2013年05月22日

XBOXone 一夜明けての感想

WiiUは独自路線でスペックも大幅に劣るため、PS4との比較で考えてみようと思う。
 XBOXonePS4
CPU8コアjaguar 8コア
メモリDDR3?8GBGDDR5 8GB
ディスクドライブブルーレイブルーレイ
HDD500GB未定
前世代互換なしなし
その他次期Kinect必須次期PSEYE同梱?

こんな感じ。

現行の情報ではPS4のほうがGDDR5があるだけ性能は上。PS4の懸念材料はコストだが、次期Kinectもそれなりのコストがかかっているように見えるので、発売時の価格は同じくらいかな。
ここで差がつけば安いほうにメリットが増える。

ただ、現在は性能というのをそれほど求められていない。その中でも特に日本で求められていないのが顕著である。
ゲームはスマホで十分と言われるこのご時勢に対抗するには、Kinectのような単純スペック以外のアイテムのほうが魅力的かもしれない。

個人的には、E3でハードウェアの更なる追加情報に期待したい。
正直、これだけでは「面白い可能性はある」としか言えない。
IllumiRoom・SmartGlass・XBOX Serfece、そしてあるのかどうかも分からないXBOX Mini。
この辺りと絡めた情報が早く欲しい。

ちなみに、
http://www.famitsu.com/news/201305/22033632.html
・常時ネット接続は推奨。ゲーム・ブルーレイ・TVはネット不要。
・中古は対策しているものの詳細は未定。
・実績・ゴールドメンバーシップは360から引継ぎ可能。
・TV関連の詳細は不明。
・消費電力はそこまで高くない。
だそうだ。
posted by ナスターシャ at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/362888465

この記事へのトラックバック