2016年09月08日

PS4 Pro

ようやく発表されたPS4Pro。
E3前から出ていた情報とほぼ同じスペックでの発表だったね。

スペック的には
XBOXONE < PS4 < PS4Pro < Scorpio(XBOX One)
だね。

PS4Proは、4Kでゲームができるとは発表されず、4Kアップスケーリングとだけ発表された。
当然といえば当然。
PCで現状最強のGeForceGTX1080(おそらくi7+SSDだろう)でも4Kは厳しいとか。
PS4Proのグラフィック性能はFlopsで考えるとGTX1060程度。
更にはモバイル向けCPUとHDD準拠の速度というスペックで4Kゲームができるとは考えづらいな。
まぁ、Scorpioでもゲームで4k画質を維持するのは難しいだろう。

結局VRのためのパワーアップなんだよなぁ。
現実問題としてなんのためのProかと考えると、2k(※)を2画面というのがしっくりくる。
これが必要なのは、3Dで横解像度が半分になる(片目ごとに別の画像を表示するため)VR用途と考えるのは至って普通だろう。

※2k = 2キロ = 2000。家電業界的には1920x1080ドットの解像度を表す。横解像度1920ドットがおよそ2000ドットのためこう呼ばれる。1080p・フルHDもほぼ同じ意味。
ちなみに4k = 4キロ = 4000。3840x2160の解像度を表す。2160pもほぼ同じ意味。


ここから考えるに、PSVR自体は現行PS4でも可能だけど、3Dも加味するとPS4Pro推奨と言いかねないと思うね。
VRを考えている人はPS4Proのほうが良さそう。(と、こういう論調が出てくるからSIEとしてはPS4Pro=VR用ということを否定せざるを得ないのだろうが)
逆に言えば、PS4で四苦八苦している2k解像度程度は、Proなら余裕とも言えるのではないだろうか。

あと、FF15の発売延期は明らかにこれを意識した延期だよね。
クオリティアップのためとか嘘をついて延期することが当たり前になっている業界が怖い。それならまだノーコメントのほうが良いよ。
あの時点で叩かれたとしても今回PS4Proが出れば仕方のなかったことだということは理解できるのだから。
(言い換えれば、FF延期の時点で叩かれることのほうがマイナスが大きくて、嘘をつくことでのマイナスのほうが小さいという判断を下したメーカーと、おそらくその通りになってしまうだろうユーザーの心理状況が怖い。もっと誠実さを企業評価に反映させても良い気がするんだけど)



※同日追記
プレイステーション4 Proが発表 さらに進化した高品質なプレイステーション4体験を提供する【リリース】(ファミ通.com)

>4K対応テレビをお持ちのユーザーの皆様は、全てのPS4用ソフトウェアタイトルを4Kクオリティ※1の画質、安定した高速なフレームレートなどにより、高い品質でお楽しみいただけます。加えて、4K解像度までのビデオ再生にも対応し、Netflix、YouTubeなどの4KストリーミングビデオサービスをPS4 Pro上でお楽しみいただけます。
※1 グラフィック描画もしくはアップスケールによります。


何やらPS4Proで4Kが可能と言っているサイトも見たのだが、この文章から見るといまいち信用出来ない。
4Kへのアップスケール、4Kビデオ再生、Netflix・Youtubeの4Kストリーミングということは読み取れるが、これだけではゲームはアプコンだけと読み取れる。

「4Kクオリティのグラフィック描画」ってどういう意味?
これがどういう意味合いなのかによってすべてが変わってくるよね。
そもそもSonyが使うクオリティって言葉自体がネガティブなイメージなんだよ。PS3クオリティとかさ・・・。
そして、過去の「生産出荷」などの言い回しから言って、あやふやな表現=良くない意味に捉えてしまうわけだ。

なんで4Kで描写されたゲームもあると言い切らないのか?ムービーシーンだけ4Kネイティブといった「ごまかし」で4Kのゲームと言ってきそうな印象を持ってしまった。



※2016/09/09追記

あと一つ難解なのが、UHD-BD(Ultra HD Blu-ray Disc)に非対応という部分。
ちなみに、この規格はいわば4K対応のBDビデオ。これに対応してなければ、4KのBDは見れないと思っていい。
1層33GB・2層66GB・3層100GBで、従来のBDよりも少し容量がUPしている。(従来のBDは25・50・75GB)
よほど円盤は売れないと思ったのだろうか。
久夛良木氏の時代ならありえない判断だと思うが、そこが平井氏の考え方なのかな。
ソニーピクチャーズがUHD-BD発売するのに、XBOXONE Sを持ち上げる始末だからな・・・。

良く言えば、一般大衆化したといえるのかな。それだけPS3の損益が多かったということか。
ただ、とりあえず4K対応と言っておけば後でユーザーが困っても関係ないというスタンスを突き通しているのは昔から変わらないなぁと思う。

4K ゲーム → アップスケールは可能・ネイティブ対応は不明
4K BD → 非対応
4K ネット配信 → 対応
これで4K対応ってちょっと弱すぎません?

まぁ、4K自体に魅力がないと言ってしまえば確かなんだけど・・・



2016/10/25追記

どうやら2Kを2画面というのは現行のPSVRの仕様では無理なようで、2Kを1画面か、1Kを2画面(3D)のどちらかの様だね。
その上、PSVR対応ソフトは総じて解像度が低いらしく、現行のPS4では1K2画面が出せていないらしい。
そう、らしいが多いのは聞いた話でしかないからではあるが、各所レビューを見る限り多数の同意見が上がっているので確かだろう。
PS4Proは、2K2画面ではなく、2K1画面 or 1K2画面の為にも必要になりそうだ。
posted by ナスターシャ at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441741584

この記事へのトラックバック