2012年05月09日

3DS FE覚醒 その3(ネタバレあり

毎度のごとく、どれがネタバレになるか良く分からんから取りあえずあるって書いておく。
今回はDLCに関して。

現在配信されている有料コンテンツは、

英雄の魔符1
英雄の魔符2
英雄の魔符3
王対王 紋章編
王対王 聖戦編
金と銀

の6つ。
明日5/10にもう一つ追加予定。

金と銀以外は過去キャラ追加。
魔符3でスキル「全能力+2」、聖戦編で職業「魔戦士」が追加。
金と銀は金稼ぎマップ。
となっている。

現在すべて購入しているが、この中で納得の言ったDLCは「金と銀」のみ。
バランスブレイカー大いに結構。DLCのあり方としては一番良い内容だと思う。

他は暗黒竜1話と聖戦序章のマップ使いまわし多すぎ。
懐かしむのは有りかも知れないが、繰り返しプレイする意義が無いDLCはやはり割高に感じるだろう。

これらのDLCに関しては、任天堂がここまで有料DLCを出さなかった意味がすべて吹っ飛んだように感じた。
個人的に、任天堂は他社とは違った有料DLCのあり方を模索しているが為に踏み切れずにいたのだと思っていたが、結局出てきた物は他社と変わらない内容の物でしかない。
本編安め、DLC高めなので、DLC購入者が不満を漏らす内容しか提供できていない。

「任天堂は違う。全般的に割高感が残ってしまう現行のDLCではなく、画期的、かつ良心的な内容で出してくれる」
そう信じていた時が私にもありました。
今話題のモバゲーやグリーは論外だが、もう少し消費者が納得のいくビジネスモデルは作れない物か・・・。

そもそも、覚醒本編とも過去の原作とも似つかない絵師によるイラストって需要があるのか?
カップリングで喜ぶ層の中の、さらに一部しか喜ばない気がする。

個人的に欲しいDLCは、
経験値稼ぎマップ。
支援稼ぎマップ(=絆の種ドロップなど)。
村人の巻物。
と言ったもの。
要は、実用的なものをもっと増やしてくれ、と。
あと、賢者のマップ上のドット絵も気に入らないんだ。代用職があると嬉しい。

過去作マップ出すなら、上記を含んだ上で作ってくれ。
現状、そのマップの話の内容を気にしなければ、一番最初の無料(期間限定だが)DLCを繰り返すだけで事足りる。
村の数は一緒のはずだし、もらえるアイテムも同じ(レア除いた完全ランダム?)。
まぁ、経験値稼ぎマップのような繰り返しプレイするマップでクリア後に選択肢を迫られるのも面倒だけど・・・。

と言うことで、DLCに関しては期待していたのにそれに答えられていない不満が残る形に。
任天堂に不満と言うよりは、現状のDLC自体に不満を持っていると言った感じ。そこに任天堂も加わっただけ。

今まで納得のいったDLCは、
「Defense Grid」の「You Monster」
「Peggle」の「Peggle Nights」
の2つくらいだな。
他は物足りなさを感じることが多い。

あと、おまけでクロムとオリヴィエをくっつける方法。
クロムと結婚する可能性のある女キャラを10章まで隣接させず、11章でオリヴィエがクロムに対して数回踊ればOK。
(念のため4回踊ってクリアしてみたが、クリア後に「妻オリヴィエ」となっていた)
マイユニを大量に雇うなどして女キャラを出撃させないようにすれば「おまかせ」でも安心。
posted by ナスターシャ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック