2014年12月23日

PS3 ガンダムブレイカー

この時期にガンダムブレイカー1です。2じゃないです。

思った以上にMSが少なく、足と腰パーツが繋がっている点もネック。ガンプラ作りの視点でこのゲームを見るとかなりお粗末な出来。ジ・Oの腰パーツに細めの足パーツを付けてみてどんな感じになるかを試したかったのだが、プラモを買って実際に試すしかないみたいね。
しかし、単純なアクションゲームとしてみると思ったほど悪くない。いろんなパーツやスキルを付けかえて徐々に強くしていく感じは無双シリーズより好きかな。

改造ガンプラを主体にしたのであれば、何故パーツごとに能力が違い、ランクが分かれているのか。
結局強いMSのパーツを使わなければストーリーを進むことが出来ず、お気に入りのパーツを集めても無駄になる。2ではパーツを育てられるようになったようだが、最初からそうして欲しかった。

キャパシティの概念より、ガンダムVSシリーズで採用されているコスト制の方が良くないかな。
ジムのパーツなら能力低めでコストが安い。νやウイングゼロ辺りは強いけどコストが高い。コストで再出撃回数が決まる。上記のパーツのレベル上げと合わせれば、自分の好きなパーツで遊ぶことが出来るゲームが出来ると思うんだけどな。

凄く面白いわけではないが、クソゲーというほどでもない。ただ、改造ガンプラ目的で買うと痛い目を見る。そんなゲーム。
posted by ナスターシャ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) |  → レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411161025

この記事へのトラックバック