2013年10月19日

3DS ポケットモンスターXY その3 厳選

今までのポケモンの廃な人たちは厳選と言う作業を行っていた。

ポケモンには個体値という隠しパラメータが存在する。
出現した時点で決まっていて、代わることがない。
各能力値が32段階で設定され、それによって能力値が変わる。

HP
{(種族値×2+個体値+努力値/4)×Lv/100}+10+Lv
HP以外
[{(種族値×2+個体値+努力値/4)×Lv/100}+5]×性格補正

種族値はポケモンの種類ごとに固定された数値
努力値は木の実や戦闘によって変動する数値

種族値はどうにもできないし、逆に努力値はどうにでもなる。
そこで重要になってくるのが個体値なわけだが、6つの能力値が32段階で形成されている。
すべての能力が31(0〜31の32段階なので)となる確率は、32の6乗=1,073,741,824となり、10億分の1です。

シリーズごとにこれを補う手段が追加されてきたので、BW2の時点で10億分の1と言うことはないが、それでも膨大な作業を強いられていたし、30での妥協も余儀なくされてきた。

ちなみに個体値が31の能力値をV、30の能力値をUという。
これは32進法に基づき、
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V
と31番目、32番目を現す記号と言う意味。
例えばHP・こうげき・すばやさと3つの個体値が31のポケモンは3Vと呼ばれる。

と、個体値の話だけでも長くなるわけだが、この個体値の厳選が大幅に楽になる。
それも、数百時間単位での短縮だ。

まず、クリア後にフレンドサファリという場所が追加される。
フレンドごとに固定の3匹しか出ない草むらだ。しかも2つの能力が個体値31、つまり2Vのポケモンしか出ないらしい。

次に、「あかいいと」。もちもの にこのあかいいとを持たせて育て屋に預けると、5種類引き継ぐらしい。

社員のツイッター
http://twitter.com/Junichi_Masuda/status/391137185757286400

HP・すばやさが31のポケモンと、とくこう・とくぼうが31のポケモンにあかいいとを持たせて育て屋に預けると、HP・とくこう・とくぼう・すばやさが31のポケモンが生まれる可能性がある。
絶対生まれるわけではないが、20匹くらい孵化させれば出来るんじゃないかな。
そこからさらに、そのHP・とくこう・とくぼう・すばやさが31のポケモンと、こうげき・ぼうぎょが31のポケモンで同じことをすれば、また20匹くらいで6Vのポケモンが生まれるかも。
実際、こうげきとくこうの使うほうだけが31であれば事足りるので、30回程度の孵化作業で5Vが生まれるかもしれない。

このくらいなら大会に興味がないウチでも出来る。
ちょっとWifi対戦用にやってみようかなと思える内容になった。

欲を言えばもう一声欲しいところだが、これはグッジョブ。
posted by ナスターシャ at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック