2017年02月07日

マツコの知らない世界 のマステ回に一言

装飾に使うのは最近の流行りかもしれないが、一般的にマスキングテープはマスキングするテープです。

マスキング = 覆い隠す

ペンキなどを塗るときにハミ出してはいけない部分にマスキングテープを貼り、その上から大雑把に塗る。
その後にテープを剝がすと奇麗に塗れる。
その為のテープがマスキングテープでしょう?

本来、無地が一番性能を発揮できるのに、柄が付いたらマスキングテープの意味がないんだよなぁ・・・。

剥がすためのテープだから粘着力が低め。そこが良い。というのは分かるんだよ。
でも、マスキング用途でないのであれば、別の名前を付ければいいんじゃない?って思う。

なぜここまで噛みつくかというと、100均でマステの無地を探してたのに種類がありすぎてどこにあるか分からなかったから店員に聞いたんだよ。
そしたら、結局「無地はない」ってさ・・・。

一言のつもりだったんだが、思いのほか長くなったね。
番組内で本来の使い方が全く説明されなかったことに違和感を持ったのでね。

ちなみに、無地も持っているが、桜柄などの柄物も持ってる。
結局、どっちも好きなんだけどね。
posted by ナスターシャ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック