2017年03月07日

よし、晒し上げるか

久々に煽りコメントが来たので、ちょっと晒させてもらおうか。



[Switch] 流石ファミ通

>任天堂マンセーでおなじみのファミ通がどうかしましたか?

>例
>・マリオを動かすだけで10点
>・ドラクエ新作だから10点

>一方PSゲームは
>・前作やってないから8点



XBOX Game Pass

>PS+のフリプのパクリか



「PS4/Vitaで発売!!」 → 「ならイラネ」現象

>アニメオタクに媚びてるのはむしろ任天堂ですが。

>ハード信者は遊ぶものが無くてかわいそうです(大爆笑)



ようやくはちまが企業だと認定されたか

>捏造してPS叩きして任天堂マンセーしてたサイトなのに何言ってんの?
>さすが任天堂信者は息をするように捏造する。



これらは私のサイトの記事にすべて同じ人から同日付けられたコメントである。
それぞれに私のコメントも返しておきました。リンクからどうぞ。

私は性格がひん曲がっているので、こういうのには対抗せざるを得ない。
私も記事内容で煽ったのは申し訳ないと思いつつも、反論の内容が内容だけにちょっとね・・・。

彼の言っていることはいまいち理解できない。

ファミ通が任天堂マンセー?エンブレムサーガ事件(エンブレが任天堂に敗訴)以降は目の敵にしていたようにしか思えないけどなぁ。

任天堂がアニオタに媚びている?小児向けならあるだろうけど、アニオタ向けがそんなにあったっけ?

ハード信者は・・・云々。全ハード持ってても求めてるゲームがないから悲観しているというのに・・・。

はちまが任天堂マンセー?ごめん、最近のはちまは知らないんだ。最近は任天堂マンセーしてたんだ?どちらにしてもはちま起稿はねつ造していたということですかね?
ちなみに、Googleさんの予測変換に聞いてみるとこんな結果が出ました。
hachima_nin.png

hachima_sony.png


最初の3つのコメントは「最近の記事」欄から見えるのに対し、「はちま起稿」に関する記事は過去ログを探らないと見えない。
よって、彼ははちま起稿に関する記事を見てからこれらのコメントを書いたと推測される。
わざわざXBOX Game Passに関しても触れているあたり、分かりやすいんだけど・・・。

ちなみに私は「はちま起稿」を恨んでいるよ。「オレ的ゲーム速報JIN」も同様に。
出来れば潰したいし、あれをソースにしている人間の気が知れない。

でも私は、彼からプロフェッショナルな悪意は感じ取れない。業者ではないような気がするんだ。
ゲハのPS信者は、あることないこと書き立て、煽りを完璧にスルーして別の話題で煽り返すプロの集団がたくさんいる。それらに比べるとまだゲーム愛がありそうなコメントだ。

以上のことから所謂「はちま民」と考えているが、どうだろう。
はちま民はゲハを悪く言う割には元ソースを見ずにまとめだけ見て知ったような気になっている人たちという認識。
まぁ、ゲハを見たところでプロと単なる煽り好きが混ざっていてもはや訳が分からないのだが。
私から言わせてもらえば、ゲハは煽りをすべて無視して煽り元のソースを見に行くための場所。結構知らない海外サイトや埋もれているゲームサイトの一記事を教えてくれたりするから使える。
あとは、煽りからインスピレーションを受けてブログのネタを探す場所だ。



※2017/03/09追記

今回晒させてもらったのは、彼のような発言はワザとでない限りできないと思ったから。
XBOX GAME PASSの記事内でPSNOWに似たサービスと言っているのにフリプのパクりと言ってくるあたり内容も大して読んでいないだろうし、ゲーム関連の知識も乏しい。そしてすべて「任天堂信者のせいだ」と。
かといって業者っぽくはない。そもそもステマ業者なら個人のブログは無視するだろう。大したアクセス数もないことだし・・・。
もしワザとでないとしたら、彼の言い分の情報源が分からない。現在のはちまやJINではすべてのネガキャンは任天堂信者がやっていることになっているのか?それはそれでもはや手の施しようがないほどの洗脳だよ。
どちらにしても由々しき事態。だから晒した。

まぁ、私の方が現実を分かっていない可能性も微レ存?
その場合は、私が頭のおかしい奴だと思ってくれればいいよ。
私が面倒くさい奴だとは自覚しているけどね。
posted by ナスターシャ at 22:03| Comment(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Steam] G2Aに手を出すか否か

G2Aを利用しようかどうか迷っている。

Steamだけでなく、PS4やXBOXONEなども含めたあらゆるアクティベーションキーの個人間取引をサポートするサイトである。俗に「鍵屋」と呼ばれている。
G2Aは基本通貨がユーロなので多少分かりにくいが、円表記になる部分も増えているし、日本のWebmoneyも使える。そして、日本語での説明も多い(完璧ではないが)。と、鍵屋の中では使いやすい部類ではないだろうか。

ただ、鍵屋は最終的には個人間での取引になるため、キーが送られてきたのに有効化できなかったり、リージョンの違いで日本では有効化できなかったり、という問題も生じる可能性が多少なりともあるようだ。
また、販売者が違法な手段(他人のクレカなど)でキーを入手して売りさばく犯罪の温床になっている場合があるらしい。
他には、PCパーツに付属していたり、ギフトで貰ったけど興味のないもの、4パックなどの複数購入で割引されるゲームを購入して残り3つを売るといった手段も考えられるため、全部が全部犯罪という訳でもないだろうが。

というのがSteam初心者なりに調べてみた鍵屋の実態。
例年通りなら3月末にSteamのセールがあると思われるので、その辺りでG2Aに手を出すかどうか決めてみるよ。
posted by ナスターシャ at 19:00| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Switch] 30万台強を販売

Nintendo Switch、発売3日間で国内推定販売台数33.1万台を記録 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』国内推定販売本数は19万3060本(ファミ通.com)

思ったより売れた。結構買った人が多いのね。PS4と同等の売り上げだよ。
まぁ私もスプラトゥーン2が出るころには買うかも。どっちにしても、ファイアーエムブレムが出る頃には買う予定なんだけどね。

今回、PSが年末〜3月に話題作を固めたことが、逆にSwitchの宣伝になった気がする。
バイオ7・蒼ヴァル・仁王・スパロボV・ニーア・トリコ・FF15・龍が如く・グラビティデイズ2・PSVR。
和ゲーを取り揃えた自慢のラインナップだったのかもしれないが、少なくとも私にとっては「この程度か」と言わざるを得ない。どれも買う気は起きなかった。
普段ならそこそこ良いと思うよ。でも、敢えて「凄いラインナップ」と言えるかとなると微妙。
その上、落胆するようなゲームも多かったのではないだろうか。

そして、はちま信仰の終焉。
DMMがはちま起稿を買収していたというニュースにより、はちまのネガキャンが逆の意味を持つようになった。
現在もSwitchをネガキャン中らしいが、記事通りのネガティブな内容に見えている人がどれだけいるのだろうか。

さらに、ポケモンGO・クラシックファミコンミニの好評っぷり。これが任天堂ブランドを底上げしたように思える。
マリオラン・ファイアーエムブレムヒーローズに関しても、酷評はあるもののマイナスになるほどでもない。

これらの外的要因に加え、当然ながらSwitch自体の魅力もある。
家族向けパーティゲーム「1‐2‐Switch」、海外レビューサイトで軒並み高得点をたたき出した「セルダの伝説ブレスオブザワイルド」。
ロンチソフトは少ないものの、ライトユーザーにもコアユーザーにも魅力的なものに映るだけの潜在能力はあると思われる。
「1-2-Switch(Switch)」と「Nintendo Land(WiiU)」の違いは、一般人向けパーティゲームか、ゲームユーザー向けパーティーゲームかの差かなぁ。今回はよくできていると思うよ。
後は、このままラインナップを切らさずに続けていけるかどうか。WiiUの時のようにコアユーザーだけを引っ張ってもダメだからね。

Sonyは「AV機器メーカー」、MSは「PCソフトメーカー」だが、任天堂は「おもちゃメーカー」。
Switchはゲーマーから見れば少し物足りないようにも思えるが、「おもちゃメーカー」としての魅力は特に色濃く出ているような気がする。
今後が気になる注目のハードだね。
posted by ナスターシャ at 18:10| Comment(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする