2016年04月03日

PS4.5

何やらちょっと前からPS4.5なるものが話題になっているようだね。
さぞやボロクソに言われているだろうと思ったら、そうでもないという・・・。
XBOX360の時、4日で旧機種とか煽っていた人たちはどこへ?

まぁ、それは良いとして、PS4.5ってどの程度のものを指しているの?
4kでゲームができるという報道もあったが、そもそも4kでゲームってGeforceGTX980ti(1枚8万円)をSLIで2枚挿ししてようやく実現できるレベルじゃなかったっけ?他のパーツを考えても20万は下らないPCが必要。
980tiクラス1枚で行くとして、PCベースで15万弱。それを家庭用で販売数が多いとはいえ、ゲーム機としても定価10万くらいしそうだな。
また、そのクラスのグラボだと放熱も大事になってくる。となると、PS4より大きな筐体になる可能性も?
PS4と同じ筐体だと熱暴走やら不安になるし、大きくなるとPS4の冠を付けることに疑問符も付く。

と、いろいろケチつけてみたけど、PS4をこんなに早く買った理由は家庭用最強ってのがあったからなんだよ。
それがすぐに4.5とか出されちゃ、せっかくPS4買ったのにもう旧機種扱いかよ?という劣等感が否めない。
また、パワーアップ版が出ると、旧バージョンはロードが長いだの不利益を被る可能性が高い。PS4基準で作ればまだいいけど、PS4.5基準で作ってPS4に落とすととんでもないことになりそう。こういった弊害が懸念される。

結局、5pb.はさっさとYU-NO出してくれよ。ということ。
YU-NOの為にPS4買ったら、ソフトは延期の上、次の機種まで噂される始末。Vita並みに無駄にした感が半端ない。
SIEはPS4.5なんて完全否定してくれないかなぁ。
posted by ナスターシャ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436160079

この記事へのトラックバック