2017年05月14日

「ぼくらの勇気 未満都市」の新作が出るなんて

<KinKi Kids>主演ドラマ「ぼくらの勇気」が20年ぶり“復活” 再会の約束果たすSP版放送(Yahoo)

真剣(マジ)で!?

放送は夏ごろだそうです。
「ぼくらの勇気」というより、サブタイトルの「未満都市(ミマンシティー)」の方を覚えているな。
確かVHSからDVDに焼き直した時に見直したような・・・。ということはまだ探せばあるはず。探すか。

巨大地震で壊滅したという幕原(架空の地名?)に居る友達に会いに行くヤマト(光一)。
しかし、幕原地区全体がゲートで封鎖されていて入れない。
隙を見て無理矢理入り込んだが、その中の様子は地震で壊滅したとは思えない様子だった。

・・・ってのが1話当たりのお話だったはず。
「20世紀少年」とかに通じるものがある気がするね。
全体的に面白かったと記憶している。DVDに残すくらいだからね。

Kinki繋がりでついでに「君といた未来のために」もあるはずなので探してみる。



※同日追記

「君といた未来のために」は見つかったのに、「ぼくらの勇気」は見つからない・・・。
どこにやったんだろう。



※2017/05/25追記

YouTubeにほぼすべてあったので見てみた。

このドラマが再放送・DVD化されない理由って、一部のジャニーズの不祥事などではなく、未成年の飲酒と喫煙シーンじゃないのかな。実際の役者の年齢は知らないが、20歳未満が確定している設定での飲酒・喫煙シーンがある。
当時は何とも思わなかったのに、今見るとそういうところが気になるんだよね。

無法地帯で律義に酒・たばこを規制している方が違和感があるわけだが、今になって考えると今度は性描写が少ない部分にも違和感が残る。
まぁ、リアルに考えるとありえないなぁと言っているだけで、子供も見るドラマとしては酒・たばこを隠すより性描写を隠すことはアリだな。ちゃんと子供の視聴者のことを考えていると感心した。
未だと酒・たばこは描写できないから代替策として性描写が出てきそう。もし親と一緒に見てたりすると場が凍り付くよね。

内容は今見ても十分に面白かったんだけど、終わり方は納得いかないなぁ。
そのモヤモヤをスペシャルで解決してくれるのかが気になるところ。
posted by ナスターシャ at 08:56| Comment(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]