2017年01月24日

任天堂のガチャ

スマホ版のFEで任天堂は初めてガチャを導入する。
任天堂がガチャに手を出さなかった理由は故・岩田社長の考えだったと思われるが、ガチャに対する不信感が任天堂の安心感を脅かすと思ってのことだろう。

しかし、ガチャ自体が悪いものではない。
最も悪いのは、ガチャで不正な利益を得る(得ているように見える)企業たちであり、それを始めたのはゲーム業界でも新興企業である。
信頼と実績いうものがない新興企業が、ガチャを金儲けの道具にしてボロ儲けをした結果、ガチャ=悪というイメージが固まり、すでに屈した任天堂以外のゲームメーカーも彼らと同じ仕様でガチャに乗り出し、現代に至っている。

中身を見せればいいだけの話なんだよね。

このガチャには
★1 20体
★2 15体
★3 10体
★4 4体
★5 1体
が入っています。
これを個人単位(←ここが最重要)で設定すればいい。
運が悪くても50回引けば確実に目当てのキャラが手に入る。
当然キャラまで固定してね。

ここまでやってようやくガチャを引く価値が生まれるのに、
・何が出るかわかりません。
・レアリティも分かりません。
・1回ごとに再抽選です。
・確率は表記していますが個人差があります。
こんなガチャでよくそこまで企業を信用できるなぁと感心するよ。

ということで私は、任天堂が上記の仕様(と同等と思われる内容)でガチャを出してこない限り任天堂がガチャを封印してきた意味はないと考えるね。
もし、単に「故・岩田社長が嫌っていたからやらなかった。もう死んだから関係ないんだ」ってことでガチャを出すようなら、任天堂も終わりだよ。

ちなみに私は、ガチャの存在するゲーム自体は20本くらいやったことがあるけど、課金額は未だに0円です。
内容物が確定しているDLCしか買わないので。
posted by ナスターシャ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

ファイアーエムブレムダイレクト

ファイアーエムブレム Direct 2017.01.19(任天堂)

3DS ファイアーエムブレムエコーズ(外伝リメイク)
Switch/New3DS ファイアーエムブレム無双
Switch ファイアーエムブレム新作(SRPG)
iOS/Android ファイアーエムブレムヒーローズ
カード新弾

ってところだったかな。
外伝やったことがなかったのでエコーズは買い。
SRPG新作が出るならSwitchごと買ってもいいかもしれないね。

スマホはガチャだけが心配。内容は良さそう。
レアリティ強化の方法次第かな。
結局レアリティが高いキャラを用意しないといけなくなるようなら、あまり本気にはなれない。
ある程度のプレイで無劣化の(←ここ重要)最高レアリティまで上がるならガチャを引く価値もある。
高レアに異常な価値を見出そうとするなら私は最初から身を引く覚悟でございます。

意外と納得のいく発表だった。むしろ多すぎてビックリ。
FE単体でダイレクトするだけのことはあったな。

紋章→外伝ときたら、流石に次は聖戦リメイクだよね?
posted by ナスターシャ at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

[Switch] FE無双

Nintendo Switch用ソフト「ファイアーエムブレム無双」が発表(4gamer)

ある程度望んでいたとはいえ、いざ出ることが決まったら決まったで、何だろうこの絶望感は。
if主体は嫌だなぁ。ifの世界観はあんまり好きじゃないんだよね。
かといって私の好きな聖戦を今更引っ張ってくるのは難しいと思うので、覚醒辺りの世界観でお願いします。

マルス・アルム・シグルド・・・と主人公出したところで一辺倒だよなぁ。
職業でモーションを変えて、それらの中に既存キャラが存在するタイプかな。
そうなると、サジマジバーツは3人とも同じモーションになるけど。

意外と注目作を集めているようだし、Switchに興味がわいてきたよ。
posted by ナスターシャ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

Steamを探って分かったこと

今まで、PCゲームは小粒なインディーズが3割程度で、いわゆる奇麗なグラフィックの大作が残り7割のイメージだった。
しかし、実際にSteamでいろんなゲームを見ていると逆で、インディーズ7割、大作3割くらいのソフトラインナップになっている。
家庭用ゲーム機に移植予定がないゲームが多く、PCでしかプレイできないゲームは私の予想よりも遥かに多かったというのが実際のところだ。

そして、私が思っていた以上に、PCゲームの日本語化が進んでいない。
酷いものになると日本産でも日本語が入っていない。
英語のできない人は非常に手を出しづらい状況にあると思われる。
実際、遊んでみたものの英語のせいでチュートリアルの意味が分からず、ゲームの内容自体が把握できないパターンも多かった。

また、PCゲーム独特の面倒くさい部分はある。
例えばDOA5LRで乱入待ちをしているとき、ゲーム機なら音が聞こえたらボタンを押すだけだが、PCだと基本的に裏でネットなどをしているのでボタンを押す前にウィンドウをアクティブにする動作が必要になる。
ここで手間取ってあたふたすることも多い。

ということで、ゲームの豊富さに関しては想像と違っていたものの、PC版独特の不便さに関しては思った通りだったと言わざるを得ない。
普段使い用PCとゲーム用PCを用意するのが最良の手かなぁ。
posted by ナスターシャ at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

あけましておめでとうございます + ゲームランキング2016年版

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

年の瀬にやっていた2016年内にプレイしたゲームランキングと、あけおめ記事をまとめてみた。
私が昨年一年でそこそこプレイしたゲームを羅列し、それをランキング形式にして発表するよ。
ちなみに、過去に一度ガッツリプレイしていたゲームを再度プレイしたものは除いております。(ジオンの系譜・DOA5LRなど)
また、買ったけどそれほどやらなかったというタイトルも 除いております。

ということで今年やったゲームは、
[3DS] 魔女と勇者II
[3DS] ピクロスe7
[PS3] NINJA GAIDEN Σ2
[PS4] スターオーシャン5
[PS4] 真・三國無双7 Empires (FreePlay)
[PS4] ドラゴンクエストヒーローズ
[PS4] DIABLO 3 REAPER OF SOULS
[PSV] ロマンシングサガ2
[PSV] 戦国無双 Chronicle 3 (FreePlay)
[PSV] ルミネス エレクトロニックシンフォニー (FreePlay)
[Steam] Banished
[Steam] One Finger Death Punth
[Steam] Hexcells・Hexcells Plus・Hexcells Infinite
[Steam] Recettear: An Item Shop's Tale
[Windows] EVE burst error R
でした。
この中からランキングを付けていきます。

1位 DIABLO3 REAPER OF SOULS
プレイするほどに評判が悪い理由が分かっていったが、それでも十分に面白かった。

2位 Banished
Civ系よりお手軽で取っつきやすかった。

3位 ロマンシングサガ2
リメイクとしては非常に良い形だった。

4位 One Finger Death Punth
シンプルイズベスト。

5位 EVE burst error R
リメイクだが、何度やっても面白い。

結局、リメイクを過去作としてしまえば、「2016年に発売されたの作品」はなかった。
最新作をプレイしていないからという理由もあるが、どうしても買いたいソフトが減ったことと、PS4辺りは爆死で値下げが酷いので待つようになった。

2017年の予定。
HaloWars2はもう支払ったので購入せざるを得ない。
YU-NOも予約はしているのでほぼ買う。
それ以外は決まってないかなぁ。
For Honorが気になっています。

Halo Wars 2 アルティメットエディション (【特典】ゲーム本編(Blu-ray Disc)・アーリーアクセス(2017年2月17日(金)以降の早期プレイ)・シーズンパスご利用コー ド・『Halo Wars: Definitive Edition』ご利用コード 同梱) - この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 通常版 【初回限定特典:オリジナルNEC PC-9800シリーズ版 DLCカード付き】 - フォーオナー 初回生産限定特典「レガシーバトルパック」ダウンロードコード同梱 - PS4 -
posted by ナスターシャ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする