2017年03月10日

G2A使ってみた

G2AかSteamの春セール用に2000円のWebmoneyを購入しておいたのだが、いざ手元にあると使いたくなって、結局G2Aに使っちゃった。

取り合えずG2A Dealで「Syberia」「Syberia2」「DiRT3 Complete Edition」「Lord of the Fallen」「SUPERHOT」の5本をゲット。
これは各メーカーが提供しているんだよね?それなら何の問題もないよね。
Webmoneyで購入する場合は月払い(1.5ユーロ+手数料)ができず、単体購入(2.5ユーロ+手数料)のみだった。
それでも300円程度なので安いが。

同様にWebmoneyではG2A Shield(月額)にも加入できない?
30日無料体験しようと思ったらクレカの登録を求められたよ。
個別のシールドは1タイトルにつき360円ほど(3ユーロ?)と高すぎるから、以下はシールドなしで購入。

あとは10 Random CD-Key と5 Random Premium CD-Keyを買ってみた。
元ぐらいは取れるだろうと思ってチャレンジ。
10個の方はセール最安換算で314円分かな。240円⁺手数料を出してランダムで買った割にはお得感すらないとは。元は取れてるんだけどね・・・。
Premiumは482円⁺手数料だったが、こちらも興味のあるタイトルは一つとしてなく撃沈。金額ベースではそこそこだったが。
キーと同時にゲームタイトルも記載してあるので、有効化する前に被りは分かる。
G2A random key.PNG
そういえば、ガチャにお金を払うのは初めてだな・・・。

それ以外は、「iO」「Mini Metro」「RFLEX」「FEZ」「And Yet It Moves + Cogs + Crayon Physics Deluxe + Hammerfight + VVVVVV」。
これらで1953円。2000円のWebmoneyをほぼ使い切った計算だ。
手数料に関しては、G2A Dealが309円に対して37円。ランダムキーが722円に対して86円。その他ソフトが714円に対して85円。ということで、12%くらい取られるみたい。
比較するなら、「G2A価格+12%」と「Steam最安値」を天秤にかけるといいと思われる。

キーが使えなかったり、おま国だったりというのは無かったようで、すべて有効化できたよ。とりあえずは一安心。
直にSteamで買う場合との違いは、ライセンスの購入店情報が「Steam ストア」ではなく「小売店」になる、返金不可・アクティビティに表示されないくらいかな。トレカも実績も普通にSteamで買ったものと同様に手に入るよ。
とはいえ、「Mini Metro」「Crayon Physices Deluxe」「Superhot」の3点が欲しかっただけなので、かなり無駄遣いしたな。
posted by ナスターシャ at 23:39| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする