2017年03月22日

Humble使ってみた

G2Aに続き、Humbleにも手を出してみた。
Humbleは正規ショップなので本来なら鍵屋より前に手を出すべきなのだろうが、サイトが英語なので後回しになった。

今回はHumble Monthlyというサービスを利用する。月額$12 = 1400円弱。
買うのは2017年4月分という括りで、「The Witness」+来月に6本かな?
この6本は来月にならないと分からないので、ランダム性の高いサービスともいえるが、$100以上は保証されているという。
今回は、The Witness単体でもSteamのSale時で2000円程度、G2Aでも1200円程度なのでお得と判断して購入。

The WitnessをDLするところで「Steam-key」と「DRM-free Windows Build」が選べるんだけど、どっちがいいのかなぁ。
とあるサイトにはHumbleはSteamキーとDRMフリーの両方貰えるって書いてあったのだが、片方を選ぼうとすると「一度選択すると変更できません」といった趣旨の警告が出る。Monthlyはどちらかしかもらえないのかな。
The WitnessはSteamトレカがないのでDRMフリーにしてみる。

ZipをDL → 解凍 → インストールという手順が必要だから、一時的とはいえSteam版と比べると3倍の容量を食うね。

ただ、過去の判例を見てもそれほど欲しいタイトルは無かった。
すでに単体購入した「Banished」くらいか。戦ヴァルはおま国をスルーできたとしても英語だろうし。
今回の「The Witness」は前からSteamのウィッシュリストにも入れていたので「Humbleを使ってみる」という名目を加味して1400円出す価値があったが、そうでなければ980円くらいまで待つつもりだった。
次回も続けるかどうかは微妙なところ。

あと、単品購入の話になるが、ニーアはHumbleで買った方が安いね。
$1が111〜112円の現状を考えると、Humbleは$53.99で6000円程度、Steamは8400円程度なので、2000円も差がある。
おま値常習犯の日本製を買う時はHumble経由の方がいいかな。
posted by ナスターシャ at 19:00| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

[PS4] YU-NO その11(ネタバレあり)

※攻略のネタバレあります。

20170322_yu-no_02.jpg

クリアしてから少しして、ADMS100%にしてきましたよ。
澪ルートの分岐が意外と面倒で、トータル2時間かかった。

クリア後に追加される「最強装備で始める」を選ぶと、すべてのアイテムを所持した状態で始めることができるが、ADMS上に置いていた宝玉は全て回収される。
クリア後に追加される神奈・澪・亜由美のEND(真END)と、ADMS上のその後のENDは別ルートのため、真ENDの先のルートを終わらせていない場合は宝玉セーブしておくことをお勧めする。

私の場合、ADMSが100%になってもCGが全部埋まらなかった。
残ったのは、洞窟内で美月が穴に落ち、その後戻ったとき死体を確認するCG。ADMS上では結城と美月で同じルートになるが、CG回収のためには別途プレイする必要がある。
結城死亡で洞窟に戻るENDしか見ていなかった私は、結城死亡で澪とともに脱出END、美月死亡で澪とともに脱出END、美月生存で(結局死ぬけど)澪とともに脱出END、美月死亡で洞窟に戻るENDの4パターンを見るために4回最初からやり直した。
最後の扉を開けるのに銀のメダルが必要だから、結局、毎回最初からやり直しちゃった。開けた後に宝玉セーブすれば簡単に行けたのかな?

亜由美ルートも龍蔵寺に捕まったりして結局2回プレイ。
神奈は1回で行けたけど、結局トータル7回も最初からやり直してしまった。
故に2時間かかっちゃったね。

逆に、7回プレイしても2時間しかかからなかった理由は・・・
実は、攻略本は見なかったけど、途中から自作でExcelの攻略シートを作っていたんだ。
それを見ながらプレイすることで、短縮を図ったということ。
20170321_yu-no_01.png
まぁ途中からなので未完成だけどね。
※これを使っても攻略できない等と言った事例には対応できかねます。

音楽室はSS版は保健室の反対側だった気がするけど、PS4版はその2階部分付近になっていた。
アマンダが「オレとは現代編でも会ってるんだぜ」みたいなことを言っていたが、SS版でそんなこと言ってたっけ?

ちょっと確認の為にSS版を最初からプレイしてみようかな。
ちなみにSSエミュレータの「SSF」は実機から吸い出しが必要なBIOSというプログラムを必要としないので違法性は低い。
また、ソフトの媒体は普通のCDなので吸い出す必要がなく、PC用のCD・DVD・BDドライブでも読み込める。
さらに、マシンスペックにおいても昔Pen4 2.8GHz+メモリ1GB+Windows2000程度のスペックで動かしていたくらいなので、現在ならばWindowsタブレットでも動くのでは?と言えるほど必要スペックが低い。
ということで、ROM吸出しの難易度が高いファミコンやスーファミ、比較的高スペックのPCが必要になるPS2などと比べるとプレイしやすい環境があるように思える。
まぁエミュ自体がアングラなので、大っぴらに推奨されることではないが・・・。他のエミュは使えない私でも、SSエミュはよく使うよ。

これにて本当にPS4版YU-NOは終了。
PC98版は所持しておきたかっただけなのでDLだけします。多分やらないです。
PC98版で見たいのはSS版でカットされたエッチなシーンのCGだけだもの。
それがないPC98版(PS4)をやってもねぇ。

また7年後くらいにYU-NOをやりたいなぁと思ったとき、私にとって一番プレイしやすいのはSSFでSS版をプレイすることのように思える。
7年後ともなるとPS4は現役を退いているだろう。それに対して、Windowsが次のバージョンに変わったとしてもSSFはおそらく動くだろう。
そう考えると、今回のリメイクはPCで出して欲しかったなぁ。
EVEリメイクのアダルト版は買わなかったけど、もしYU-NOリメイクのWindowsアダルト版が出るなら買うよ。
2・3年後でもいいので出して欲しいな。
posted by ナスターシャ at 23:16| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

[PS4] YU-NO その10 レビュー(ネタバレなし)

クリアしたのでレビューしたいと思う。スタッフロールまでのクリア時間は25時間。
20170320_yu-no_end.jpg

今回はネタバレなしだが、公式のキャラ紹介について一言文句を言っている部分がある意味ネタバレ。
最下部に赤字にしておくので注意してね。
(トップページから当記事を見た人に対しては追記扱いにしておきます。読むには最下部の「続きを読む」をクリックしてください。ただし、記事への直接リンクを開いた場合はブログの仕様上の問題で追記もすべて表示されます。初見プレイのユーザーの方は最下部の赤字部分は見ないことをお勧めします)


とはいえ、今までさんざん評価してきたので、単なる「まとめ」になるかも。
基本的にはSS版との比較です。

このゲームは、テキストを読むアドベンチャーではあるものの、ゲームの基本システムにパズル的な要素も含まれている。(別途完全なパズルも含まれるが)
文字を読むのが面倒な人は当然ながら、パズルを解くのが苦手な人は途中で投げ出すかもしれない。それほどにトータルプレイ時間も長いし、ゲーム的難易度も、話の内容も難しい。
しかし、それを乗り越えたときの感動は計り知れない。
限定版には攻略本も付いてくるし、ネットで出回っているPC98版やSS版の攻略もそのまま使えるはずだが、できれば攻略なしで右往左往しながらプレイして欲しい。

ではシステム周りから。
文字送り設定を「一括」で連打してもちょっと遅いね。
序盤は「ボイスとメッセージの同期」を「する」になっていたのに気づかず文字送り遅いなーって思ってた。
「しない」にしたら割と早くてそれで納得しかけたが、慣れてくるとそれでも少し遅く感じる。

他のゲームシステムに関しては、宝玉の使い方が少し面倒になっていたが、大幅な変更もなく良かった。
複数回クリックしてテキストをすべて読んだ後の虫眼鏡のグレーアウトは良リメイクと言えるだろう。フラグが少し分かりやすくなりプレイしやすい。
ただ、オブジェクトに対するカーソルの吸いつきが強めなので意図しない場所にカーソルが飛ぶことがあった。そこだけが残念。

あとはPS4の問題。
デュアルショック4を置くとL2やR2が押されて、L2の場合はスキップモードがONになる。
ちょっと休憩と思ってコントローラーを置くと、読みたかった話が全部スキップされて(´;ω;`)となる。
デュアルショック3でも同じ問題を抱えていたはずなのだが、なぜこれを解決できなかったのだろうか。
YU-NOをプレイするにあたっては特に、この仕様が恨めしかった。

声優は誰が誰だかサッパリでした。
私が声優を熟知していないせいか?それとも耳が衰えたのか?
SS版のイメージが付きすぎているからか?それとも似たような声優しかないのか?
どれにせよ、区別が付きづらかった。

立ち絵はあまり好きじゃないけど、一枚絵は構図が原作と同じで結構良かった。
まぁ現代のアニメの絵柄にも付いていけてない人なので、初見プレイの若い人なら問題ないのかな?

BGMは全編「リメイク」で通したが、違和感はあまり感じなかった。
SS版で感じた雰囲気は壊れていないと思う。

性的表現はSS版よりあっさり気味なのは仕方がない。むしろ一般の括りで考えるとやりすぎに思えた。
PC98版から一枚絵3枚分減ったのがSS版で、SS版からさらに一枚絵3枚分減ったのがPS4版かな。
(PC98版は当時の資料集に載っているものから想定した)
SSでは一部追加もあったし、PS4は全リメイクだから作業量やボリュームでの評価は一概に言えないけど。

SS版の神格化があるにもかかわらず、PS4版は無難に収まっている印象を受けた。
個人的にはそれでもまだSS版を推すが、プレイ環境が整いづらい現在で敢えてSS版をプレイしろというほど酷い出来ではない。
逆に言えば、PS4やVitaを持っていないけどやってみたいと思う人は、SS版を買ってエミュ等でプレイしても十分に満足できると思われる。(絵柄の好みは別としてね)

初見ではないので、ゲームとしての面白さは評価しづらい。感動も何もかも既に知り尽くして半分以下になってしまっているからね。しかし、再度プレイしても良いゲームだなぁと思った。
リメイクとして見ると、SS版以上でもなければ以下でもないので80点くらいかな。
発売前に危惧していた阿鼻叫喚するようなことは無かった。買って良かったと思うよ。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 限定版 【初回限定特典:オリジナルNEC PC-9800シリーズ版 DLCカード付き】【追加特典(特定法人限定):YU-NO20周年記念本付き】 - この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 限定版 【初回限定特典:オリジナルNEC PC-9800シリーズ版 DLCカード付き】【追加特典(特定法人限定):YU-NO20周年記念本付き】 - この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 通常版 【初回限定特典:オリジナルNEC PC-9800シリーズ版 DLCカード付き】【追加特典(特定法人限定):YU-NO20周年記念本付き】 - この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 通常版 【初回限定特典:オリジナルNEC PC-9800シリーズ版 DLCカード付き】【追加特典(特定法人限定):YU-NO20周年記念本付き】 - この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO -

ファミ通的得点
10・9・9・7

続きを読む
posted by ナスターシャ at 15:45| Comment(2) |  → レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[PS4] YU-NO その9(ネタバレあり)

※プレイしながらの気づきを書いていくのでネタバレがあります

今日のYU-NO。

神帝現る。
やっぱりテキスト上ではたくやは最初の時点では神帝を男と思っている節があることが見受けられる。
となると、公式で神帝の顔グラを出すこと自体が完全にネタバレじゃねーか。
よくもまぁあれを公式ホームページで公開しようなんて話になったよ。作品に対する侮辱としか考えられない。

絵里子先生の話は、毎回「なるほど、わからん」って感じだなぁ。
実体験を長々とプレイさせた上で、このゲームの概念を統括している重要な場面ではあるのだが・・・。
まぁ、作者としてもなんとなく分かれば良いって感じじゃないかなぁと捉えている。
ただ、デラグラントが歴史を繰り返しているという話はクリアした後の方が分かりやすいね。

そういや、ノガルドが人じゃないからカニバリズムとは関係ないって言ったけど、亜由美の話の中で「元は人だった」という回想でノガルドが出てくるね。
人間を改良してセーレスやアマンダのような人種ができ、例えば鶏を改良してノガルドができたって話ではないのかなぁ。
でも時間がなかったようなことも言ってたから、結局は人間が元なのかなぁ。
まぁカニバリズムという単語自体を調べてみると、文化人類学においては文化的だったり宗教的観念からくる人肉を食べる習慣のようだから、一時的な飢餓などによるものは含まれないらしいが。それを考えだすと、YU-NOで問題視されている行動自体がカニバリズムとは関係ないとなってしまうな。
人肉食に関する倫理観ともいうべきか。とはいえ、結局リメイク版YU-NOでは原作通り表現されているので、そこまで問題視するほどのことではなかったのかもしれない。

ユーノとの対話時の「キスくらいはしてくれるの?」って表現は世の中にも言っているようだな(笑)
表現的にはこれが限界か。
要するにユーノが「覚悟」できるだけの表現なんだろうね。その意味が最も強かったのがPC98版だと。
となれば、SS版はともかく、20年も経ってリメイクされるのなら別の「覚悟」を探しても良かったんじゃないかなぁ。
posted by ナスターシャ at 13:58| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

[PS4] YU-NO その8(ネタバレあり)

※プレイしながらの気づきを書いていくのでネタバレがあります

ラファエロ → 神殿 → 収容所 と来て、ようやく帝都までたどり着いた。
アマンダがちょっとオドオドしすぎていてアネゴ肌って感じじゃない。

さて、騎士のユーノが出てきたわけだが、たくやはユーノに気づかないというのは原作通りなのね。
公式で騎士姿を公開してワザとネタバレしてたくらいだからシナリオ改変したのかと思ったよ。

地下で龍蔵寺が出てくるところは良いなぁ。
異世界に染まっていたところに一気に現代編の雰囲気が戻ってきて、頭の中でいろんなことを考察し始める。
初見の時の高揚感はここが一番かもしれない。

そして、古めかしい文明のデラグラントで突然の機械文明の登場。
ガーゼルの塔の時点で「そういうものなのだろう」と読み飛ばしたことへの後悔が生まれる場所だね。
この辺りからの怒涛の展開は好きなんだけど、毎回プレイするごとに忘れているのは展開が速すぎるせいだな。

この先、先生の長ーいお話があるはずなので、いったんこの辺で終わっておこう。
現段階でプレイ時間は22時間半。デラグラントにきてから5時間半ってところだね。
posted by ナスターシャ at 17:07| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

[PS4] YU-NO その7(ネタバレあり)

※プレイしながらの気づきを書いていくのでネタバレがあります

2度目のラファエロ挑戦前まで来たよ。

赤ん坊はだいぶ印象が変わったな。男の子みたい。
4歳になるとそこまで違いはないが。

しかし、こんなに展開早かったっけ?
SS版プレイ時は、この世界に対する衝撃があって、それが和らいで、今度は娘が出てきて、またその衝撃が和らいで、と結構気分の変動があって時間がかかった気がするんだが、今やってみると数時間でそんなに気分の変動があるかな?と思ってしまう。
初見かそうでないかの違いかなぁ。

それに、異世界で現代編のBGMって使われてたっけ?
学校辺りで聞いたBGMがかかって違和感があるんだが。

あと、手紙はセーレスが勝手に帝都へ送ったと記憶しているんだけど、PS4版だとたくやの了承を得て送ったようになっている。
そんな話だったっけ?
posted by ナスターシャ at 20:29| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[PS4] YU-NO その6(ネタバレあり)

※プレイしながらの気づきを書いていくのでネタバレがあります

やってきました異世界編。

セーレスはなんで日本語が分かるのだろうか。
まぁそこは本編でも言及していたがご都合主義でいいとして、なぜ50音順という日本独自のシステムを理解しているんだろう。
さらに、「セ」 → 「レ」 → 間に「ー」 → 「ス」の判読方法を取っているのに、本当の名前は「ケアレス」でしょう?
似た響きだったとしても判読方法からしておかしくないか?
ケアレスと呼ばれていたけど、文字が確立していないから彼女自身は「セーレス」と認識していたということか?
と文句を言いつつも、このやり取り好きなんだよなぁ。

セーレスは胸を強調しすぎ。これは要らない。
巫女の服装はSS版の方が好きだな。

アイリアだけ違和感ないなーと思ったら、SS版と同じく勝生真沙子だった。
チョイ役ではあるけど、ここだけ同じなので、違和感がないことに違和感。SS版をそのまま使ったのかな?
※2017/03/20追記
ごめん 勝生さんじゃなかった。声似てたけど違うみたい。クリア時のスタッフロールで分かりました。


セーレスの語りの場面で機械文明が少し見えたが、あんな演出あったっけ?
帝都に付くまで機械文明なんて微塵もなかった気がしたんだけど。

ということで、ユーノが出てくる直前までプレイしてみた。

あと、カニバリズムが現代では表現できないって話もあるが、カニバリズムってのは人肉を食すことでしょ?
このゲームではあくまで人の形をした食料であって、人ではないんだよね。牛が人の形をしているだけだよ。カニバリズムは関係ないと思われる。
とはいえ、牛や豚を捌く場面すら見せない時代だからなぁ。牧場の牛とスーパーに並んでいる肉が結びついていない人が多いように思える。
私も実際捌いているところは見たことは無いが、考え方自体はSS版をプレイしたときにこのゲームで学んだよ。
posted by ナスターシャ at 16:25| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[PS4] YU-NO その5(ネタバレあり)

※プレイしながらの気づきを書いていくのでネタバレがあります

達成率91%で宝玉10個揃えたところで、今日はこれで終了とするよ。
この後は一度始めたらなかなか辞められなくなるだろうからね。
一気にプレイしたが、やはり面白いなぁ。プレイ時間は約17時間といったところ。

正直なところあんまり好きな絵柄ではないのだが、一枚絵の構図が原作をリスペクトしているのは良いね。
しかし、エロに対して頑張りすぎじゃないかな。流石にSSよりはあっさりしているけど、一般と考えると乳出すぎだろ。
これだけオッパイ出せるなら、香織の服装を変える必要性はあったのだろうか?

あと、TV内の亜由美のパンチラこそ一番要らないのに何故そこを残した?
録画のTV番組でパンチラなんて一番あり得ないと思うんだけど。
posted by ナスターシャ at 01:23| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

[PS4] YU-NO その4(ネタバレあり)

※プレイしながらの気づきを書いていくのでネタバレがあります。

亜由美ルートに行くかと思いきや、最初の美月ルートに行っちゃったので最初からやり直し。
そして神奈ルート行ってきました。
どうせ石はまだ持って無いのでバッドエンド。
しかし木刀は手に入れたので、美月ルートは少し進展するかな。

っと宝玉で木刀が必要な場面まで戻ったはいいが、渦巻きに飲み込まれて戻されたよ。
うーん、亜由美ルートが先決か?

美月ルートって、キャラ別ルートいうより汎用ルートっぽいね。
ADMSの線分の色分けも序盤と同じ赤色だし。

っと亜由美ルートに行ってみたけど、どうあがいても龍蔵寺に捕まる?
諦めて澪ルートへ。

すると鉄の剣を発見。
鉄の剣って異世界直前かと思ったら澪ルートだったのね。
結城を連れて行ったんだが、選択前に宝玉セーブできず。
もう一度ここまで来ないといけないと思うと面倒だな。

ピクロス簡単すぎないか?原作もこんなに簡単だったっけ?
一つずつ、1がどれで、2がどれでって記号を紙に書き写し、それを翻訳してようやくピクロスが解ける前準備が完成するという面倒な作業をやったはずなのだが・・・。
普通にピクロスやっただけなので、解法と知っているとはいえ、10分も要らなかったな。

何が貰えるのかは大体覚えてるはずだったんだけど結構忘れてるなぁ。
しかし、攻略本なんぞ見ずに攻略してやるよ。
posted by ナスターシャ at 20:51| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[PS4] YU-NO その3(ネタバレあり)

※プレイしながらの気づきを書いていくのでネタバレがあります。

あー 木刀持って無い \(^o^)/オワタ
木刀は亜由美ルートだっけ?
実は剣でも代用可能。クリア後じゃないと意味ないけど。
と、どうでもいい情報は良いとして、1周目終わりました。
適当にやると1周目は大体ここにたどり着く。美月ルートかな。

それにしてもよくできてるよADMSってシステムは。
1周目は適当にやらざるを得ない。
そして、2周目からADMSを見ることで「選択肢の前」が分かりやすくなる。
ここで宝玉を使って試行錯誤して別ルートを探す。
そうすると徐々にマップが埋まっていき、最終的には結末にたどり着く。
アドベンチャーというジャンルではあるものの、一種のパズルだ。

と、20年も経ってようやく気付いた。
YU-NOの醍醐味はパズルゲーム的な快感なんだね。
私はパズルもアドベンチャーも好きなので、高評価になるのは必然だったのだろうか。

あと、今回はOPにヒントがない代わりにタイトル画面にヒントがあるっぽいね。
posted by ナスターシャ at 00:31| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

[PS4] YU-NO その2(ネタバレあり)

※プレイしながらの気づきを書いていくのでネタバレがあります。

取り合えず赴くままにプレイし、1周を終えるつもり。

たくやの声には少し慣れてきたのだが、女性陣の声が全然区別がつかない。
キャラが出る前に喋られても、誰が誰だか分からない。
SS版はそんなことは無かったんだけど・・・。
最近の声優に付いていけていないのが露呈したな。

EVENINGのジュークボックスの曲が少ないよね。流石に唯(同級生2)のテーマは無理だったか。
そこはカオヘとかシュタゲから持ってくれば良かったのに。

意外とエロ方面はSS版に近いよ。美月さんは下着姿になったし、絵里子先生のお尻も拝見できた。
ロッカー内では控えめだったけど。

クリック箇所が分かりやすくなっているのは良いと思うよ。
でもカーソルの吸いつきが強めなので、直感操作とは少し違う。
十字キーを1度押すごとに選択箇所を替えられるようにした方がまだ良かった気がする。

それにしてもデュアルショック4のL2(スキップモードへ移行)の感度の良さには泣かされる。
既に5回は勝手にスキップして雰囲気をぶち壊された。
R2(オートモードへ移行)はまだしも、L2だけでも無効ってできないかしら。
L1(押している間スキップ)は使うから未読スキップ無効の設定は使いたくないのよ。

全体的に見ると今のところ悪くはない。が、SS版を超えているかというと、超えていないと断言できてしまう。
レビュー時にSS版とPS4/Vita版のどちらがおすすめか、そのソフトのリンクを載せる予定なのでお楽しみに。

※タイトルの「18禁」を外しました。そこまでの禁句は無いよね。
posted by ナスターシャ at 23:36| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[PS4] この世の果てで恋を唄う少女YU-NO(ネタバレあり・18禁)

※プレイしながらの気づきを書いていくのでネタバレがあります。
また、PS4版「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」は一般作品ですが、SS版(18歳以上推奨)や公式資料集(18禁)との比較も出てくる可能性があります。以上のことから18禁と表記させていただきます。


限定版、買ってきました。
箱デカイ。通常版パッケージと比べて縦横2倍、厚さ3倍くらい。

ソフマップ広島店へ行くと、カウンターの後ろに30個くらい予約分の限定版が置いてあった。
割と小さな店舗なのに結構な量の予約があるところを見ると売れているのか?
まぁ、広島中心部だと店舗特典が付くのがソフマップかアニメイトくらいしか選択肢がないから集中しただけの可能性もあるけどね。

まず、YU-NOに関するプロフィールから。
SS版を19年前の発売日にプレイを開始し、約100時間かけてクリア。ノーヒントでクリアしたのが誇りだ。
その後、SS版は7年程の間隔で2度ほど最後までプレイしたものの、Windows版はプレミア価格で手が出せなかった。
また、実況動画も3本ほど完結まで見て、現在もSS版の実況を見ている途中だ(まだ序盤)。
アニメ版はレンタルで見た。小説・漫画・公式資料集・サントラ(SS版)は持っている。
また、SS版はアドベンチャーゲームという括りにおいては歴代自己評価No.1。ゲーム全体でも「カオスシード」に次いでNo.2である。
さらには、PS4はYU-NOのために購入。VitaもフリプとYU-NOのリモプが半々という動機。
という熱狂的なファンであることを前提に話していこう。

とはいえ、EVE burst errorのリメイクの時に少し話したが、私のプレイは底が浅い。
3度プレイした上に、プレイ実況や小説などを含めると10回程度も最後まで見ていながら、毎回後半はあまり覚えていない。
今回も後半は結構忘れているであろうと自覚している。

20170316_yu-no_01.jpg 20170317_yu-no_ss_02.png

ということで、プレイした感想に入る。
ストーリーをプレイしながらの箇条書きです。

まず、赤ん坊の泣き声のトーンが低い。いや、SS版が高すぎたともいえるのだが、まずそこで違和感があった。
絵を見る限りでは赤ん坊じゃなくて小児くらいになってるな。
キャラクター名が「赤ん坊」となっているのに違和感。
※2017/03/17追記
SS版を見てみたけど、SS版も小児くらいだった。
でも赤ちゃんとも言っていた。ということは原作通りともいえるのか。


主人公(たくや)の声が受け付けない・・・。
如何にもイケメン声優って感じのオレ様感が入ってるように聞こえる。最近のは大体そうなのか?
これ、最後まで聞くのは結構厳しいぞ。
たくやだけ音声を消そうかと真面目に検討中。

絵里子先生の初登場時に目が見える。シェルミーとの差別化か?
(とこれを書こうとしてコントローラーを足の上に置いたらL2が勝手に押されてスキップがONになった。デュアルショック4はこれを何とかしてほしい)
そして、たくやが呼ぶ「絵里子先生」のイントネーションの違いに違和感。
絵里子先生の声はそれほど違和感なし。久川綾の方が好きだけど。
※2017/03/17追記
SS版でも目は見えてた・・・。薄暗くて今まで気づかなかったよ。
記憶って曖昧だなぁ。
20170317_yu-no_ss_01.png


亜由美がベッドに伏せるシーンでパンチラが無くなってた。この方向性で行くのか?
個人的にはこれはアリ。SS版は無駄にパンチラが多くて困ってた。

たくやの発言、 自慰 → 自家発電 に変わってた。流石に性的な表現は変更か。

「話す」ボタンを押した後にキャラ一覧が出るが、誰にもカーソルがあっていないことに違和感。
カーソル合わせて○ → ○で会話が見れない不自由さを感じる。YU-NOのプロローグなんてせいぜい2人までしか出ないんだから、カーソルは常に一番上のキャラでいいと思うんだが。

澪の容姿が可愛くない・・・。声はまぁ良いんだけど。

呼び出しの放送の声ってSS版は女性じゃなかったっけ?
「おられましたら」ってのに昔から違和感。「いらっしゃいましたら」の方が正しくないか?
と思って今更調べてみたけどどっちも正解らしい。20年来の疑問が今ようやく解決。

亜由美は思いのほか違和感ないな。

龍蔵寺・・・。声からして胡散臭すぎるぞ。

香織の初登場時、凄い服を着ているみたいな発言無かったっけ。まぁ今回は普通の服を着ているのでその発言が残っているとおかしいのだが。

20170316_yu-no_02.jpg 20170317_yu-no_ss_03.png
海岸からジオテクニクスって直に行けなかったのね。
工事現場の奥から会社に繋がってるんだと思ってたら堤防しかなかった。
と同時に、三角山への通路も「遠回りすれば工事現場通らなくてもいけるんじゃね」と思ってたけど、今回の絵を見る限りでは不可能だな。
※2017/03/17追記
比較するとやっぱりちょっと違うね。


20170316_yu-no_03.jpg 20170317_yu-no_ss_04.png
玄関って正面だったよね?右側面になってるし、外観もかなり違う。
手前にガレージなんてあったっけ?
あと、自宅の左からすぐに住宅街に下りれる道があるんだと思ってた。
※2017/03/17追記
玄関は正面。ガレージは無し。だけど自宅左に道なんてなかった。


20170316_yu-no_04.jpg 20170317_yu-no_ss_05.png
ブラウン管テレビということは時代背景は96年だね。
※2017/03/17追記
大幅な変化はないか。


20170316_yu-no_05.jpg 20170317_yu-no_ss_06.png
これだと右の窓から飛び降りるのが難しくないか?
ちょっとイメージと違う部屋になっちゃった。
※2017/03/17追記
クローゼットとかいろいろ増えてるね


と解像度が上がることによって分かることが多数。
SS版は320x224くらいだっけ。縦5倍、横6倍にもなれば流石に違うよなぁ。
まぁ、今回新たに取り決めたことも多いんだろうけど。

20170316_yu-no_06.jpg
家での亜由美さんとの会話中は声が高すぎて変。
普通、自宅の方が声って低くならない?
元が高いのかな?自宅の亜由美は違和感が結構ある。

文字送りが少し遅い。スキップが速いのは良いんだけど、それなりに読み飛ばしたいときにちょっと困るな。
BGMはリメイクにしているが違和感はない。
設定はこんな感じ。
20170316_yu-no_07.jpg

豊富の声優はお笑い担当の感じが無くなってるな。残念。

しかし、「自慰」はダメで「アダルトビデオ」は良いのか。基準が分からんな。

三角山で倒れている女性は幼少期に見えるし声もそう聞こえる。SS版では完全に成人してたよね。

20170316_yu-no_08.jpg
ここの神奈が非常にわかりやすくなってるね。
SS版なんて10年以上経ってから左に居る3人目の存在に気づいた。全然見えなかったよ。

主題歌、中二病な感じが出ててなんか嫌だな。
あと、主題歌中で龍蔵寺がキーマンだということを早くも出してきているのは嫌い。
公式のキャラ紹介にも文句を言ったが、序盤から確定情報が多すぎるんだよ。
疑問を持たせたままにしておく方が面白いのに。

と言ったところでプロローグが終了。
次回から本編。
本編はスクリーンショットが制限されるようなので、以後は文章のみになると思われます。

あと、Vitaでのリモプはできました。

※2017/03/17追記
SS版をSSFで起動させてSSを取ってみたけど、途中でエラー落ちしちゃったので中途半端に。
またの機会に追記するかも。
posted by ナスターシャ at 16:31| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[WiiU] ゼルダの伝説BotW 見つからず

YU-NO買ったついでにゼルダも探したけどWiiU版は売り切れで手に入らなかったよ。
ということで、諦めた。

YU-NOのプレイに専念します。
posted by ナスターシャ at 15:05| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

G2A使ってみた

G2AかSteamの春セール用に2000円のWebmoneyを購入しておいたのだが、いざ手元にあると使いたくなって、結局G2Aに使っちゃった。

取り合えずG2A Dealで「Syberia」「Syberia2」「DiRT3 Complete Edition」「Lord of the Fallen」「SUPERHOT」の5本をゲット。
これは各メーカーが提供しているんだよね?それなら何の問題もないよね。
Webmoneyで購入する場合は月払い(1.5ユーロ+手数料)ができず、単体購入(2.5ユーロ+手数料)のみだった。
それでも300円程度なので安いが。

同様にWebmoneyではG2A Shield(月額)にも加入できない?
30日無料体験しようと思ったらクレカの登録を求められたよ。
個別のシールドは1タイトルにつき360円ほど(3ユーロ?)と高すぎるから、以下はシールドなしで購入。

あとは10 Random CD-Key と5 Random Premium CD-Keyを買ってみた。
元ぐらいは取れるだろうと思ってチャレンジ。
10個の方はセール最安換算で314円分かな。240円⁺手数料を出してランダムで買った割にはお得感すらないとは。元は取れてるんだけどね・・・。
Premiumは482円⁺手数料だったが、こちらも興味のあるタイトルは一つとしてなく撃沈。金額ベースではそこそこだったが。
キーと同時にゲームタイトルも記載してあるので、有効化する前に被りは分かる。
G2A random key.PNG
そういえば、ガチャにお金を払うのは初めてだな・・・。

それ以外は、「iO」「Mini Metro」「RFLEX」「FEZ」「And Yet It Moves + Cogs + Crayon Physics Deluxe + Hammerfight + VVVVVV」。
これらで1953円。2000円のWebmoneyをほぼ使い切った計算だ。
手数料に関しては、G2A Dealが309円に対して37円。ランダムキーが722円に対して86円。その他ソフトが714円に対して85円。ということで、12%くらい取られるみたい。
比較するなら、「G2A価格+12%」と「Steam最安値」を天秤にかけるといいと思われる。

キーが使えなかったり、おま国だったりというのは無かったようで、すべて有効化できたよ。とりあえずは一安心。
直にSteamで買う場合との違いは、ライセンスの購入店情報が「Steam ストア」ではなく「小売店」になる、返金不可・アクティビティに表示されないくらいかな。トレカも実績も普通にSteamで買ったものと同様に手に入るよ。
とはいえ、「Mini Metro」「Crayon Physices Deluxe」「Superhot」の3点が欲しかっただけなので、かなり無駄遣いしたな。
posted by ナスターシャ at 23:39| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

[PS4] YU-NO来週発売

いつの間にか来週にYU-NOの発売日が迫ってきた。
ディスクチェンジがないだけでSS版を超えられるなんて思っていないし、リメイクに持ち込んだという事実だけを評価している部分があるのだが、流石に20年待った移植が1週間後に迫ると少し期待もある。

まず、絵師の変更。
EVE burst errorであれだけ不評を食らったのに、やってしまった。
素直なリマスターの方が数倍良かった。

次に、声優の変更。
これはもはや仕方がないとは思うが、プラス要因ではない。

そして、アニメ化の予定。
アニメ化するためにゲームを窮屈にしていないだろうね?
アニメ寄りのシステム改変なんてしたら、信頼の失墜どころの騒ぎではないよ。

ただ一つの拠り所は、後半のリメイクの可能性。
無いだろうなぁと思いながらも、後半をリメイクしてくれる可能性に少し期待している自分がいる。
無駄に伸びた開発期間のせいで余計な期待を持ってしまった。

アニメ寄り → 駄作の可能性あり
システムそのまま → 普通(もともと良作ではあるが)
後半リメイク → さらなる良作の可能性あり

と言えるだろうか。
公式でのネタバレも酷いし、直近のかまいたちのリメイクが明後日の方向を見ていたことから、悲惨なことになりそうな雰囲気はずっと醸し出している。
発売日からレポートする予定なのでお楽しみに。阿鼻叫喚していないことを祈る。
posted by ナスターシャ at 17:56| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

よし、晒し上げるか

久々に煽りコメントが来たので、ちょっと晒させてもらおうか。



[Switch] 流石ファミ通

>任天堂マンセーでおなじみのファミ通がどうかしましたか?

>例
>・マリオを動かすだけで10点
>・ドラクエ新作だから10点

>一方PSゲームは
>・前作やってないから8点



XBOX Game Pass

>PS+のフリプのパクリか



「PS4/Vitaで発売!!」 → 「ならイラネ」現象

>アニメオタクに媚びてるのはむしろ任天堂ですが。

>ハード信者は遊ぶものが無くてかわいそうです(大爆笑)



ようやくはちまが企業だと認定されたか

>捏造してPS叩きして任天堂マンセーしてたサイトなのに何言ってんの?
>さすが任天堂信者は息をするように捏造する。



これらは私のサイトの記事にすべて同じ人から同日付けられたコメントである。
それぞれに私のコメントも返しておきました。リンクからどうぞ。

私は性格がひん曲がっているので、こういうのには対抗せざるを得ない。
私も記事内容で煽ったのは申し訳ないと思いつつも、反論の内容が内容だけにちょっとね・・・。

彼の言っていることはいまいち理解できない。

ファミ通が任天堂マンセー?エンブレムサーガ事件(エンブレが任天堂に敗訴)以降は目の敵にしていたようにしか思えないけどなぁ。

任天堂がアニオタに媚びている?小児向けならあるだろうけど、アニオタ向けがそんなにあったっけ?

ハード信者は・・・云々。全ハード持ってても求めてるゲームがないから悲観しているというのに・・・。

はちまが任天堂マンセー?ごめん、最近のはちまは知らないんだ。最近は任天堂マンセーしてたんだ?どちらにしてもはちま起稿はねつ造していたということですかね?
ちなみに、Googleさんの予測変換に聞いてみるとこんな結果が出ました。
hachima_nin.png

hachima_sony.png


最初の3つのコメントは「最近の記事」欄から見えるのに対し、「はちま起稿」に関する記事は過去ログを探らないと見えない。
よって、彼ははちま起稿に関する記事を見てからこれらのコメントを書いたと推測される。
わざわざXBOX Game Passに関しても触れているあたり、分かりやすいんだけど・・・。

ちなみに私は「はちま起稿」を恨んでいるよ。「オレ的ゲーム速報JIN」も同様に。
出来れば潰したいし、あれをソースにしている人間の気が知れない。

でも私は、彼からプロフェッショナルな悪意は感じ取れない。業者ではないような気がするんだ。
ゲハのPS信者は、あることないこと書き立て、煽りを完璧にスルーして別の話題で煽り返すプロの集団がたくさんいる。それらに比べるとまだゲーム愛がありそうなコメントだ。

以上のことから所謂「はちま民」と考えているが、どうだろう。
はちま民はゲハを悪く言う割には元ソースを見ずにまとめだけ見て知ったような気になっている人たちという認識。
まぁ、ゲハを見たところでプロと単なる煽り好きが混ざっていてもはや訳が分からないのだが。
私から言わせてもらえば、ゲハは煽りをすべて無視して煽り元のソースを見に行くための場所。結構知らない海外サイトや埋もれているゲームサイトの一記事を教えてくれたりするから使える。
あとは、煽りからインスピレーションを受けてブログのネタを探す場所だ。



※2017/03/09追記

今回晒させてもらったのは、彼のような発言はワザとでない限りできないと思ったから。
XBOX GAME PASSの記事内でPSNOWに似たサービスと言っているのにフリプのパクりと言ってくるあたり内容も大して読んでいないだろうし、ゲーム関連の知識も乏しい。そしてすべて「任天堂信者のせいだ」と。
かといって業者っぽくはない。そもそもステマ業者なら個人のブログは無視するだろう。大したアクセス数もないことだし・・・。
もしワザとでないとしたら、彼の言い分の情報源が分からない。現在のはちまやJINではすべてのネガキャンは任天堂信者がやっていることになっているのか?それはそれでもはや手の施しようがないほどの洗脳だよ。
どちらにしても由々しき事態。だから晒した。

まぁ、私の方が現実を分かっていない可能性も微レ存?
その場合は、私が頭のおかしい奴だと思ってくれればいいよ。
私が面倒くさい奴だとは自覚しているけどね。
posted by ナスターシャ at 22:03| Comment(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Steam] G2Aに手を出すか否か

G2Aを利用しようかどうか迷っている。

Steamだけでなく、PS4やXBOXONEなども含めたあらゆるアクティベーションキーの個人間取引をサポートするサイトである。俗に「鍵屋」と呼ばれている。
G2Aは基本通貨がユーロなので多少分かりにくいが、円表記になる部分も増えているし、日本のWebmoneyも使える。そして、日本語での説明も多い(完璧ではないが)。と、鍵屋の中では使いやすい部類ではないだろうか。

ただ、鍵屋は最終的には個人間での取引になるため、キーが送られてきたのに有効化できなかったり、リージョンの違いで日本では有効化できなかったり、という問題も生じる可能性が多少なりともあるようだ。
また、販売者が違法な手段(他人のクレカなど)でキーを入手して売りさばく犯罪の温床になっている場合があるらしい。
他には、PCパーツに付属していたり、ギフトで貰ったけど興味のないもの、4パックなどの複数購入で割引されるゲームを購入して残り3つを売るといった手段も考えられるため、全部が全部犯罪という訳でもないだろうが。

というのがSteam初心者なりに調べてみた鍵屋の実態。
例年通りなら3月末にSteamのセールがあると思われるので、その辺りでG2Aに手を出すかどうか決めてみるよ。
posted by ナスターシャ at 19:00| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Switch] 30万台強を販売

Nintendo Switch、発売3日間で国内推定販売台数33.1万台を記録 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』国内推定販売本数は19万3060本(ファミ通.com)

思ったより売れた。結構買った人が多いのね。PS4と同等の売り上げだよ。
まぁ私もスプラトゥーン2が出るころには買うかも。どっちにしても、ファイアーエムブレムが出る頃には買う予定なんだけどね。

今回、PSが年末〜3月に話題作を固めたことが、逆にSwitchの宣伝になった気がする。
バイオ7・蒼ヴァル・仁王・スパロボV・ニーア・トリコ・FF15・龍が如く・グラビティデイズ2・PSVR。
和ゲーを取り揃えた自慢のラインナップだったのかもしれないが、少なくとも私にとっては「この程度か」と言わざるを得ない。どれも買う気は起きなかった。
普段ならそこそこ良いと思うよ。でも、敢えて「凄いラインナップ」と言えるかとなると微妙。
その上、落胆するようなゲームも多かったのではないだろうか。

そして、はちま信仰の終焉。
DMMがはちま起稿を買収していたというニュースにより、はちまのネガキャンが逆の意味を持つようになった。
現在もSwitchをネガキャン中らしいが、記事通りのネガティブな内容に見えている人がどれだけいるのだろうか。

さらに、ポケモンGO・クラシックファミコンミニの好評っぷり。これが任天堂ブランドを底上げしたように思える。
マリオラン・ファイアーエムブレムヒーローズに関しても、酷評はあるもののマイナスになるほどでもない。

これらの外的要因に加え、当然ながらSwitch自体の魅力もある。
家族向けパーティゲーム「1‐2‐Switch」、海外レビューサイトで軒並み高得点をたたき出した「セルダの伝説ブレスオブザワイルド」。
ロンチソフトは少ないものの、ライトユーザーにもコアユーザーにも魅力的なものに映るだけの潜在能力はあると思われる。
「1-2-Switch(Switch)」と「Nintendo Land(WiiU)」の違いは、一般人向けパーティゲームか、ゲームユーザー向けパーティーゲームかの差かなぁ。今回はよくできていると思うよ。
後は、このままラインナップを切らさずに続けていけるかどうか。WiiUの時のようにコアユーザーだけを引っ張ってもダメだからね。

Sonyは「AV機器メーカー」、MSは「PCソフトメーカー」だが、任天堂は「おもちゃメーカー」。
Switchはゲーマーから見れば少し物足りないようにも思えるが、「おもちゃメーカー」としての魅力は特に色濃く出ているような気がする。
今後が気になる注目のハードだね。
posted by ナスターシャ at 18:10| Comment(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

[iOS] FEH その8 最終レビュー

iPhone5Sでプレイしていたのだが、バッテリーが膨張していることに気づいたので、iPhone自体を使うのが怖い状況になった。
バッテリー交換も検討しているものの、弟から貰ったものでWifi運用だから保証はないだろうし、やるなら自分で分解するかなと思っているところ。
頻繁にログインしなくなるとログインボーナスももったいないし、幸い興味もかなり薄れていたので、いっそやめるかという程度の感覚。
ちなみに、最後に20個溜まっていたオーブでガチャをやったけど、★3 x5だったよ。
見事に散って、潔くお別れできるね。

ということで、最終レビューもしておこうか。

詰将棋的な面白さはあるものの、適正レベル付近で遊ぼうと思うと基本的な能力値は劣勢な状態で遊ぶことになる。かといって下位レベルに行けば経験値が全く入らず、プレイする意味がない。
圧倒的不利な状況を覆す面白さはリプレイ性から生まれるはずだが、スタミナがあるのでリプレイ性はない。
ヌルゲーマーにはこの時点で割と苦痛。

そして、★5前提の闘技場がヘイトを貯める引き金になる。
中級を7連勝して10万位以内を目指すのが当面の目標となりそうだが、中級7連勝は意外とキツイ。かといって、ここから外れると貰える羽がぐっと減る。
そもそもチキ・タクミ(速さマイナス)・リンしか★5がない状況で、相手は★5が4体なんてザラ。
タクミ2体や、ルフレ2体なんていた日にはキツイのなんの。ほとんどの場合はここで連勝ストップだ。
比較的低レベルのナーシェンを入れているので、1枠死んでいる状態でかなり厳しい戦闘を余儀なくされる。当然、ナーシェンを外すと10万位なんて不可能だし、それ以外のボーナスユニットは持っていない。

そして、ガチャでも32連続★5なし。
27までは前回のガチャで最後の最後までつぎ込み(4.25%までは見た)、今のガチャでさらに5連回したが、★5は出なかった。
他のソシャゲの確率より良心的なんて言われるが、あまり関係ない。
★5しか使えないと言っていいくらいの性能差があるのだから、もう少し排出率を多くしてほしかった。
それを緩和するためのスキル引継ぎなのかもしれないが、そこまで待てませんでした。

このゲームは★5のキャラで遊ぶことを前提にしているかのようなバランスに思える。
一人で遊ぶにしては闘技場などで無駄に回りの環境を見せびらかしてくるので、ソシャゲならではの常に煽られている感じは健在。
運の悪い人から抜けていくんじゃないかな。それでやっていける収益スタイルなら成功と言えるかもしれないが、無課金ユーザーが楽しめるかというと、おそらく無理だろう。

まぁ、この状態で1か月は楽しめたので、1年後くらいにやり始める人はもう少し遊びやすくなってるんじゃないかな。
ただ、私が再開する予定は今のところない。

あとね、ソシャゲってゲームクリアというのがないだけに嫌になってやめる方が圧倒的に多く、こういうレビュー書かせるとネガティブな意見しか出てこないところが損だね。
スッキリと「面白かった」と終われた試しがないし、そういう終わり方ができるとも思わないよ。

ファミ通的得点
5・8・3・7
posted by ナスターシャ at 17:24| Comment(0) |  → レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Switch] 流石ファミ通

ファミ通.com

famitsu.png

凄いよね。
何が凄いって、3月3日はSwitchの発売日。そんな大事な日のトップニュースがこれ。
00:00:00から販売開始だっていうのに、Switchの記事を上げた後すぐに別の記事を4つ上げて、Switch関連ニュースをオススメから外している。

理由はトップの目立つ場所にSwitch記事を載せないためだろう。
こういう涙ぐましい努力はよく見る光景。
申し訳程度に「そるだむ開花宣言」の記事を1つトップに入れているものの、それがSwtchの記事だとは開いてみるまで分からない。
DLソフトだから知名度も低いしなぁ。

見事と言わざるを得ない。
posted by ナスターシャ at 00:28| Comment(3) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

[XBOXONE] XBOX Game Pass

http://news.xbox.com/2017/02/28/introducing-xbox-game-pass/

Google翻訳

簡単に要約してみる。

月額9.99ドルで100以上のゲームがプレイできるよ。
バンナム、カプコン、Codemasters、ディープシルバー、フォーカスホームインタラクティブ、セガ、SNK、THQ、ワーナー、MSなどのメーカーが参入し、Halo5、Payday2、NBA2K16、SoulCalibur IIもあるよ。
ストリーミングじゃなくてダウンロードだから、回線速度に依存せず、ラグなしでプレイできるよ。
カタログ内のゲームはXBOX Game Passメンバーなら特別価格で購入することもできるよ。
春から始めるよ。その為のテストは今日からやるよ。


こんなところかな。
EAアクセスのメーカー拡張版だね。
一定数のソフトを定額で供給するという点ではPSNOWと似たようなサービスではあるものの、DLなので技術的には全く違うサービス。
DLするが故にゲーム機本体は必須になるけど、回線に関係なくプレイできるのは良いね。
あと、このまま日本に来るとしたら980〜1280円くらいかな。値段も安い。

まぁ、どうせ日本は春には来ないだろうから、気長に待つかな。
PSNOWよりは良さそうな値段設定だね。

ゴールドメンバー・EAアクセスとコレをまとめて、年間12000円くらいのプランが欲しいなぁ。
posted by ナスターシャ at 00:21| Comment(2) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする