2016年05月28日

印象操作

Microsoft版Chromecast? 「Xbox TV」が来月登場するかも

>さらに、「Xbox Oneのゲームを離れた部屋のテレビにストリーミング表示」できる機能が搭載される可能性もあります。最近はPlayStation 4がパソコンでのリモートプレイに対応しましたが、Xbox TVのテレビでのリモートプレイも、同じように遊びの幅を広げてくれそうです。

これを読んでどう感じるか。
普通に読めば、PS4がリモートに対応したけど、XBOXONEでもリモート出来るようになるかもしれない。
と読める。

しかし実際は、PS4のリモートより半年近く前からXBOXONEはWindows10を介するリモートを実装している。
この記事は、Windows10端末がなくともXBOXTVという安価な商品があればリモートが可能になるかもしれないという意味合いでしかないのに、誤解を招く言い回しをしていることに憤りを感じる。
PS4との違いは、PS4は推奨範囲が決められていないので屋外も適応されているのに対し、XBOXONEは家庭内LANが推奨されていることのみ。
しかし、PS4でも屋外でリモートなんてしようものなら高速通信のデータ通信料無制限プランでもない限り実用性が無い。
友達の家の有線LANでどれだけのパフォーマンスが得られるかを双方で検証するのが一番現実的だと思われる。

この手の印象操作は個人ブログだけでなく、大手ニュースサイトでも後を絶たない。
おそらく勉強不足云々じゃなく、ワザとやっているよね。修正された試しがほとんどないし。

些細な事と思われるかもしれない。
しかし、ファミ通をはじめ国内メディアで大量に行われている印象操作を少しでも改善させる必要があると思っている。
posted by ナスターシャ at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438359322

この記事へのトラックバック