2014年07月24日

運営=RMT業者 の可能性

ソーシャルゲームのRMT業者って居るじゃない?
RMTどころか普通に課金する気さえも微塵も無いから今まであまり考えなかったんだけど、あれって制作会社がRMT業者だったらボロ儲けだよね。あれ?どこかで聞かなかったっけこんな話・・・。ROとか言うMMOで。

これかな?

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/07/20/12720.html
>ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、同社の元社員が在職中に「ラグナロクオンライン」のサーバーに不正アクセスし、不正に取得したゲーム内通貨をRMT業者に売却していたことを明らかにした。19日、不正アクセス禁止法違反の容疑で逮捕されたことを受け、ガンホーは同日付でこの社員を懲戒解雇した。

>ゲームデータを管理するサーバーへのアクセス権限は持っていなかったが、盗み見た直属上司のアカウントを使ってゲームデータ管理サーバーへ不正アクセスしていたことが判明している。


この事件は権限がないのに他人のアカウントを使った部分が問題視されただけで、逆に言えば、権限を持っている人間なら複製すること自体を不正とは言わないとも言える。

実際に運営が裏でRMTをやってるかどうかは知らないけど、RMTをやらない理由を考えると特に思い当たらなかった。利用規約は制作側が違反者を処罰の対象にするだけで、制作側自身が違反者の場合に処罰することはないので意味は無い。データを複製して売るだけで利益が出るんだ。特に法的規制も存在しない。しかも、対象のカードなどが期間限定イベントや高性能な新キャラなどでインフレ化しやすいというメリットもある。常に最新のアイテムが売れ筋になり、RMTの売る側としては非常に分かりやすい。

陰謀論かもしれないが、デメリットが特に思い当たらないと言う部分は引っかかった。
posted by ナスターシャ at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402459236

この記事へのトラックバック