2016年09月03日

Steam Ragnarok Clicker

最近、メインPCはこのRagnarok Clickerに占拠されている。
数字遊びが好きな私にとってClickerゲームは相性が良いのだが、単純なキャラのレベルアップに留まらないこのゲームは更に相性が良い。
元がClicker Heroesだということも承知で、なおかつClicker HeroesRagnarok Clickerをプレイしたあとにプレイしてみたが、Ragnarok Onlineプレイヤーだったこともあってこちらのほうがハマった次第だ。

RagnarokClicker_20160903.png

基本的には、ダメージ効率の異なる様々なキャラクターに経験値を割り振って効率的にレベルアップを図り、如何に効率的に敵を倒して次へ進めるかというのがこのゲームの醍醐味だ。
このゲームはお金でレベルアップする仕様なのだが、1000Zeny使って攻撃力が10000上がるキャラ(A)と、1Zenyで攻撃力が1上がるキャラ(B)がいるような状態になる。
Aのほうが効率がいいように見えるが、1Zeny貯めるごとに攻撃力が1上がれば1000Zeny貯めるまでにBAより999高い攻撃力を得られていることになる。
Zeny獲得効率が秒間1Zenyだった場合、Aは1000秒(16分40秒)待つことになるが、Bは1秒に1レベル上げることができるので、当然徐々に攻撃力が上がってZeny獲得効率が上がっていく。
最終的な時間効率はBのほうが良いかもしれない。
実際私がプレイするときは、Bを600レベルくらいまで上げて、その後Aをレベルアップさせるために貯めるかな。

それに自分自身のゲームプレイの操作が相まって効率が出てくる。
上記の例でいけば、Bは1秒毎にレベルアップをさせる必要が出てくる。Aは1000秒に1度レベルアップさせればいい。
1000秒に1度操作すればいいAは15分は放置できるが、1秒に一度操作が必要なBは張り付いてプレイする必要が出てくる。

こういったことを考えながらレベルアップを図り、加速度的に強くなる敵を効率的に倒していくのがこのゲームの趣旨だ。
ちなみに、敵から攻撃されることはなく、自分のHPも設定されていないので、こちらが一方的に攻撃して敵を倒すだけとなっている。戦闘自体の攻防の駆け引きは一切なく、ダメージ効率だけを意識したゲームだ。

また、キャラのレベルアップだけでなく、総ダメージを増幅させたり、総獲得Zenyを増幅させたり、1%の確率で獲得Zenyを10倍にしたり、と効率をアップさせるスキルなども色々あって、すべてを合わせた効率を考えると頭がパンクしそうになる。
そこが面白いのだ。

なら放置しておけばいつかは強くなれるんでしょ?と思うかもしれない。
確かにそうだが、こういった類のゲームの数値は基本的に天文学的な数値か、それ以上になる。
「いつか」が500年後だったりすることもザラだ。それを250年にして125年にして72年6ヶ月にして・・・と効率を上げて数時間にまで縮めるのがこのゲームの遊び方と言えるだろう。
1ヶ月ほどプレイした私が2000レベル(いわゆる敵の強さを表す階層)程度の場所にいるが、0が150個ほど並ぶ数値のダメージが必要になる。序盤の数十ダメージでは時間がどのくらいかかるのか計算するのも面倒だ。

まぁ、作業するだけのゲームなのでもう少しプレイすれば飽きるかもしれないが、いろんな効率を考えながらプレイすることは面白いよ。
タイムアタック派は楽しめると思う。

ちなみに、日本語はサポートされていない。が、英語が致命的な私でもGoogle翻訳を駆使してなんとか遊べる。
ストーリーなどはないので、スキルの効果などを把握できてしまえば英語は大きな障害にはならないね。
ソフト自体はSteamで無料配信されているのでとりあえずプレイしてみてほしい。
ゲーム内課金はあるものの、効率を上げるアイテムが購入出来るだけなので買う必要は全く無い。効率を上げることが面白いゲームで金を払って効率を上げる必要はないと私は思うね。

本音を言えばメインPCではなくWindowsタブレットの方でプレイしたいのだが、天文学的な数字を扱う性質上スペック不足によるコマ落ちが散見される。
少し前の記事で自作PCについて語ったが、意外にもハイスペックの恩恵を受けていると言えてしまうのだ。
CPUの必要スペックは意外と高いかもしれないということは付け加えておこう。
posted by ナスターシャ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック