2017年07月31日

[3DS] ドラゴンクエスト11 その1

さて、プレイを始めてまだ1時間といったところだろうか。
3D・2Dモードを固定した直後までプレイした。

それほど熱心にプレイしようとは思わない。
というのも、別に待ち望んでいたわけではないから。
スプラ2が手に入らなかった半ば腹いせのようなもの。

では、いざ買ってみての感想へ移ろう。

上画面が3D、下画面が2Dの状態では、2Dモードは非常にお粗末な作りだと感じた。
イベントシーンも基本的に2Dモードの画面だけ見ていたが、演出がDQ6までのものと比べると非常に陳腐。
何が起こっているのか理解できず、状況を確認するために3Dモードを確認する必要もある。
3Dモードありきで製作されていると感じる作りだ。

ただこれは、共存時の場合のみかもしれない。というのも、モード選択後は樽や壺を調べた時の演出変更された。共存時は3Dモードにいろいろと引っ張られている状況なのだろうか?

演出に関しては、共存時は3Dモード(上画面)の「投げて壊す」というモーションを2Dモード(下画面)は「待つ」必要があったのだが、2Dモード選択後はその待ち時間が無くなった。
よって、3Dモードの演出によって引き起こされる快適さの欠落は、2Dモードには引き継がないという結論が分かった。
これは非常に大きな収穫だ。そして、逆に言えば、3Dモードは演出によって時間を余計に消費するということの証明にもなった。

PS4版はおそらく3DS版の3Dモードと同じ、もしくはそれ以上の演出時間を強いられる。
ドラクエ7以降のこういった面倒な演出が大嫌いだった私にとっては、3DモードやPS4版をプレイする価値はほぼ0となったと言えるだろう。

モード固定直前のムービーはPS4版と共用なのだろうが、違和感の塊。
頭身も顔も違う。PS4版なら違和感はないんだろうなぁ。

戦闘に関しては、テンポが遅い。オプションの戦闘速度は「はやい」に変更したが、それでも遅い。
過去作の文字送りはもう少し早くなかったか?
2Dモード固定になってもそこは変わらなかった。
また、敵キャラのアニメーションはないので、ドラクエ5のような戦闘画面。
個人的にはこれでいいのだが、アニメーションが不要な理由はテンポなので、文字送りが遅いことで無価値となっている。これは非常に残念。

ちなみに、30代中盤なので世代的にはドラクエ3(FC)の世代かな。当時はドラクエもFFも興味のない子供だった。
クリア済み DQ1(SFC)・DQ5(SFC)・DQ6(SFC)・DQ7(PS・3DS)・DQ8(PS2)・DQ9(DS)・テリワン(GB・3DS)
途中までプレイ DQ3(SFC)
というプレイ歴。DQ6以外は発売後かなり経ってからプレイしたものが多い。

今のところ、2Dモードはおまけで付けただけという印象。
あの頃のドラクエの劣化版としか見れない。
posted by ナスターシャ at 07:36| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

[3DS] ドラクエ11買ってきた

170730_dq11.JPG

ドラクエ11買ってきたよ。

ビックのスイッチ抽選会に合わせて行ったけど、ダメだったよ。
グレー100台/810人(一番大きい当選番号)ということで、当選率は1割くらい。

エディオンのスイッチ抽選会も並んでいるところにたまたま通りかかったので行ってみたけど、こっちもダメだったよ。
スプラ同梱8台・他10台(色不明)で人数は見なかった。
posted by ナスターシャ at 16:48| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

[Switch] 品薄の原因は?

Nintendo Switchが品薄で販売店では連日抽選で販売されている。
しかし、任天堂は明確な理由を公表していない。

そんな中Twitterで起きたビックカメラの抽選券抜き取り疑惑。
明確な番号は忘れたが、自分が101番、前の人が99番で、実際当たりは100番でしたという疑惑。
連番で配っている風なのに、なぜ100番が飛んだのか?という部分が憶測を呼んでいる。
Twitter民が嘘をついている可能性も否定できなかったが、ビックが事実と認めたのでビック側の不手際ということは明確となってしまった。

当初、店員個人が抜き取って転売していると推測されていたが、実は該当店舗以外でも同様の事象が起こっていた?という更なるTwitterでの投稿が見られて、そこから推測するに、同業他社より多く仕入れたように見せたいが為のビック側の誇大広告だったのではないかという、もっともらしい理由が浮上してきた。

と、事件っぽいことも起き始め、悪い意味での社会問題になってしまう危険水域に入ってきたように思える。

任天堂側の品薄商法など言われるが、目玉商品のスプラトゥーン2の発売日にも十分な数が用意できていない当たり、機会喪失の方が大きいことは目に見てわかる。
私も、スプラ2発売日に確保できなかったことにより、Switch自体のモデルチェンジまで待ってもいいかなと思い始めた。そういう思考になってしまうと、出荷数が解消したとしてもいつ出るかわからないモデルチェンジまで待たれてマイナス効果はデカイ。

致し方ない状況があったのだろうとは思うが、実際何が原因なのかは公表されていない。
もしメモリが無いのなら、そうといえばいいのに。
PC周りでもSSDやDIMMの高騰は有名で、これらが原因なのであればある程度は仕方がないと世間は見てくれるはずだ。
定価が決まっているゲームハードの場合、仕入れ値は一定以下でなければいけないから、取り合いになると弱いのは理解できる。

単純に品が用意できていないことが悪いとは私は思わない。品薄商法だとも思わない。
が、品薄の原因を公表しないことは任天堂に非があるのではないだろうか。

特に欲しいソフトが無かったからと、スプラ2同梱待ちしてしまったことが非常に悔やまれるな。
ゼルダと一緒に買ってしまえば良かった。
posted by ナスターシャ at 22:33| Comment(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

ぼくらの勇気 未満都市 2017

面白いか?と言われると、そうでもない気がする。
が、未満都市の続編と言われれば納得できる気がする。

「我々も大人になったから面白くないんじゃないかな?」と思うんだ。
クオリティは昔も大差ないと思う。

そういうのも含めて、結構楽しめた。

強いて言えば、序盤の展開の遅さがもったいない。
このペースなら3時間は欲しかったなぁ。
posted by ナスターシャ at 22:52| Comment(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

M570t トラックボールの弱点

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t -

M570tを使い始めて2日。
このトラックボールの弱点が少し分かってきたような気がする。

まず、クリック時にポイントが定まりにくい。
この原因は、クリック時に人差し指を動かすと同時に親指が動いてしまって、それに伴ってカーソルも動いてしまうこと。
これを低減させるために、クリック前にボールから親指を放そうとするも、放そうとした時にも指の粘着力によってボールが動いて、それに伴ってカーソルが動く。

ということで、クリック時に親指が動かない方法を見つけることがM570tを上手く使いこなすための第一歩のように思える。
親指で少し押すとボールが動かなくなるような仕様があればいいのだが、結構良く滑るんだよね。

慣れるまでにはまだまだ時間を要するようです。
posted by ナスターシャ at 10:02| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Switch] 単刀直入に言えば「欲しい」

Switchは今すぐにでも欲しい。
スプラトゥーン2は初日から参戦したいという気持ちはあるが、定価で購入できないのであれば不要かな。

中古屋のレプトンへ行ってみると、中古品を47000円で売っていた。これじゃ買わないわ。
まぁ、高値でも買っちゃう人がいるからその値段なんだろうけど、私はフラッと立ち寄って定価で買える時に買うよ。

いくらプレミア物でも、定価以上の額を支払うことには非常に抵抗がある。
posted by ナスターシャ at 09:10| Comment(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

Amazon Prime Sale

プライムセールで買ったものがほぼ届いたよ。

ブラウン オーラルB プラックコントロール DB4510NE 電動歯ブラシ 乾電池式 ¥834
MARSHAL(マーシャル) MAL2160SA-T54 リフレッシュHDD 2.5インチ SATA 160GB ¥1,966
LOGICOOL ゲーミングキーボード G105 ¥2,616 ※これだけは17日に届く予定

あと、
LOGICOOL トラックボール M570t
プライムセールで目玉商品のように売られていたが、こちらはその数日前にジョーシンで頼んでしまったやつだよ。
誕生日クーポン500円+ロジ製品200円クーポン使っても¥3,490。
まさか数日後にさらに安い3200円代で売られるとはね・・・。

ということでひとつづつ感想を。

電動歯ブラシ。
今まで電動は使ったことなかったんだけど、いまいち磨けているのか分かりづらいね。
ブラシが大きくて奥の方が磨きにくい。
前歯とかは磨きやすいので、そういうところはかなり奇麗になった気がする。

2.5インチHDD。
64GBのSSDが認識しなくなったので取り合えず応急処置で安い2.5インチHDDを購入してみたよ。
XH61Vに入れていたので3.5インチが使えず、仕方なく購入。
Windows10を入れたらちゃんと動いたので、サブPCが復活して満足。
SATA2なので速度は妥協。

トラックボール。
私はこの商品を勘違いしていたのだが、マウス機能は無いのね。
形状からしてマウス兼トラックボールなのだと思っていた。
本体を動かしてもカーソルが動かず、壊れてるのかと思っちゃったよ。
裏を見るとそもそもマウス機能が無いんだと理解したね。
現状では圧倒的にマウスの方が使いやすい。慣れるまで仕方ないね。
でも、疲労は少なそうだよ。

後はキーボードのみ。
私は意外とキーボードで格ゲーをやる人間なんだ。
ゲーミングじゃないキーボードはキー2つまでの同時押しが限界。レイジングストーム辺りはコマンドの最後が斜めなので十字部分だけでキーを2つ使ってしまって、ボタンを同時に押してしまうと反応しない。したがって十字キーを一度放してから数フレームずらしてボタンを押すという手法が必要。
これが無くなるだけでも結構違うね。
ただ、↓溜め↑はそんなの関係なく難しい・・・。
ちなみに学生の頃は友人と対戦もよくやってました。QOHとかEFZとか。
posted by ナスターシャ at 00:54| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

[XBOXONE] アケアカ 餓狼伝説SPECIAL

Switch・PS4・XBOXONEでアーケードアーカイブス「餓狼伝説SPECIAL」が発売された。

『アケアカNEOGEO 餓狼伝説SPECIAL』 7月13日より、Nintendo Switch、PS4、Xbox One向けに3機種同時配信開始!(ファミ通.com)

SwitchとPS4版は良いと思うよ。でもXBOXONE版には納得がいかない。
移植度などの内容の問題ではなく、売り方の問題でね。

そもそも餓狼SPはXBOX360版が2007年に発売されている。
移植度・オンライン対戦、共にそこそこ良好だったと記憶している。
そして、KOFや餓狼MOWなどはXBOXONEの互換対応作品だ。
にもかかわらず、餓狼SPは互換対応していない。
この状況なら互換対応できると思うんだけどなぁ。
しかも360版餓狼SPは500円で、今回発売されたのは800円強。

アケアカを売るために互換を許可しなかったようにしか思えないこの状況。
発売メーカーが違うとはいえ、やり口が酷すぎる。
posted by ナスターシャ at 07:57| Comment(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

PCの寿命がそろそろかな

現状

【CPU】Core i7 3770
【CPUクーラー】付属
【メモリ】DDR3 4GB x2
【マザーボード】Z68 Extreme4 Gen3
【ビデオカード】AXRX 470 4GBD5-3DH/OC
【サウンド】
【SSD】Intel 520Series 120GB
【HDD】WD20EARX 2TB x2
【光学ドライブ】WH12LS39K
【光学ドライブ】IHAS324-27
【ケース】P182
【電源】SST-ST75F-G
【OS】Windows 10 Pro

【マウス】M100r
【キーボード】Excellio Lite FKBE109/JW
【ディスプレイ】RDT234WX

【その他】Monster X3
【その他】PT3 Rev.A
【その他】USB3.0N4-PCIe

最近は調子が悪くなってきている。
今までプレイできていたゲームが起動出来なかったり、変な挙動だったりというものもそこそこあるし、冬場でもファンがフル回転の時があったりと、色々ガタが来始めていると感じる。

既に最初に購入したのが2012年03月。5年も使っていることになる。
そこからCPU・SSDを替え、PT3・グラボを追加し、と増設してきたものの、流石にそろそろ変えても良いのでは?と思い始めた。

Ryzenが出る前はまだいけると思って抑え込んだものだが、Ryzen発売以降はPC変えたい欲求も日に日に増している状況だ。
その上、PCが調子が悪いような気がする・・・ともなると、そろそろ考察くらいは始めようかなと思った次第だ。

前置きが長くなったが、次期PC候補を発表しよう。

【CPU】Ryzen 7 1700 BOX ¥36,980 @Amazon.co.jp
【CPUクーラー】虎徹 MarkII SCKTT-2000 ¥4,259 @ソフマップ
【メモリ】DCDDR4-2400-16GB HS [DDR4 PC4-19200 8GB 2枚組] ¥13,279 @ソフマップ
【マザーボード】PRIME B350M-A ¥9,918 @ソフマップ
【ビデオカード】AXRX 470 4GBD5-3DH/OC @流用
【サウンド】
【SSD】WD Green WDS240G1G0A ¥9,337 @ソフマップ
【HDD】
【光学ドライブ】
【ケース】Define Mini C FD-CA-DEF-MINI-C-BK ¥9,578 @Amazon.co.jp
【電源】SSR-450RMS [ブラック] ¥9,984 @Amazon.co.jp
【OS】Windows 10 Home 日本語 Anniversary Update適用版 ¥14,529 @Amazon.co.jp
【合計】¥ 107,864(2017/07/08現在)

【マウス】M570t
【キーボード】G105
【ディスプレイ】43UD79-B

ではパーツごとに見ていこう。

まずCPU。
Ryzen7 1700 (AMD)
今回の「PC変えたい衝動」はRyzenありきで盛り上がっているので、Intelという選択肢はない。
候補はRyzen5 1600とRyzen7 1700の2種。Ryzen5 1500Xになると4コアになるので魅力は薄い。

・Ryzen5 1600 27000円くらい
3.2GHz(Maxturbo 3.6GHz) / 6core-12thread / TDP 65W / Socket AM4 / L2 3MB / L3 16MB
・Ryzen7 1700 37000円くらい
3.0GHz(Maxturbo 3.7GHz) / 8core-16thread / TDP 65W / Socket AM4 / L2 4MB / L3 16MB

単体コアならRyzen5 1600の方が少し性能がいい?それ以外はRyzen7 1700だろうなぁと言ったところ。
ここに1万円の価値を見出せるかどうか。
私は前のCPUがCore i7ということで現状ではRyzen7 1700の方が優勢です。

ただ、Ryzenの欠点はAPUではない部分。
メインPCの間は良いが、サブに落ちたときにもグラボを付けなければいけないのが欠点か。
まぁその時はRadeonHD 6450があるのでそれを付けるさ。

次にクーラー。
虎徹 MarkII SCKTT-2000 (Scythe) 12cmサイドフロー
取り合えず12cmファンならいいかなってところ。
あと、空気の循環を考えるとサイドフローの方が良いような気がする。
トップフローは小さいケース用かな。

次にメモリ。
DCDDR4-2400-16GB (UMAX) DDR4-19200 8GBx2
金額ベースでメモリは大体1〜1.5万くらいと考えているので16Gx2はまだ無理。
あと、PC購入の妨げになっているのがメモリの高騰。
以前はDDR4の8GBx2って1万円くらいじゃなかったっけ?

次にマザー。
PRIME B350M-A (Asustek) MicroATX B350
今まで「いっちゃんええやつ」と考えてATXの上位(IntelのZシリーズなど)を優先的に選んでいたものの、HDDを大量に付けるわけでもなく、OCをするわけでもなく、SLIやCrossfireをするわけでもないので、結局不要だった。
光学ドライブさえ不要となった今、ミニマリストに転じても良い気がしてきたんだ。
A320でも良かったのだが、B350とは1000円差だったので、このマザーを選んだ。
最近ASUSを使っていなかったのでそろそろASUSに戻ってみようと思った。
そもそもASUSに信頼はあるものの、いつも他製品より2000〜3000円ほど高かったから避けていただけで、今はそれほど差がなかったので採用。

グラボは流用。
AXRX 470 4GBD5-3DH/OC (Powercolor) Radeon RX470
購入してからまだ1年も経ってないし、不満もない。
そもそも現在のPC不調の理由がグラボだったら困るけど・・・。

次にSSD。
WDS240G1G0A (Western Digital) 240GB 2.5インチSSD
あまり拘りは無い。240GB以上で普通の2.5インチならいいかなと。
M2は発熱が心配だし、今回はDefine Mini CのSSD置き場ありきな部分もあるので2.5インチしか選択肢はないよ。

次にケース。
Define Mini C (Fractal Design) MicroATXケース
ここ最近Fractal Designというメーカーが台頭しているようなので気になって見てみると、結構画期的なケースになってるじゃありませんか。
マザー裏にSSDが搭載出来たり、5インチを無くしてみたり、ミニマリストを目指すには面白いケースかなと。
類似商品のDefine Cのレビューを見てみるとAntecのPシリーズからの買い替えも多い様子。

最後に電源。
SSR-450RMS (Seasonic) 450W ATX電源
そこそこのグラボ1枚なら450Wでも十分だよなぁ・・・。
なんで以前は750Wもの大容量を買ったのだろうかと考えたとき、650W狙ってたら750Wの方が安売りされて下回ったからなんて理由だった気がするんだ。


※2017/07/09追記
一つ重要なファクターを忘れていた。
マザーがB350のmATXではSPDIF Out(光オーディオ)が無い。
ざっと見たところ、MSIの「B350M MORTAR ARCTIC」くらいしか見当たらなかった。
これだと13000円ほど。価格が3000円も上がってしまう。悩ましいね。

ウチにあるJuli@(サウンドカード)ってPCI-Eだったかなぁ・・・。PCIだった気がする。
posted by ナスターシャ at 11:12| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Humble] 7月のMonthly・・・

Hyper Light Drifterはこの間のSteamセールで買ったばかりなんだが・・・。
ダクソ2も日本では貰えないし・・・。
少し気になってたArmelloが入っているのが唯一の救いか。
posted by ナスターシャ at 10:01| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする