2013年10月11日

PSN有料化を広める気はなさそう

PSN(PlayStation Network)改め、SEN(Sony Entertainment Network)となったが浸透していない。
そして、PS4からはオンラインマルチプレイがPS+(Playstation Plus)限定となることも知られていないのではないだろうか。
PS+は有料コンテンツ。要するに、PS3まで無料だった機能が有料化されるのだ。

と書いたところで、オンラインマルチプレイってどこまで?PS+って何? となるだろう。
それほどに浸透していない。(下記に説明を入れています)

その背景として、SCE(Sony Computer Entertainment)が周知していないことが上げられる。
オンラインマルチプレイに関しては、PS3までは無料だったのだ。
Wii・WiiU・DS・3DS・PSP・PSVitaも無料。唯一、XBOX360のみが有料。

なぜ周知しないのか。
それはSonyの企業体質からだろう。売れなくなる要因を発表する必要はない。
SCEは過去に、PS3のみんゴルでオンライン関連が後日アップデートで追加になることを発売日に発表したことがある。
特に今回はゲームソフトではなくPS4本体を売りたいのだ。
SCEは、本体さえ売ってしまえば、後から有料化が知れたところでどうにでもなるとでも思っているのだろう。

それに実際、本体購入後に知ったユーザーが他機種に乗り換えることは少ないと思われる。
対WiiU そもそもソフトラインナップとユーザー層が違う。
対XBOXOne 元々有料。それなら本体を買い変えるほどでもない。
対PS3 同じSCE内であれば、PS4のみオンライン関連を優遇したり、PS3も頃合を見計らって有料にするなどの手段が取れる。
SCEなら、周知することによるメリットは非常に少ないと思っているはずだ。

ではまず、オンラインマルチプレイとはどこまでの範囲を言うのだろうか。
簡潔に言うと、「対戦・協力プレイ」となる。
PS4でのPS+の仕様がハッキリしていないのでXBOX360の場合で考えるが、他人とリアルタイムで接続する必要のある対戦・協力プレイは基本的に有料会員である必要がある。
また、ユーザーが作成したゲーム内のコンテンツをダウンロードできるのも有料会員のみの場合が多い。(コンテンツ自体は無料)
ただ、ゲーム内のスコアランキング程度であれば無料で利用することが出来る場合が多い。

次に、PS+とは。
PS4・PS3・PSP・PSVita等のSCE関連の機器でオンラインに接続しようとしたときに、SENへの登録(無料)が必要となる。
そのSENの上位会員として、PS+と言う有料会員制度がある。ニコニコのプレミアムのようなものだ。
PS3・PSP・PSVitaにおいてのPS+は、コンテンツの割引、自動アップデート、指定ゲームのフリープレイなどが無料会員では利用できない機能であり、インターネットやコンテンツの購入・ダウンロード、手動でのアップデート、オンラインマルチプレイは無料で利用できた。
が、PS4ではオンラインマルチプレイがPS+限定の機能となる。これが今回の問題点。

数あるサービスの中の「オンラインマルチプレイ」という1つの項目がPS+限定に変わるだけ。
しかし、ゲーム機として一番重要な機能とも言える。

前世代でXBOX360しか採用しなかったオンラインマルチプレイの有料システムをなぜ採用したのか。
それは、XBOX360における有料会員システム(ゴールドメンバーシップ)が成功したからだろう。
PS3時のPS+は後発とはいえ奮わなかった。有料にする価値を見出せ無い要素が多かったのもあるが、仕方なく加入する理由がなかった。
オンライン関連には運用費が必要になる。単純なサーバーの電気代だけでなく、メンテナンスやアップデートにも莫大な費用がかかっている。
PS4以前では、その費用をメーカーに転送量毎の料金を負担させていた。対するXBOX360はユーザーに負担させ、メーカーには無償に近い状態で貸し出していた。(PS4以降メーカーに負担させるかどうかは不明)

その結果何が起こったか。
PS3では体験版のダウンロード数を制限したり、サーバー閉鎖が相次いだ。XBOX360でもゼロではないが、Microsoft指定のサーバーを使わず独自にやっていたElectronicArts関連だったりと極少数だ。

それでいてXBOX360の有料会員の不満は意外に少ない。メンテナンスは1〜2年に1回程度。アップデートプログラムを適応させて不具合が出ることも少ない(これは当たり前だが)。有用会員のみのコンテンツの割引もある。さらには、年々機能が拡充されていく。
仕方なく加入している前提はあるが、値段なりのサービスを受けていると思える内容だ。

しかし、PS3までは無料だったものがPS4では有料になるのだ。それなりの理由が必要になるだろうが、説明できていない。
果たして、説明をしていない状態でユーザーに不満を持たせずに有料化することが可能なのだろうか。
その辺りが非常に不安ではある。
posted by ナスターシャ at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377216421

この記事へのトラックバック