2016年10月21日

Nintendo Switch

次世代機としてNXと公表されていたゲーム機が、Nintendo Switchとして公開された。

Nintendo Switch

私が個人的に考えていた「スマホ 兼 携帯機 兼 据置機」というものではなかった。
「タブレット 兼 据置機」といったところか。
携帯機路線との合体というよりは、どちらかというとWiiUのパワーアップ版だよね。

WiiUと違う部分は、タブレット部をサブディスプレイとしてではなく、タブレットもTVも両方をメインディスプレイとした点。
サブディスプレイとしても使えるかもしれないが、第一報で両方メインディスプレイとして見せているということは、こちらが主体となるのだろう。
それによってTVとの通信範囲内ならTVとも繋がり、それ以外ではタブレット単体で動作するというWiiUにはできなかった芸当を可能にした。

ただ、個人的にはこの路線は微妙。
VRでスクエアが取っ払われるのに云々・・・といった話ではない。VRに関してはひとつ前の記事を参照していただきたいが否定派だ。
WiiUよりは薄くなっているが、横幅はそれほど違わない印象を受けた。7インチくらいかな。
そもそもタブレットの魅力って何?持ち運ぶなら大きすぎるよ。スマホサイズの5インチ程度が最適だと思われる。
飛行機の中でプレイしている映像があったが、そんなに頻繁に乗らない飛行機よりも、バスや電車の中を考えてほしい。タブレットの大きさだと結構邪魔になる。

また、子供向けとしての路線が見られない。おそらく任天堂自体も子供向けとして売り出そうとしていない。
というのも、日本はアニメ文化が根強いことも影響してか「かわいい」が許されているが、他国では大人になると「かわいい」は同時に「恥ずかしい」にもなり得る。
日本の様にこうでなければいけないという考え方がないので、「かわいい」を求める人たちが弾圧されることはないが、男女ともに大人になれば「かっこいい」を求める人の方が主流だろう。
そこにターゲットを向けたように見えた。あくまで本体は。

そんな中、ゼルダはともかく、マリオやスプラトゥーンは合わないでしょう。
どっち付かずに見えてしまう。

日本をメインにしても割に合わないのはどうしようもない事実なので仕方がないよ。
でも、欧米諸国の人たちが求める「Cool」とは少し違うような気がするんだけどなぁ・・・。
どうなんだろう、その辺り。
任天堂の持っている既存コンテンツ内でのCoolが無かったので、仕方なく採用したのかな?とも思えるが。

あと、この動画からは、既存のゲーム路線しか見えない。
所謂、Call of Duty・Battle Field・The Elder Scrolls・Assassin's Creed・Grand Theft Autoと言ったゲームをプレイするためのハードだ。
Wii・WiiUと新しい物を求めに行った任天堂が、ここにきて既存路線に立ち戻ってしまうのか?という部分も非常に残念に思う。

あとは処理能力の問題。PS4やOne並みの処理能力が出せるのか?
流石にWiiU・PS3・XBOX360よりは上だろうが、PS4Pro・Scorpioが控えている今、据置を見据える以上は最低限PS4・Oneレベルは必要かと思われる。既存路線なら尚更だ。

ということで、任天堂らしさのようなものが見えない。どこか屈してしまったような、そんな印象を受けた。
posted by ナスターシャ at 00:39| Comment(2) | TrackBack(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする