2016年10月20日

VRのデメリットについて考える

VRに関して書いたことはあったっけ?
個人的には何度も書いたつもりなんだけど、記事として上げたことはなかったような。
いつも反対意見ばかり書いて、ネガキャンステマのような文章しか書けなかったので上げる前に消していた。
でも今回は書くよ。アンチだけどな。楽しんでいるのに水を差されたくない人は見ない方が良いと思うよ。

PSVRの販売台数が出た。

「PlayStation VR」の初週販売数は5万1000台。「ライズ オブ ザ トゥームレイダー」などの新作もランクインした「週間販売ランキング+」(4Gamer.net)

5万台という数字。流行っているかどうかの指標でいけば流行っていないと言い切れる売れ行きだろう。
しかし、5万円もする周辺機器の売り上げ台数と考えればそこそこ売れていると感じる。
ジワ売れもあり得るかもしれないと思わせる微妙な台数ではないだろうか。

しかし私は、VRに魅力を感じることができない。
では、私が何故アンチに走るのかというと、過去、ギミック目的でWii・Kinect(新旧両方)を買い、そして大画面目的でプロジェクターも買ったが、どれもイマイチしっくりこなかった。
この3つの延長線上にあるものがVRのような気がする。

まず、Wiiとの類似点。
WiiもVRもゲームに対して新しいものである。そんな中で、既存のゲームから少し離れて別のアイディアでゲームを作れと言われた時、どのメーカーも回答が出せなかった。
絶大な普及台数を誇っていたにも関わらず、Wiiリモコンの特性を生かしたゲームを作れず、結局それ以前のゲーム形態で食いつなぐ状態が続いている。
他国ならそれでも売れているからいざ知れず、明らかに縮小傾向にある日本でもこんな状態で据置縮小を招いている。

そして、Kinectも同様だ。
Wiiの失敗があったにも関わらず、Kinectを使いこなしたゲームは出てこなかった。
こちらは日本では仕方のない部分もあるが、海外ではそれなりに普及してたはずだ。

そして今回のVR。果たして2度失敗したメーカーたちが3度目で何とかなると思うか?
「(ハードメーカーであり今までこれらに参加してこなかった)ソニーなら。ソニーなら何とかしてくれる」そう思いたい人たちもいるだろう。
しかし、ソニーのゲームが革新的だったことがあっただろうか。
面白さならあったかもしれない。だが、革新的だったか?と言われると疑問を投げかけざるを得ない。

しかも、PSVRのゲームにはカメラやMoveを使うものも多い。結局そっち(体感)系ということではないの?

次に、プロジェクターだ。
私がプロジェクターを購入するに至った経緯は大画面への憧れである。しかし、暗くしなくてはいけなかったり、常用するにはランプの寿命が短かったりといまいち使いこなせなかった。
その次に考えたのがヘッドマウントディスプレイ(HMD)であり、PSVRの話が出てくる以前からHMDの購入検討はしていた(HMZ-T1の頃)。
ここでプロジェクターとHMDの両方に共通する最大の弱点を見つけた。毎回の利用するまでのハードルが高いこと。
テレビが電源スイッチを入れるだけに対して、プロジェクターは起動が遅いし、調整も必要だ。HMDは着脱が面倒。そして双方ともの問題点が、テレビを見る以上に制限される体勢。これらを考えてHMDは断念した。
そんな中VRが現れたわけだが、当然HMDが抱えた問題をそのまま引き継いでいる。これらの懸念材料を覆すだけの回答は今のところ出ていない。

そして、今回PSVRが出るにあたって考えた末の問題点が「視覚の遮断」。
現実世界の周りの環境が見えない恐怖。前方にカメラが付いて、切り替えたり透過したりと疑似MRのようなことができるのであればVRも少し考えられたが、現状では恐ろしくて集中できない。
自室に親がいつ入ってくるか分からないような私の環境ではなおさらだ。

次の要因はMSのHoloLens。
これはVRではなくMRと呼ばれるVRとARの中間のような存在だ。私はこちらの方に期待を傾けている。
装着の煩わしさはあるものの、視覚の遮断がないことは大きい。
また、テレビやスマホとの併用など、拡張性も分かり易い。
GoogleGlassが発表された時も凄く欲しかった。

これらの要因を考えたとき、VRのメリットである「没入感」に対するデメリットが大きすぎると判断し、マイナスな考え方を拭えない。
そもそもストーリーを重視しない私が既存のゲームに「没入」することも少ないので、「没入感」自体への欲求が少ない。
先行投資と考えてもいずれはVRからMRに進化し、VR寄りのMRか、AR寄りのMRかという区別になりそうなので、MRの方が先行投資先としても有力。

MRの物理的なレイヤー構想とか面白そうじゃない?
透過ディスプレイを何枚か重ね合わせて物理的に3D空間を表現するの。
そんな技術があるのかも、技術的に可能なのかも知らないけど。

ということで、VR単体への興味は今のところほぼ無い。
VR専用ソフトで惹かれる物があれば、そこでまた何らかのアクションを起こすかも?といった程度だ。
posted by ナスターシャ at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 VRはまだ実用が始まったばかりの言ってみればファミコンみたいなものなので過度の期待は禁物ではないかな。普通(?)のPS4程度では十分な解像度はえられないそうなのでまだまだハードとソフトの熟成が必要です。先にPCでこなれてから家庭用に持ってくれば良かったと思っています。今はお金に余裕があったら試しに遊んでみるくらいで十分じゃないかな。ファミコンみたいにうっかり盛り上がってからでも遅くないと思う。
 今は転売屋につられて多めに売れてるような気がしているのでそれが祟って一気に落ち目になるとVRの可能性を摘んでしまいそうで怖いです。

 体感系というのはその通りだと思います。と言うかそれが目的じゃありませんでしたっけ?他に目的がありましたっけ?そっちってどっち?

 ゲーム中に突然の家族と言うのはデメリット?ゲームに夢中になっていればVRじゃなくても気が付かないから、外すのが面倒なのが困るかな?再開するのにまたかぶらないといけないのも面倒ですね。仕様上色んな体勢で遊ぶだろうから、へんなポーズしてたらそれはトラウマになりそうです(笑 ちょっとHなゲームやってても画面を覗かれないメリットはありそうです。

 HoloLensは補助的なものに落ち着くような技術に思えました。ポケモンGOみたいなゲームには向きそうですが普通に遊ぶには透過してる事がネックになりそうです。

 私はVRとMRの視力への影響がすこし気になります。ディスプレイが目の数センチ先にある状態が長時間続くことになると思うのでちょっと怖いなと。来年の今頃には目が悪くなったとか言われなければいいのですが。3DSの立体視は特に大きな影響が出たと言う話は聞いていませんし私自身問題が出ていませんので杞憂で終わると思いますが、HMDはどうだったのかな?
Posted by 素浪人 at 2016年10月22日 02:56
VRは酔いを軽減させようと思うと、画面の揺れなどを軽減して演出面が弱くなるので、自分で画面を動かす体感ゲームではなく、疑似観光のような映像作品に向いているのではないかというのが私の見解ですね。

VRで一番注目されているPSVRがPS4でしか利用できないので、ゲームを最初に選んで良かったのかと考えました。
PS4用の映像作品があってもいいと思いますが、汎用性に欠けますし。

将来的にはゲームにも応用できると思いますけどね。

また、没頭による集中の場合は、まだ一応見えているという根拠のない安心感があるのかも。完全に隠れてしまうと不安に駆られます。
これは人によって大きく異なるのかもしれません。もし一人暮らしの場合は余計に怖いです。

HoloLensは私もテレビなどの他デバイスありきの考え方ですね。
単体で遊ぶより組み合わせて遊ぶ方が好きなので。

視力に関する影響も気になる部分ですね。
VRはどの製品も12歳以下の利用が制限されていて、3DSの3D機能の制限(6歳以下)よりも高めに設定されていますね。
成長段階における影響はありそうですが、HMDでも極端な視力低下などは聞いたことがないので、上記制限を守って使う分にはおそらく大丈夫かと思われます。
Posted by ナスターシャ at 2016年10月22日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック