2012年01月14日

XBLA Orcs Must Die! レビュー

さて、年始早々結構なサボり方ですが、最近PCでネット見て回ってるだけで時間が経つことが多く、あまり進展が無いのが現状です。

そんな中、注目だけはしていた「Orcs Must Die!」がDeal of the Weekで値下げ中。1200→600MSP。
年末のセールで肩透かしを食らって無駄に8000以上もMSPが余っていたので、余裕で購入。

第一印象としては、ちょっとカオスシードに似てる。と思った。
カオスシードと言えば、ウチのゲーム史上最高のゲーム。RPG・アクション・タワーディフェンス(TD)・シミュレーション・育成・アドベンチャーなど、様々な要素が絡む多少難解なゲームシステムだった。
そんなカオスシードのアクションとタワーディフェンス部分のみを切り取った感じに仕上がっている。

そういえば、トレンチ(今は名前変わったけど)もこれに近いね。体験版をやっただけだが。
最近のTD系のトレンドなのかもしれない。

先にカオスシードが難解と言ってしまったが、このOrcs Must Dieに関しては非常に分かり易い内容となっている。
主人公を操作して攻撃したりトラップを設置したりして、一定間隔で攻めてくる敵を本拠地まで辿りつかせなければいい。
TD系をやる人ならすぐに溶け込めるのではないだろうか。
TD系をやらない人も、ここから始めても大丈夫だと思う。
(まぁ、カオスシードが難解なのはシミュレーションと育成の部分だからね)

不満なのは、主人公が持っているメイン武器であるボウガンの集弾率が非常に悪いこと。
精度を悪くすることによってエイムの必要が無くなり、TPS要素を和らげたかったのかもしれないが、TPSやFPSを多少かじったウチとしては折角ターゲット合わせてもあらぬ方向へ飛んでいく矢に苛立ちを感じた。
TPS要素を減らすのであれば、近くの敵を自動でロックオンする方式でも良かったのではないだろうか。

しかし、メインは設置による戦略なのでボウガンに関しては割り切れる。

※同日追記
ボウガンに関しては、連射すると集弾率が落ちるみたいだ。
照準に○が付いている状態で一発打つだけなら狙い通りのところに飛んでいく。
ということで、文句のつけようはありませんでした。


スタンダードなTDではないけど、快適なアクション要素の入ったTDをプレイしたければお勧めできる作品だと思う。

ちなみに今週のDeal of the Weekのテーマは戦略ということで、Defense Gridやサウスパークといった他のTD系ゲームも値下げされている。(海外ではダンジョンディフェンダーズも)
TDをやったことが無い人もこれを機にやってみてはどうだろうか。結構面白いよ。
posted by ナスターシャ at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) |  → レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック