2014年06月24日

XBOX360 Final Fantasy XIII - 2 レビュー

今更FF13-2をやっている。一度途中でやめていたので、もう一度最初からやっている。まだクリアしていないけど、大体理解したのでレビューして見る。

13で出来ていたのに13-2で劣化している部分が結構あるね。
例えば、起動からロードまでの時間。FF13は起動してロード画面に行くまで凄く短かったが、13-2は長い気がする。メーカーロゴは少ないんだけどね。また、店の快適さが著しく低下した。会話に加えて音声まであるから、飛ばすのが非常に面倒。ウチが13で褒めた数少ない部分を劣化させて、何がしたいんだ?と思った。

ATBゲージは相変わらず5つ程度しかない(最終的に6つかな?)し、ロールの種類も増えていない。モーグリ関連のスキルは時間が掛かって面倒。シンボルエンカウントの割には逃げ切ることが難しく、結局は強制戦闘に近い状態に陥りやすい。ランダムでシンボルが回りに出現しているわけで、ランダムエンカウントと言えなくもない・・・。シンボルの意味は結局何なのだろうか。

クリア済みのフィールドでは敵が弱いので探索が面倒。FF8のようにレベルで敵の強さを代えるのは個人的には好きなのだが、一般的に評判が悪い。いっそのこと、装備武器で敵レベルを変更して欲しかった。13-2の場合は進むごとに武器が増えるので実質進行度によって敵が強くなると言えるし、クリア済みのフィールドでも戦闘が楽しめる。かつ、装備を弱くすれば敵も弱くなるので、難易度調整も可能。となると、今度は武器弱いままにすれば敵も弱いから楽勝で面白くないって言われるのかな。ウチは自分で難易度調整しながら進むのは好きなんだけどね。

唯一改善されたと思ったのが、序盤から3人(2人+1匹)のパーティが組めるようになった事。このシステムでは2人パーティの時に面白味が欠け、3人以上でないと面白さを体感できないシステムだと思う。ほぼ全編通して3人パーティなのは評価できる部分。

13同様にシステム面は無難には作られているが、何度もプレイしたいRPGにはなっていない。ToVと同じ感想を抱いた。強いて言えばモンスター育成で少しリプレイしたくなる要素があるが、育成アイテムの入手が比較的面倒な点が阻害して勿体無い。大体20レベル毎のランク上昇を10レベル毎にしてレベルアップアイテムは大量に入手でき、合成は合成元も素材モンスターも50レベルにならないと出来ないくらいで良かった。モンスター自体が大量に手に入る割には取捨選択しないと育て切れなくて、途中で面倒になってくる。

ちなみに、相変わらずムービーは全スキップです。こっちが相変わらずなら向こうも相変わらずで、スキップした後にまたムービーと言う場面も多い。見もしないムービーを読み込む無駄を省いて、動けるところまで飛んでくれればいいのに。

JRPGの進化はインアンやラスレムのような団体バトルの方が嬉しいんだけど、今後はどうなることやら。

posted by ナスターシャ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) |  → レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400219226

この記事へのトラックバック