2017年05月10日

アケアカの魅力って何?

『アケアカNEOGEO 餓狼 MARK OF THE WOLVES』がNintendo Switchで5月11日より配信開始(ファミ通.com)

アケアカ関連ニュースを最近よく見るけど、全く興味が沸かない。
何故、今更オンライン対戦のない格ゲーを出すの?しかもレトロゲー。

MoWなんて360版が8年前くらいに出てるでしょ。(ONE互換あり)
ゲーセンではあまりやらなかったけど、DC版はオフのみで多少プレイした。
360版当時はオンラインで対戦もそこそこやったよ。

Switchで持ち出してジョイコン2つで対戦することを想定しているのだろうか?
まぁ、KOFよりはMoWの方が同時押しが少なくてコントローラーには向いてるかもしれないけど。
今どきの格ゲー事情でオフのみって相当厳しいと思う。

少し前に出たPS4・Steam版はどちらも残念な出来だったらしいね。ただ、その原因はオンライン関連だったはず。
となるとアケアカよりそちらの方がマシか?

ただ、360版を見ても明らかに他の格ゲーよりレスポンスやUIなどは劣っており、SNKがオンラインを使いこなせていたようには思えなかった。
聞いた話では、MoWに関しては「360版 > PS4版 > Steam版」という優劣具合らしいよ。
先発の360版の方が良くて、それすらも微妙な出来ってどういうことだよ。

結局、非公式のkawaks(NEOGEOエミュ)のオン環境が一番良かったなんて話も聞くが、SNKがオンライン対戦を上手く扱えず匙を投げたのでオフのみになったのではないか?

あと、SNKタイトルなら月華2とサムスピ六番勝負をSteamで出してくれませんかね。もちろんオンライン対戦ありで。
オフのみで出すならHumbleで販売されているゼロスぺくらいのタイトルでやってほしい。
まぁハムスターに言ったところでどうにもならないんだろうけど。

ちなみに先週、PS2のサムスピ天下一剣客伝を500円程度で買ったけど、やはりオフだけだとちょっと遊んだら飽きる。
360で旧作格ゲーリメイクがそこそこ出ていたころは、「いずれ旧作格ゲーも大半はオンライン対戦ができるようになるんだろうなぁ」なんて思ったものだが、シェアプレイのようなハード側の機能で無理矢理入力キーをやり取りでもしない限り実現はできないのかな。
posted by ナスターシャ at 23:57| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする