2018年03月01日

[Steam] クロノトリガー

Steamでクロノトリガーが突如発売されたわけだが、「次元のゆがみ」と「竜の聖域」が追加されているスマホ版のほぼ単純移植のようだ。
操作性もスマホに準拠で、それほど良くないとか。
Steamレビューは当然のように不評。

値段は1944円。
高いとは言わないが、安くもない。
1200円くらいが理想だったが。

必須スペックは

オペレーティングシステム: Windows 7/8/8.1/10 (32ビット/64ビット)
プロセッサー: Intel Core i3 2.3GHz
メモリー: 4GB
ハードディスク容量: 2GB
グラフィックス: INTEL HD Graphics 530
DirectXR: 該当なし

と、低め。

4月2日までに購入すると、メドレー曲1曲と壁紙などがもらえるようで、私はこれのために買おうかと少し迷っている。
壁紙はどうでもいいので、1曲に1944円は高いよなぁ・・・



※2018/03/06
ちょっと前にHumbleで買いました。
Monthlyでゴッドイーターがおま国の代わりに$5クーポンがもらえたので、バンドルで溜まったウォレットと合わせて購入。
$14.99 - $5クーポン - Monthly加入特典10%OFF = $8.99(ウォレット)

魔王倒すまでやったけど、おもしろいな。
古臭いかと思ったが、戦闘バランスが絶妙。

ちなみに、SFC版は虹7本持ってたよ(=最低7周はプレイした)。
posted by ナスターシャ at 07:47| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

[iOS] 無限遠征隊

ここ2週間くらいやってました。Androidにもあるはず。

いわゆる放置ゲー。やることはClicker Heroesと大差ないかもしれない。
上1/3くらいにベルトアクション風にキャラが自動で動きながら敵を倒して進み、1ステージ20秒ほどのステージを攻略していくのを見るゲーム。

10ステージごとにミニボス。50ステージごとにボスが登場。
村に帰還するとステージ1から再プレイするのだが、巻物を得て戦士を底上げできる。
これを利用してある程度ステージを進む効率が悪くなったら帰還して強化するのを楽しむ。

このゲームの良いところは、1日のプレイ目標が割と低めで、10分x2回(朝晩)⁺放置分でも十分に強化できる点と、やることが多くて詰まったら別のところを強化するなど考える余地が色々あること、そして、日本語で遊べること、キャラの見た目がかわいいこと。

日本語とキャラの可愛さってのは結構重要。Ragnarok ClickerはRagnarokの魅力で英語でも続けられたが、本家Clicker Heroesは続かなかった。
Clicker Heroesも日本語だったらプレイしただろうなと思ったのと、やっぱりRagnarokのキャラだから英語でも我慢できたんだってのが大きかった。

また、ガチャ課金を含む課金要素もあるのだが、課金で貰えるクリスタルが通常プレイでも結構手に入る。
一例として750個1080円となっているが、結構プレイしている現状でも3・4日あれば750個くらいは溜まる。放置組でも1週間あればそのくらいは溜まる。
ただ、一部広告がカットされる「VIPパッケージ(120円)」を購入しても広告は多め。
ランダム要素にはお金を払う気がない私だが、買い切りのVIPパッケージだけ買ったよ。

この手のゲームはスタミナ回復や時限イベントなどに合わせるせいで生活リズムに影響があり、今回も例外なく結構崩れているのだが、今のところは結構楽しめているよ。

推薦者(双方にクリスタル付与)を送ってくれる人がいるなら「Nastassja」まで。
posted by ナスターシャ at 07:55| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

DDR3 4GB x2

DDR4があまりにも高くて新規PCを作る気が失せちゃったので、現行PCのDDR3を4枚刺しにして容量を増やしてみたよ。
DDR3 4GB PC-12800(DDR3-1600) Hynixを2枚。1枚当たり2480円。

20180126_Mem16G.png

これで4GB x4の16GBとなった。

特に早くなったわけでもなく、不満があったわけでもないんだけどね。
単に16GBへの憧れが少しあったのでやってみたよ。
posted by ナスターシャ at 20:35| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

Amazon Echo DotとGoogle Home Mini

性懲りもなく、Google Home Miniに続いて、Amazon Echo Dotも買ってみた。
ということで、比較を交えて感想を語ってみる。

まず単純な音質については、Google Home Miniの方がクリアな気がするよ。
この違いが結構曲者で、個人的にはGoogle Home Miniは許せるギリギリ、Amazon Echo Dotは許せないギリギリの音質。
直前までGoogle Home Miniを使っていたからという理由は大きいと思うが、Amazon Echo Dotの音質の悪さは非常に気になる。
TX-NA609+NS-6HX(2本)とGoogle Home Miniの違いは許容できるのにね。なんでだろう。

あと、Google Home Miniの方が呼びかけに反応しやすい気がするよ。Google Home Miniの方が日本語を認識しやすいような気がするよ。

と、個人的にはGoogle Home Miniの圧勝。

Amazonは手持ち局の曲のアップロードが難しい。やり方が良く分からないし、無料分は250曲までなんでしょ?。
GoogleはGoogle Play Musicを使えば50000曲までアップロード可能。この時点でGoogle圧勝。

ただ、Google Home Miniにも言えることだが、クラウド処理じゃないとダメなの?ってところだね。
結局AmazonやGoogleのサーバを介すことによってビッグデータを集めるための機器なんだろうなぁと思えてしまうわけで、個人的にスマートスピーカーという商品自体への不信感は増えた。
スマートスピーカーは、まず、家庭内LANも含めた楽曲の音声検索が可能なBluetoothスピーカーとしての地位を確立すべきだと思うんだ。

あと、スマホじゃなくてPCでも設定させてください。これもAmazon Echo Dot・Google Home Miniのどちらにも言えること。
スマホ用アプリしかないんだよね。普段ガラケー使いの私には違和感が大きい。
さらに、まさかAmazon KindleでさえEchoの設定ができないとは思わなった。
Google Home MiniはiPhone5S、Amazon Echo DotはAmazon Kindle HD8で設定しようと思っていたのに、結局どっちもiPhone5Sで設定せざるを得なくなっちゃったよ。

結局のところ、Google Home Miniで感じた「今のところ不要」という感想は、Amazon Echo Dotでも同じものとなった。
eRemoteなどの機器と合わせて使うとどうなのかなぁ。少し気になっているところ。

LinkJapan eRemote IoTリモコン 家でも外からでもいつでもスマホで自宅の家電を操作 【AmazonAlexa対応製品】 -
posted by ナスターシャ at 21:55| Comment(0) | オーディオビジュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

小室哲哉の不倫報道を見て思ったこと

小室哲哉の不倫報道で、東野圭吾の「秘密」という小説(映画・ドラマ化もされている)を思い出した。
子供に妻の心が乗り移った時、果たしてその愛はどういった感情なのだろうか・・・?
実際にはありえないと思っていたが、精神が子供に戻ってしまうKEIKOの現状を考えると、秘密の逆パターンとしてほぼ成立しているように思える。

「不倫=ダメ」という短絡的な思考はそろそろやめて、なぜダメなのかを考える必要があるのではないだろうか。
小室の曲が好きだから可哀そうなんて言っている人は、流石にもう少し考えた方がいいと思う。
同情すべき人がいるから不倫がダメなのであって、今回は小室に不倫されたKEIKOを同情すべき案件なのか?
(今回の案件は小室哲哉が本当に不倫したかどうかすら怪しいが、それはまた別の話)
posted by ナスターシャ at 11:52| Comment(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

[Switch] Nintendo Labo

Nintendo Switchのコントローラをダンボールで作る新しい遊び「Nintendo Labo」が4月20日に発売。東京と大阪では体験できるイベントも開催予定

パッと見だと「え!?ダンボール?」とちょっと引いてしまったが、よくよく考えると結構いい商品だと思う。
以前、Kinect+ポイント指定用のアタッチメントでKinectの認識率を上げたり、機械類を組み込まなくても物理的な操作デバイスになるものが出ないかなぁと思ってたことがあったが、このダンボールで実質似たようなことが可能になりそうだね。
しかも、Kinectのように距離を開ける必要もなく、視覚的に見える。

気になるのはダンボールの強度。
すぐにダメになりそうなのだが、プラスチックだと今度は自由度が低くなるのかなぁ。

あと、ちょっと高いよね・・・。
センサー系は本体とJoyConの距離などで判定しているみたいなので、実質ダンボールだけ?
「再帰性反射材シート」ってのが結構高いのかな?
3000円くらいに抑えてくれれば失敗覚悟で買えるのだが。

これが流行ればデコ用のマスキングテープが流行りそうだな。
posted by ナスターシャ at 07:38| Comment(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

任天堂VSコロプラの余波

任天堂がコロプラを訴えたという話は大きなニュースになった。
内容については任天堂は何も言っていないし、コロプラも詳細は控えている。
結局、憶測ばかりなので取り合えずここでは控えるが、ここで任天堂がコロプラを潰しておかないと、VR関連は今後致命的なダメージを受けるというのは分かった。

というのも、コロプラはVR技術の根幹に関わる特許を大量に取っているらしい。自らが使うわけでもないのに・・・。
要するに、VR関連で思いつく限りの基本的なものに特許をかけ、ちょっとしたことでも使用料を取るという手法で儲けようとしていたというお話が出てきている。

これが本格的に始まれば、VR関連のコンテンツを作成するためにコロプラへの特許使用料が発生し、最悪、VRコンテンツが世に出回らない可能性もある。
というより、既にVRコンテンツが少ないという事象は起こっているので、影響をモロに受けているのかもしれない。

任天堂がコロプラを致命的なまでに追いこみ、コロプラを良心的な企業が買取り、特許の使用料をフリー化してくれれば一番いいのだろうか。
しかし、この裁判でもコロプラが生き残ってしまった場合はVR関連の特許には手出しできず、今後VRコンテンツを作成するたびにコロプラへの特許使用料がかかってしまうかもしれない。
また、コロプラを買い取った企業が現在のコロプラと同じことを考えていれば結局特許使用料は発生してしまう。
これから特許が切れるまでの20年間VR技術は停滞する可能性も十分にある。
となると、任天堂がコロプラを買い取ってくれることが一番いいのではないだろうかと思ってしまうわけだ。

そのあたりを考えると、白猫の件とは関係ないが任天堂を応援したい。
posted by ナスターシャ at 23:48| Comment(0) |  → 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国内の据置機で8年ぶりに200万本を売り上げたゲーム

Splatoon 2 is Japan’s First Console Game in Eight Years To Sell 2 Million Units

>making it the first console game to surpass 2 million units sold in Japan in over eight years. The last game to do so was Wii Party, which released back in 2010.

Wiiパーティー以来8年ぶりに日本の据置ゲーム機でダブルミリオンを達成したタイトルが「スプラトゥーン2」だそうです。
記事によるとファミ通調べのようだ。
FF13は190万強と惜しいところまではいったんだけどねぇ。

スプラ2とSwitchの両方の強さが合わさってようやく達成できた感じだね。
個人的にはもう少し塗りゲー要素強めにしてほしいけど、それなりに楽しんでる。
ジョイコンとの相性も結構いい。

とはいえ、Switchはハイブリット機だから純粋に据置とは言いづらい。
家でドッシリ構えてゲームってのは流行りづらい時代なのかもね。
それだけ技術を外に持ち出せるようになったということだろう。

次は何になるかな?モンハンWか?Switch版ポケモンか?
posted by ナスターシャ at 00:32| Comment(0) |  → 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

久々にPSPlusに加入

2016年11月に加入して以来久々にPSPlusに入ってみたよ。

正月明けはSCEの正月休みの関係と思われるが、普段は毎月6日頃に更新のフリープレイが1月10日頃になる。
ということは、本日1月8日に加入すれば、2月7日までがPSPlus会員となり、1月10日頃まで、2月6日頃まで、3月6日頃までの3か月分貰える。

その上、今は餓狼MOW、次は月華2がフリプなんでしょ?それなら500円くらい払ってもいいかなと思った次第だ。
まぁ、餓狼MOWは360版、月華2はSteam版をすでに所持しているのだが・・・。
ウォレットに700円余ってたというのもあるね。

さて、次加入するのはいつになることやら。
posted by ナスターシャ at 14:43| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

[Switch] ファイアーエムブレム無双 その2

結構プレイしたよ。トータルで100時間くらいやったかな?と言ったところ。

正式な名称は忘れたが、ブレイクゲージが無双でも削れるのが良かったね。
取り合えず武将を集めて、C4なりでブレイクゲージを出現させて、ダブル無双でブレイクさせて、追加攻撃というパターンは考える余地もそこそこあるので面白い。
あと、ダブルの控えはほぼシーダかカミラになってたね。移動用として。
PナイトのC3は雑魚を蹴散らすのによく使った。これとリョウマのC4で撃破数を稼いでいたね。

ストーリー全部ととヒストリーのほとんどをクリアところで一区切りついたところ。
ヒストリーのLV80は硬くて面倒なのであまりプレイしたいとは思わなかった。
アンナを仲間にする1回だけでいいかな。

面白かったけど、今後所持しておきたいほどではないし、今までの経験上、過去の無双をもう一度プレイするなんてことはほぼあり得ないことなので、売ってくるかな。
正月休みが終わっちゃったから値が下がったか?それとも、Switch本体が大量に放出されたことによってさらに高騰したか?気になるところ。
昼から売りに行ってみる。



※同日追記

11月末ごろに3980円で買ったんだけど、今売りに行ったら4000円買取だったよ。
posted by ナスターシャ at 11:17| Comment(0) |  → プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする