2013年10月09日

ハモネプ2013

宝塚は歌としては微妙か。エンタメとしては一番良かった。

えなり君のところのディズニーはテーマで勝ったなぁ。
エハラは卑怯だ。ニッチェも良かった。

ハロプロ意外と好きだな。
BBクイーンズ好きとしては、原曲のあの声を壊さず再現して来たももちを好きになりそうだ。
ハモネプとしては微妙かもしれないが、坪倉唯子のカバーとしては非常に好きだった。
これが言いたくてこの記事書いたわ。

小室の1曲目 NeverEndはハモリ独特の違和感が少なくて好きだったが、2曲目Get Wildはダメだろ。
他人の曲でやって欲しかった。

アンダーノーズのメンバーは個人的に惹かれる人が多いな。
千秋・Tamaの声は好きだわ。
でも、男女のツインボーカルがあってない気がする。個性強すぎ。
そして、2曲目のラップは好きじゃない。
別の形で見たかったな。

ジュディオングのフライングゲットは邪道。
サザンを入れると「アイドル」というテーマに沿ってないかな。

中西圭三のMonsterは、曲のイメージが変わらずアレンジが入っていて凄くいい。

ただ、個人的に言わせてもらえば、ボイスパーカッションは入れないで欲しいんだよね。
音楽として深みが出るのは分かるが、アカペラの良さが減る気がする。
次回は一組くらいボイパなしでやって欲しい。

って、オヤジズムがボイパなしだったね。オヤジは良かった。
posted by ナスターシャ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック