2014年11月29日

XBOXONE RYSE:SON OF ROME レビュー

1度クリアしたのでレビューする。

クリアまでは10時間程度。
映画に介入できるゲームとしてはかなり上質なゲームに思えた。グラフィックは非常に素晴らしい。リアルタイムレンダリングでもかなりの質を維持していて、全体的に美しい。もう少しで実写に見える域に達することが出来るかもしれない。
あとね、これは技術的な意味に取って欲しいのだが、オッパイが凄い。今まで見たゲームのなかで、動きに対して一番人間らしい揺れ方をしていた。不自然さが少なかった意味も含めて、薄着の女性が出てきたときは胸元に注目させられた。一見の価値ありかと。まぁ、日本人好みの娘ではないが。
ただ、迷子になった場面が少しあったので、全体マップや次点への方向を示すものが欲しいと思った。

メリハリが効いていて、物語を見る場面と戦闘の場面のバランスが良い。普段物語など興味が無い私でも、映画のような楽しみ方でストーリーを追うことが出来た。アクションゲームと言うことで、物語が判りやすく、そこが逆に良かったのだと思う。

ロード時間は少し長い。それほど多いわけではないが、少し目立つ。またサスペンドと相性が悪く、サスペンドから復帰すると再度サインインしてしまい、セーブ時まで状況が戻される。XBOXONEで作るならもう少し考えて欲しい仕様だった。

戦闘はアサシンクリードのようなあっさりとしたアクション。一番低い難易度でプレイしたのでそれほど難しいとは感じなかったが、ゲームに不慣れな人がいきなり遊ぶには少し難しいかもしれない。ボタン連打でストーリーだけを楽しむゲームではないだろう。アクションゲームとしてみると物足りなさもあるが、あくまでアクションもこの物語に引き込む一つの要素なのだと考えると妥協点としては悪くない。

ゲームに映画を求めることを否定していた私だが、このゲームをプレイしてそれは間違いだと思った。この系統のゲームは2時間程度プレイしたらまた今度やろうと思いながら結局手をつけないパターンが多かったのだが、このゲームは最後まであまり休憩を入れず一気にプレイしてしまった。
映画に介入することは出来る。ただ、今までのやり方が間違っていただけだったのではないかと。プレイ時間・見せ方・難易度、どれをとってもゲームと映画の融合としては「丁度良い」ところに収まっていると思った。

Ryse:SonofRomeレジェンダリーエディション -
Ryse:SonofRomeレジェンダリーエディション -
※12月1日まではダウンロード版が50%OFFの3,456円で販売中。
posted by ナスターシャ at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) |  → レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック