2016年11月22日

PCケースにブラックライトが最近の流行り?

ブラックライトでPCをデコ、派手になり過ぎないクールなPCを組んでみた(AKIBA PC Hotline!)

懐かしいワードが出ていたのでちょっと取り上げてみるよ。
あれ?昔の記事を開いちゃったかな?と思ったら、2016年の最新記事だった。

C-950CL
このケースが出たのが2004年ごろ。私が買ったのが販売終了間際くらいだから2005年くらいかな。
当時なかなか見つからなくて、ケースマニアックっていうケース専門店にダメ元で問い合わせたら店員(店主?)用に取っておいたものを譲ってくれたよ。しかも販売価格よりちょっと安く。
懐かしいな。癖が強かったけど面白いケースだった。

私が知っている限り、この後にオウルテックが同等の全アクリルケースを出していたくらいかな。
他で見たことはないです。

私はこの当時の約10年前にブラックライトを使ってPCを作っていた。
この記事に乗っているようなブラックライトバーと、ブラックライト対応ファンと、このケースC-950CLでキラキラさせてたなぁ。
IDEケーブルとSATAケーブルもブラックライト対応のものがあったような気がする。
この後、プロジェクターを導入したので暗い方がよくなって別のものに変えたけどね。
今より当時の方が対応商品が多かった辺り、その時の方が盛り上がってたんじゃない?
まぁ、私は単に自分がやってみたかっただけだから、当時のブラックライト事情まではよくわからないけど。

プロジェクターはもう使ってないから、今またやってもいいかもね。
今やるならLubicで自作ケースを作るしかないな。それはそれで面白そう。
(※私は384mmと256mmをいくつか持っていますが、Lubicもすでに販売は終了しています。)
posted by ナスターシャ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック