2017年03月22日

Humble使ってみた

G2Aに続き、Humbleにも手を出してみた。
Humbleは正規ショップなので本来なら鍵屋より前に手を出すべきなのだろうが、サイトが英語なので後回しになった。

今回はHumble Monthlyというサービスを利用する。月額$12 = 1400円弱。
買うのは2017年4月分という括りで、「The Witness」+来月に6本かな?
この6本は来月にならないと分からないので、ランダム性の高いサービスともいえるが、$100以上は保証されているという。
今回は、The Witness単体でもSteamのSale時で2000円程度、G2Aでも1200円程度なのでお得と判断して購入。

The WitnessをDLするところで「Steam-key」と「DRM-free Windows Build」が選べるんだけど、どっちがいいのかなぁ。
とあるサイトにはHumbleはSteamキーとDRMフリーの両方貰えるって書いてあったのだが、片方を選ぼうとすると「一度選択すると変更できません」といった趣旨の警告が出る。Monthlyはどちらかしかもらえないのかな。
The WitnessはSteamトレカがないのでDRMフリーにしてみる。

ZipをDL → 解凍 → インストールという手順が必要だから、一時的とはいえSteam版と比べると3倍の容量を食うね。

ただ、過去の判例を見てもそれほど欲しいタイトルは無かった。
すでに単体購入した「Banished」くらいか。戦ヴァルはおま国をスルーできたとしても英語だろうし。
今回の「The Witness」は前からSteamのウィッシュリストにも入れていたので「Humbleを使ってみる」という名目を加味して1400円出す価値があったが、そうでなければ980円くらいまで待つつもりだった。
次回も続けるかどうかは微妙なところ。

あと、単品購入の話になるが、ニーアはHumbleで買った方が安いね。
$1が111〜112円の現状を考えると、Humbleは$53.99で6000円程度、Steamは8400円程度なので、2000円も差がある。
おま値常習犯の日本製を買う時はHumble経由の方がいいかな。



※2017/03/25追記
2月半ばにThe Witnessも含めた30本強を$30というFreedomBandleってのをやってたんだね。
知っていればこっちを買ったのに・・・。
posted by ナスターシャ at 19:00| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする