2012年05月10日

3DS FE覚醒 その3(ネタバレあり

毎度のごとく(ry
ネタバレあるよー

今回は結婚システムについて。

ウチは聖戦の時からだが、子供の性能重視なんだ。
アイラ・ノイッシュで必殺持ち、ティルテュ・レヴィンで6章からフォルセティ可 等。
今回は、引継ぎスキル・転職可能な職業・能力限界値の3つがメインか。

まず引き継ぎスキル。
両親のスキル欄の一番最後の物が引き継がれるようだ。
王の器や下克上、疾風迅雷など普通ではキャラや性別限定職のスキルも引き継げるので、異性の限定職スキルを引き継がせるのが基本となりそう。

次は転職可能職。
各キャラ3つずつの転職可能な職業が用意されていて、子供にはそれらが引き継がれる。
よって、基本的に6種の下級職に転職できることになる。
男性限定職の蛮族・戦士・村人、女性限定職のトルバドール・ペガサスナイト・踊り子を持っているキャラは、異性の子供に別の職が引き継がれることもあるようだ。
この辺りの法則性が厄介なので、調べる必要があるか。
ベルベッド・ドニが結婚して、シャンブレー・マイユニ女が結婚したら、マムクートと女性職以外に転職可能なマークが出来る?

最後に能力限界値。
限界値は、クラスごとに決められている限界値に、キャラごとの個体値を加味した物になるようだ。
そして子供の限界値は、両親の限界値の合計+1だとか。子供世代キャラとマイユニの子は+1ボーナスなしらしい。
例えば、
バーサーカーの力限界が50。
セルジュが+3、ヴェイクが+3。
彼らが結婚すると、ジェロームのバーサーカー時の力の限界値は57(50+3+3+1)。
さらに、ジェロームと力特化(得手不得手項目で変動)マイユニ女が結婚すれば、力限界61(57+4)のマーク男が誕生することになる。

自分用に、名前を入れれば職業と個体値が計算される表をExcelで作ってるけど、かなり面倒・・・。
でも、全部考慮すると色々考えることがあって結構面白いね。
posted by ナスターシャ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/269438217

この記事へのトラックバック