2013年10月27日

PS4 ファームウェアVer1.5の内容を公開

本体のローンチと同時に配信されるPS4用システムソフトウェア「バージョン1.50」のディテールが公開
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131027-00000000-isd-game

英語の記事は見たけど、いまいち翻訳し切れなかったのでスルーしてた。
思ったより酷い内容ですな。

結局のところ、オンラインに繋がないとゲーム機能以外は使えないんだね・・・
XBOX Oneがオフライン専用のユーザーを切り捨てようとしたときに日本でも結構バッシングにあったくらいだから、オフ専のためにゲームディスクにアップデータ入れてくれるかな。

しかも、個人的に最重要な機能だったサスペンド(スリープ)も後付けで、さらに時期が未定とは。
PS3で実装予定だったが結局未だに未実装のままのクロスゲームチャットを思い出す。
2008年くらいから言ってなかったっけ?

しかも、ここで語られる多くの機能はほとんどXBOX OneどころかXBOX360でも利用可能。
サスペンド機能もXBOX Oneは最初から使えるみたいだし。

クロスゲームチャット(2005年12月発売時から)
セカンドスクリーン(2012年11月からSmartglassにて)
ダウンロードとともにプレイ(2006年6月から)
マルチログイン(2005年12月発売時から?)
パーティ(2008年12月から)
顔認識と音声コマンド(2010年11月からKinectにて)
バックグラウンドミュージックプレイヤー(2005年12月発売時から)
オンラインマルチプレイヤー(パーティ関連は2008年12月から)
と、上記と同等の機能を全てXBOX360の時点で使えるな。

録画やアップデートはXBOX Oneで似たようなことが出来る。
Vitaでのリモートができないくらいか。

というか、ほとんど後追い。
機能面の差別化にも期待してたんだけどなぁ。
posted by ナスターシャ at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック