤重視に戻ってしまった。そこが設楽の点数の低さなんじゃないかなぁと。
タイムマシーン3号なんてのは特に、「関太だけいればいいじゃないか」と取られかねない部分が点数が低い原因だと思う。

次に「コント」であるということ。
コント的な技術があるかどうか、漫才や一発ギャグとの区別はついているか、その辺りも反映されていそう。

しかし、全体的に笑いが弱い気がする。
M1やR1にも言えるんだけど、最近のネタで「爆笑」はほとんどしたことが無いんだが・・・。
posted by ナスターシャ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

[XBOXONE] ロストオデッセイが完全版になったと聞いて

来たる2016年9月30日、ついにロストオデッセイがXBOXONEでプレイできるようになった。
結構前から複数ディスクでも大丈夫というアナウンスがされていたが、晴れて複数ディスクの互換第1号となった。
XBOX360版のディスク1を入れるとディスク4枚分の約20GBが一気にダウンロード&インストールされる。
そして、起動してムービーを確認するまではチェック済み。
ちなみに、DL版は未発売。ディスク認証後にネットからダウンロードするパターンのみのようです。

しかし今はDiablo3ROSをプレイ中なのでロスオデに時間をかけたくない。
ということで再プレイは年末当たりにやろうと思うのだが、聞いた話ではロードが劇的に改善されたとか何とか。
ロスオデ最大の問題点のロード時間が改善されたのであれば、再評価されてもおかしくない。

遊ぶためのゲームとしての私の評価は、面白いのだが最高評価を出すほどでも・・・といったところ。
古臭いコマンドRPGとしてはよく考えて作ってあるシステムなのだが、コマンドRPGの限界なのだと思う。後はアクションやシミュレーションといった他の要素を足して面白くするしかないかなぁと思った部分でもある。

そんな中、いつもゲーム部分だけで評価している私がそれ以外で評価した珍しい作品。それだけキャラ設定や物語構成がよく出来ていた。
プリレンダムービーを使った方が良い場面できちんとプリレンダムービーを使っている素晴らしい見本。「よくぞプリレンダにしてくれた」と思わずガッツポーズが出た場面もあった。
それにも増して、ゲーム内の「千年の夢(※)」という短編小説の奥深さ。本編と多少食い違う設定があったが水に流しましょう。それ以上に面白い物語を作ってくれたのだから。
小説として読むのもいいが、ゲーム内でエフェクトとBGM付きで読むのも味があるという素晴らしい内容だった。

※「千年の夢」は直木賞作家である重松清が書いた短編小説。ゲーム内に小説が入っていて、物語の各所で主人公の思い出話として語られる(スキップして後で読むことも可能)。千年間の断片的な記憶という設定で、20近い話が盛り込まれている。後に小説として書籍でも発売されているのだが、カイムの話が1話追加され、セス関連の話がカットされている。

あと、音楽が良いんだよね。ロスオデのサントラは何となく1日中かけてたりしたわ。
「闇の聖者」とか「魔女の館」あたりの怪しい感じが好きなんだ。

と、思い出話を語ってみた。
中古屋で100円で買えたりするけど(互換対応で値が上がった?)、ここ10年で一番面白いJRPGだと思っている。
posted by ナスターシャ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする