2016年04月02日

Vita ロマンシングサガ2 その3 レビュー

今まででも十分にレビューをしたような気もするが、まとめとしてレビューするよ。

まず、ロマサガ2はSFC当時から20周近くプレイしている。続編の3もプレイ済み。
だが、他のサガはやったことがない。関係がありそうなのはラストレムナントとレジェンドオブレガシーくらいか。
ということで、私の中のサガシリーズとしてはロマサガ2が原点です。

そんな中、大幅なリメイクとは言いがたいリメイクがなされた本作。
個人的には非常に良かったと思う。
3Dのロマサガ2がやりたいかと言われるとNO。これが最良のリメイクの方法だった。

ただし、何度も言っているが、Vita版はマップ移動のロードが長いのが難点。さらにソフトリセットもないというSFC版からの劣化。快適さが命のこのゲームでこの仕様はかなり痛い。
これを何とか帳消しにしたのは、戦闘のコマンド選択後の時間が短縮したこと。これがなければ私はボロクソに非難していただろう。
マップ移動のロードと戦闘の短縮でトータルプレイ時間は変わらないくらいだと思う。
スマホ版はマップ移動のロードはないようだが、操作の難しさによる戦闘の多さで結局は同じくらいだと思う。
Android版ならコントローラーにも対応しているようなので、操作性とロードをすべて兼ね備えた最強のバージョンはAndroid版なのかもしれない。

グラフィックに関しては奇麗になっていると思う。しかし、開発コストの大半をこのグラフィックに割いたのであれば、無駄な努力だと思う。もっと他のことに割いて欲しかった。不自然さの無いように技や地域を追加する努力とかね。
SFC版そのままのグラフィックでも十分だし、アニメーションも一部の敵のみで違和感がある。
有ってもいいけど、無くてもいい要素かな。

残念なのが効果音。携帯アプリ版が元になっているようで、容量減らしの為に変更されている音が多い。
どうやらアップデートで直すようなので、嬉しい限りである。

追加要素に関して
追憶の迷宮は、付け足したのが分かり易い形なのが残念。サバンナの東の集落あたりの意味もなく存在したマップを改築してもよかったのではないだろうか。
忍者と陰陽師も同様で、他のクラスとの加入方法の温度差をなくしてほしかった。
利用可能なタイミングや仕様は良かったと思う。縛れば当時の難易度で。使えば詰み対策に。アイテム集めが楽になっているのも非常に好感が持てた。

強くてニューゲームはその2で前述の通り、引継ぎ項目が少ないのと、不要な物も引き継がれることが不満。
私が望む強くてニューゲームとしては、アイテムは引継ぎ。ひらめいた技や技能レベルあたりは不要。というのも、引き継いでも自分で縛れば通常プレイができるかどうかが重要なのよ。技能レベルが最初から高いと、初回プレイと同じ動作が不可能になってしまう。これがマイナス点。ただし、資金に関しては、SFC版もどうせキャット銀行使ってたんだから、引き継いでも大差ない程度の考え。
あと、帝国記なんてのは新要素の割に引き継がないからコンプリートの楽しみがないという、ユーザー目線から見ると非常に勿体ない仕様。
カンバーランド滅亡させてみたり、運河要塞を正面突破してみたり、身ぐるみ剥がされて地上戦艦を攻略してみたり、そういう部分をプレイさせる面白味を減らした(こういった選択肢を選ぶ意味がないとまでは言えないが)。

ということで、単純なゲームとしての評価は70点。気になる部分もあるけどそこそこ良いと言える。元々ピーキーな性質のゲームなので、マイルドになっている点を入れてもこの点数。
過去作のリメイクの方法としては94点。無駄に原作を弄らず、SFC版ロマサガ2の続きをプレイしたかのような楽しさがあった。-5点はロード関連、あとの-1点は追加要素の継ぎ接ぎ感だね。

個人的にはFF8で同じことをやって欲しい。序盤でキスティスとカードバトルできて全カード使ってくるとか。
ジャンクションする魔法の個数による能力差をなくすのも欲しいけど、ここまでやるとゲームバランスの再調整が・・・。

とにかく、過去の名作をリメイクするならこの方向性でやって欲しい!!という最も良い指標であることは間違いない。
まぁ、元々プレイが快適だったロマサガ2だったからこそ文句が少ない部分もあるけどね。3分以上操作できないイベントなんて無いでしょ。

ファミ通的得点
7・10・5・9
posted by ナスターシャ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) |  → レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436057732

この記事へのトラックバック